ALL YOU NEED IS KPOP!

【VERIVERY】改めましてのベリベリィ【불러줘 (Ring Ring Ring)】

ええと、最初に軽く謝っておきたいと思います。

すんませんでした。

「え、いきなりなに?」とお思いかもしれません。それは遡ること約3ヶ月半前のこと。

9月27日付けの記事「【VERIVERY】進撃のクラゲ王国と7人の王子【Super Special】」にて、Jellyfish Entertainmentから、VIXX以来6年ぶりにナムジャグループがデビューし、それがVERIVERYです、と書きました。

しかーし!

この時はまだ正式なデビューではありませんでした。まだ日本語の記事などなかったものですから、いやはや勘違いというか早とちりというか。あはははは、やっちまったぜ、という感じです。

とはいえ韓国では珍しくないことですが、音源まで出しておいて「まだデビューじゃないですよ〜」って…はい、今後はもっとしっかり情報を読み込みたいと思います。

ということで改めまして、

1月9日、Jellyfish Entertainmentから7人組のナムジャグループ「VERIVERY」がデビューしました!!

おめでとうございまーす!!

以前にもメンバー紹介はしていますが、今回は年齢順に並べなおしてみました。レッツVERIVERY!


ドンホン(Dongheon)
イ・ドンホン(이동헌/Lee Dong-heon)
1995年8月4日
179cm/58kg/B型
リーダー、メインラッパー、メインダンサー
髪の毛が伸びて、分け目も出来たリーダー。っていうか、以前より若々しさが増して、爽やかにもなった。相変わらず声が良い。
ホヨン(Hoyoung)
ぺ・ホヨン(배호영/Bae Ho-young )
1998年8月10日
178cm/54kg/A型
リードラッパー、リードダンサー
こちらは赤髪からアッシュっぽい髪色にチェンジ。前回より少しラップパートが増えた。
ミンチャン(Minchan
ホン・ミンチャン(홍민찬/Hong Min-chan )
1998年9月16日
181cm/58kg/A型
センター/サブボーカル
前回の茶髪から黒髪になり、7:3分けになったセンター。やっぱり「次長・課長」の井上に似てる。
キェヒョン(Gyeheon)
チョ・キェヒョン(조계현/Jo Gye-heon)
1999年5月14日
177.6cm/57kg/B型
リードボーカル
茶髪から金髪へ。「キェヒョン」は発音しにくいので「ケヒョン」でいいと思う。身体能力高し。
ヨノ(Yeonho)
チュ・ヨンホ(주연호/Ju Yeon-ho)
2000年5月31日
176cm/57kg/A型
メインボーカル
ケヒョンとは逆に金髪から茶髪へ。相変わらず1番アイドルアイドルしているメインボーカル。
ヨンスン(Yongseung)
キム・ヨンスン(김용승/Kim Yong-seung)
2000年6月17日
178cm/58kg/B型
ボーカル、リードダンサー
ちょっと髪の毛にウェーブがかかったくらいで、特にお変わりなく。
カンミン(Kangmin)
ユ・カンミン(유강민/Yoo Kang-min)
2003年1月25日
173cm/56kg/O型
マンネ、サブボーカル、メインダンサー
同性であっても認めざるを得ない可愛さを持ったマンネ。ちょっと茶髪に。2、3年後にはBTSのテテを凌ぐかも。

グループ名の「VERIVERY」は「真実」を意味するラテン語“VERI”に、「非常に」「本当に」を意味する英語の“VERY”が加わり、「本当に本当」という意味が込められています。“VERI”には「Various, Energetic, Real, Innovation」という4つの単語の頭文字をとった意味も込められていて、「多様なエネルギーに溢れる、真の革新を見せる」というコンセプトを持ったグループでございます。

そしてグループのモットーはコミュニケーション型クリエイティブアイドル」で、公式Twitter以外にも、積極的にファンと交流するための別アカウントまであります。
クリエイティブ面においては、音楽、振り付けはもちろんのこと、映像コンテンツまで直接制作し、今回のデビューアルバムではメンバー全員が作詞・作曲・振り付けに参加。さらにアルバムに使用されている全ての写真はメンバーが撮影&デザイン、おまけにMVまで企画、撮影、出演、編集まで行うというほぼ完全DIYな作品なのであります。ただしMVは、専門製作チームが参加したメインのものと、メンバーたちが手がけたDIY版の2編が作られていて、後者は後々公開されるようです。

タイトル曲である「불러줘 (Ring Ring Ring)」は、ドンホンとホヨンが作詞に参加、作曲には当ブログではお馴染みになりつつあるSean Alexander、DREAMNOTEの「LIKE YOU」を手がけたGabe Lopez、そして少女時代やSHINee、EXOなどの曲を手がけたDrew Ryan Scott、編曲は同じくGabe LopezとSean Alexanderのバンド・Avenue 52で、ニュージャックスイングを現代的な感性で再解釈したポップな仕上がりになっています。振り付けは、世界のダンスコンテストを席巻したダンスチームJustJerk」の所属振付師J-HOVERIVERYのメンバーたちが共同で作り上げました。金がかかってんのか、かかってないのかよくわかりませんね。いや、見事にコストを抑えてクオリティの高いものを作ったと言うべきか。

昨今のナムジャグループにおいて、自作出来るメンバーがいるのは珍しくないですが、ここまでのクリエイティビティを持ったグループはそういないんじゃないかと思います。

事務所の先輩であるgugudan は素晴らしいカムバを果たし、VERIVERYはまだまだ多くの可能性を秘めているというJellyfish勢。今後、この2グループに注目しておくと面白いかもしれませぬぞ!!

最新情報をチェックしよう!