ALL YOU NEED IS KPOP!

【NATURE】冬来りなば、How About U【Dream About U】

まったく自然というものは人智を超えたところにあるもので、それは例えば天気予報一つとっても然りなのであります。
1820年にドイツの物理学者で気象学者、そして天文学者でもあるハインリッヒ・ウィルヘルム・ブランデスが初めて天気図を作り、気圧配置と天気の関係を明らかにしたことから始まった近代気象学。年々その精度は向上しているとはいえ、200年経った現在でも正確な予報をすることは困難であり、しばしば「想定外」や「観測史上初」といった用語が用いられる事も珍しくありません。

そして1月15日。我々が観測するKポップ界でも想定外な自然現象が起こったのであります。

その原因こそ、9人組のヨジャグル・NATUREです。

夏真っ盛りである2018年の8月3日、暑さで瀕死の人々に爽やかな一筋の風を届けたデビュー曲「Allegro Cantabile」から一転、同年11月22日にリリースされ、まるで荒れ狂う暴風雨のごとく世間を震撼させたカムバ曲「SOME (You’ll Be Mine)」。
この楽曲により「なるほど、NATUREは清純派ではなく、このイカれ路線でKポップ界の台風の目になろうとしているんだな」と予想したものの、これが大ハズレ。
「Dream About U」はまさかの「Allegro Cantabile」以上にポップでキャッチーな、ついに凍えそうな冬がやってきたと思ったら、3月上旬並みになったりで「ダウンジャケットでいいの?それとももう少し薄くても大丈夫なの?朝晩でも全然違うし!ねぇどうなの!?」という最近の気温のごとく思いっきり翻弄されてしまったのです。

やはり自然というものは人智を超えたところにあるものです。

ただ唯一変わらなかったことが2点だけあります。それは


センターのガガと


メインボーカル・チェビンの可愛さが一年中春のごとく咲き乱れていること。そして


同じくガガと


リーダーでありもう1人のメインボーカル・ルーの髪の毛が「冬なのに湿気すごくないですか?」っていうくらい相変わらずモッサリしていることです。

さて、今回の「Dream About U」は新たにリリースされたものではなく、「SOME (You’ll Be Mine)」と同じく2ndシングルである「SOME&LOVE」に収録されているものです。先日カムバしたヨジャグル期待のホープ・DREAM NOTEの「LIKE YOU」と同じ(こちらはデビュー曲である「DREAM NOTE」が収録された「DREAM NOTE」からのリリース)手法です。Kポップ界ではコスト的にメリットのある季節風が吹きつつあるのでしょうか。

そんなNATUREがカムバ活動で出演したIDOL RADIOでは、また違った一面を見せてくれています。


オーロラとロハが「MINO/FIANCÉ」、オーロラ・ロハ・ルー・ユチェ・ハルで「Wanna One/Energetic」を、オーロラ・ルー・ガガ・サンシャインで「IZ*ONE/La Vie en Rose」、セボム・チェビン・ハルで「Apink/I’m so sick」、

9人で「CHUNG HA/벌써 12시 (Gotta Go)」「JENNIE/SOLO」「EXO/LOVE SHOT」「BTOB/The Winter’s Tale」のリレーカバーダンスを披露しています。特にメインダンサーであるハルちゃんは当然のこと、リードラッパー・リードボーカルでありながら、もう1人のメインダンサー・セボム以上に目立っていたロハのダンスは注目です。ダンス注意報です。

今回の「Dream About U」は正統派でまとめてきた感があるので、チョンハ大先生が連日見事な冬晴れのごとくブイブイいわせている音楽番組及びチャートで好成績を残すのは難しいかもしれません。しかし「女心と秋の空」という言葉があるように、聴衆も同様、そしてNATURE自体も今後どのような姿を見せていくのか全く予想がつかないというのは一興でありましょう。

江戸時代中期の俳人、与謝蕪村はこんな詩を残しています。

「寒月や 門なき寺の 天高し」
(月が冴える寒い夜、門のない寺の上には澄んだ空が広がっている)

冬本番はこれから。NATUREも然りです。

最新情報をチェックしよう!