ALL YOU NEED IS KPOP!

【벌써 12시】新年はチョンハから始めると吉【Gotta Go】

改めまして、あけましておめでとうございます。

本記事は、2019年を迎えてから2本目の投稿でして、1本目の記事では昨年12月にリリースしたSHINeeのオニュを扱ったので、新年から活動を開始したアーティストを取り上げるのは、このチョンハが最初ということになります。

福男ならぬ福女としてチョンハを扱えることは、推しとしてはこの上なく幸運な年の始まりと言えます。

2018年の年末からSUPER JUNIORのイェソンとコラボするなど精力的に活動してきたチョンハですが、

勢いそのまま2019年1月2日18時(KST)、チョンハ(청하/Chung Ha)が3rdミニアルバム『Blooming Blue』タイトル曲「Love U」から約6ヶ月ぶり、2ndシングル「벌써 12시/Gotta Go」でカムバックしました!

タイトルの「벌써 12시」は“もう12時”という意味で、英題の「Gotta Go」は“行かなくちゃ”という意味で、正直、季節感は全くありませんが、タイトルの12にかけて1月2日にどうしてもリリースしたかったんだと思います。

今回は、最近ストリーミングで1億再生を突破した2ndミニアルバム『Offset』のタイトル曲「Roller Coaster」以来、1年ぶりにブラック・アイド・ピルスン(Black Eyed Pilseung)と手を組みました。

ブラック・アイド・ピルスン:TWICEの初期三部作「Like OOH-AHH」「CHEER UP」「TT」などを手掛けたチェ・ギュソンとラドの二人からなる著名作曲家コンビ。近年では、Apink「I’m so Sick」やヒョリン「SEE SEA」などを手掛けている。

楽曲は魅惑的なフルートが幕開けを知らせ、プラックサウンド(弦をはじいたようなEDMで良く用いられる音の一種)のリズムとチョンハのボーカル「아쉬워 벌써 12시(残念、もう12時)」が調和し、中毒性のあるEDMとなっており、チョンハがこれまでに披露してきたタイトル曲では見られなかったダークでシックな仕上がりとなっています。

また、ビジュアル面でもソロ・デビュー以来初めての黒髪に挑戦しており、マットなアイメイクや韓国では美人の象徴である鼻のホクロなど、メイクでも新しい面を見せてくれています。ティーザーではシンデレラやクレオパトラを想起させるビジュアルで、さながら“ゴシッククイーン”といった様相です。

半年前の「Love U」リリース時に、もっと新しいことに挑戦してほしいと願っていた私としては、今回の楽曲はまさに待ち望んでいたチョンハの新スタイルです!ちなみに振り付けは、いつものごとくチョンハ自身が参加しています。


SHOWCASEで新年の挨拶をするチョンハ嬢

“変化と継続”抜群のバランスで進化を遂げたチョンハ様を新年早々拝めるなんて!

どうやら今年は、いい年になりそうです。

 

最新情報をチェックしよう!