ALL YOU NEED IS KPOP!

【KPWA】KPOP WATCHMEN AWARDS【2018】

さて、2018年もあと僅かとなり、韓国では様々な歌謡祭が行われ、いよいよ年末といった雰囲気。

そこで当ブログ「KPOP WATCHMEN」でもこの1年を振り返ると同時に、いくつかの賞を設けたいと思います。

題して

KPOP WATCHMEN AWARDS 2018

略して「KPWA 2018」!!

そうです、ベタな企画です。

このブログが開始されたのが6月8日。12月28日までで204記事が投稿され、56グループ、48のソローティスト、STATIONなどの企画ものが10回、コンサート・ショーケースが16回、その他ランキングなどが16回ございました。

1年を振り返るといってもブログとしてはおよそ半期ですが、一応その中から選ばさせて頂きます。

選考基準は私の頭の中のみ。

そしてこのAWARDSの最大の特徴。

それは各賞の1位ではなく、2位にその栄誉を差し上げるというもの。どんな賞レースや大会でも最も悔しいのは2位や銀メダル。世界に1つくらい、2位が1番になるものがあっても良いのではないかと思いましてね。逆ブービー賞です。なんだかよくわかりませんが。

ということで

KPOP WATCHMEN AWARDSの開幕です!


〈ベストコンサート&ショーケース〉

1位:Red Velvet/Hall Tour in JAPAN “Red Room” in パシフィコ横浜・大ホール

Winner!!
2位:BLACKPINK/ARENA TOUR 2018 in 幕張イベントホール

3位:gugudan/1st Tour in Japan ~ PLAY ~ in 川崎CLUB CITTA’

選評:今年の5月に行われたTWICEの「2ND TOUR TWICELAND ZONE 2:Fantasy Park」が様々な思い入れや感慨深さで1位だったんですが、ブログ開始前だったので、記事では取り上げられず。ということで、スライドして以上のような結果に。
ブルピンはその持ち曲の少なさから「それでコンサートって、一体どうなるんじゃろか?」と不安もあったのですが、いやいやいや、その圧倒的存在感とステージングはまさしく圧巻。これで曲数そろったら、マジで最強な気がします。先日はジェニのソロと京セラドームでのコンサートなどが行われましたし、今後は他の3人も順次ソロが出る予定とのこと(ロゼがMV撮り終えたとの情報も)ですが、やっぱりグループでのカムバ。これに尽きます。頼むよヤンサ&テディ!

 

〈ベストソロアーティスト〉

1位:IU

Winner!!
2位:Crush

3位:チョンハ

選評:ZICOの「SoulMate」へのフィーチャリングで久しぶりの音源参加、そして10周年を記念する「BBI BBI」をリリースしたIU嬢を抑え、2018年は自身の名義としては3曲、フィーチャリングなどはつい先日の「PENOMECO/No.5」までで7曲、ついでにいえばそのZICOの「SoulMate」のMVにはカメオ出演までしたCrushが受賞。楽曲ごとに様々な歌声でシンガーとしてのスキルを魅せてくれた事も選考理由の1つであります。

 

〈ベストヒップホップアーティスト〉

1位:ジェイ・パーク

Winner!!
2位:ウ・ウォンジェ

3位:HAON

選評:Kヒップホップへの興味をグッと引き寄せた張本人。7月には「CKKJ Summer Vive」で日本初パフォーマンス、先月は1年ぶりのシングル「CASH」と初のEP「af」をリリースし、アーティスト名義も「Woo」になったウ・ウォンジェ。アーティストとして更なる進歩に期待!とかはありません。彼自身のペースでやっていってくれれば十分です。ただ、彼が手がける映像とかは観てみたい気がします。

 

〈新人賞〉

1位:(G)I-DLE

Winner!!
2位:LOONA(今月の少女)

3位:fromis_9

選評:私の仲間界隈(といっても3人)でのLOONA人気は非常に高く、その特異なグループの見せ方や完全体でのデビューまでの経緯は他に類をみないもので、まだイルボン未上陸というところも魅力的。私は自他共に認めるウェンディ(Red Velvet)ペンですが、LOONAの推し、ハスルがその座に取って代わるのはそう遠くないのではという気がしています。カムバが最も楽しみなグループの1つで、いま最も生でコンサートが観たいグループでもあります。

 

〈ベストミュージックビデオ〉

1位:OH MY GIRL/Remember Me

Winner!!
2位:LOONA/favOriTe

3位:BLACKPINK/DDU-DU DDU-DU

選評:LOONAが新人賞に続いて2冠!12人それぞれのソロと3つのユニットなどで多彩な姿を披露してきたLOONAが、ついに完全体でのリードシングル「favOriTe」でどんな姿を魅せてくれるのかと思っていたら、めちゃくちゃカッコいい楽曲と映像、揃いのシンプルな制服&コンバースという出で立ちに完全ノックアウトでした。

 

〈ベストソング〉

1位:OH MY GIRL/Remember Me

Winner!!
2位:スルギ×シンビ×チョンハ×ソヨン(STATION × 0)/Wow Thing

3位:gugudan /Not That Type

選評:これは唯一、データとして私のApple Musicでの再生回数を元にしています。1位はベストミュージックビデオに続きオマゴルちゃんがブッチギリの1位でしたが、2位、3位はちょっと意外な結果となりました。体感的には「TWICE/What Is Love」、「Red Velvet/Power Up」かなと思っていたんですが。とはいえ、この豪華な布陣によるケミはここ最近では群を抜いているような気がしますし、流行りど真ん中ではない、長く聴き続けられる1曲かなとも思います。

 

〈ベストアーティスト〉

1位:TWICE

Winner!!
2位:Red Velvet

3位:OH MY GIRL

選評:1月の「Bad Boy」に始まり、3月には初の日本コンサート、5〜6月にはホールツアー、7月には待望のイルデ、8月と今月にはカムバ、そして来年1月からは2度目の単独コンサートも控えているレドベル。個人的にはパシフィコのコンサートにも行き、「Cookie Jar」のポストカードお渡し会にも当選し、目の前でメンバーを見ることが出来たりと、結構な時間を彼女たちと過ごしていたように思います。グループでの活動以外でも、ウェンディとスルギ、イェリはSTATIONで他のアーティストとコラボし、白菜様は本国でCMに出まくりという活躍をされ、体力的には大変ながらも充実した1年だったのではないでしょうか。彼女たちには心から「テデンキュー」なのであります。


総評:あのTWICEが無冠という「KPWA」ならではの受賞メンバーが揃った訳ですが、ナムジャグループが入っていないのも、当ブログのウィークポイントという気もします。何しろ取り上げた数が少ないですからね。来年はもう少しバランスよく出来ればいいのですが、とはいえ、どういう訳か記事的にはナムジャ人気ないからなー。なんでだろうか。とりあえず、2019年の年末にまた「KPWA」が出来れば、もっと各賞を増やせればいいかなと思います。

さて、2019年はTWICEはもう少し休んでもらって、(G)I-DLEとLOONAには東京でコンサートをしてもらえたら言うことなしです。あとfromis_9も観たい。赤頬ちゃんももう1回観たい。gugudan も観たい。と欲は尽きませんが、ナムジャ、ヨジャ限らず、全てのアーティストが健康で、誰1人欠ける事なく、無事に活動をして頂けることが1番の願いであります。そしてまた、どんな新人アーティストが出てくるのかも楽しみにしつつ、ますますKポップ道に邁進していきたいというのが個人的な抱負でございます。

ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!