ALL YOU NEED IS KPOP!

【Red Velvet】目覚めたくない赤い悪夢【REDMARE】

レドベル(主にスルギ)
Aitai-tai♡

ブログよりもライブが好き

愛したい!
今すぐビュンと飛んでいきたい!
この気持ち伝えたい!

ということで、1月30日の横浜アリーナ「Red Velvet ARENA TOUR in JAPAN “REDMARE”」の千秋楽に行ってまいりました!

“REDMARE”は2018年3月の「Red Velvet 1st Concert “Red Room” in JAPAN」、2018年5月〜6月の「Red Velvet Hall Tour in JAPAN “Red Room”」に続く、日本では三回目となる単独ツアーにあたります。個人的には2度目のホール・ツアーに続くMy Second Dateということになります。前回はパシフィコ横浜の2階席後方で低音が死んでいましたが、今回はアリーナのステージすぐ横って感じだったので低音がPower Upしてました。また、何より5人が近くて、近くて…Lucky Girl(中身はおじさん)

前回は1stフルアルバム『The Red』+日本デビューミニアルバム「#Cookie Jar」のリリースツアーといった感じのセットリストで、今回は2ndフルアルバムの『Perfect Velvet』『The Perfect Red Velvet』+日本2ndシングルSAPPYを中心とした曲構成で、前回Lookできなかった曲をたくさんやってくれました。피카부 (Peek-A-Boo) Bad Boyが大好きな私としてはひじょーにHappiness

ライブの構成としては、遊園地に遊びに行った5人がロボットのRêve(フランス語で“夢・夢想・幻想”を意味する)に出会ったことでファンタジーの世界の迷い込んでしまうというストーリーです。VCRごとに世界観が変わり01.〜06.がアドベンチャー、07.〜10.がアマゾン、11.〜18.がパレード、19.〜23.がホラーというコンセプトになっています。最後のVCRはネタバレになってしまうので、WOWOWやDVDで観るのを楽しみにしてる人もいるかと思うので明かさないでおきます。ちなみにロボットの名前を考えたのはイェリで、デザインしたのはスルギで「デザイナー・カン(本名カン・スルギ)と呼んでくれ」とMCで言ってました。

ここからは同じ空間を共有したReVeluv(レベラブ)用に、個人的に印象的だったシーンを挙げていきます。

イェリ
20.BAD BOYで転倒してしまい、テーピングぐるぐる巻きで戻ってきたときは非常に痛々しくて心配になりました。ラストのMCでも謝っていてケンチャナヨと声をかけてあげたかったです。ただ相変わらずMCでは他の4人を引っ張ってたし、ラップパートが増えた今回のセットリストでは、より存在感が際立っていました。本国ではソロ活動も増えてきたし、成長著しいマンネ・ユニコーンに今後も期待です!しっかり休んで、怪我治してね

ジョイ
序盤から、みんながヒールの衣装の時に一人だけスニーカーだったり、表情も少し曇りがちだった大きいひよこ。シンガポール公演の時も体調崩して、途中退場しただけに心配したけど、後半は調子出てきてなんとか乗り切ってくれました。最後にトロッコでアリーナを一周する時に号泣してたけど、頑張った自分に対する涙だったのかなぁなんて思いました。ビューティ番組のMCも決まってるし、健康に気をつけてね

ウェンディ
太ったり痩せたりを繰り返すカナダ牛だけど、今回はセミロングの髪型含めて、メイクとの相性もいいのかビジュアル爆発してたな〜。というか、ここ1年ぐらいずっと可愛いさがShine on me! 楽曲での重要度においては相変わらず、レドベルって正直曲がめちゃくちゃいいので、歌声だけで言えば他の人でも成立する気もするけど、カナダ牛だけは別。この人だけはいないとダメってことを再確認

スルギ
よっ! デザイナー・カン!へへへ。くまたん可愛いな〜。トレカとかシリコンバンドとか、全部くまたんだったし!デスティニー感じるー!最後のMCも泣かずに頑張りました💮全部最高!だったので特筆すべきことなし!

アイリン
いや、あのね、あなたね08.Zooの時のジャンプなんなの⁉︎ あーいうのやめてもらえます? 可愛すぎるんですけど(怒)!わたしゃくまたんを観に言ってるんですよ!なのに、しばらく27歳の白菜に見とれちゃいましたよ。レドベルは、やっぱりこの人が真ん中にいてこそレドベルだなぁって毎回思ってますけど、今回もやっぱりそうでした。ピンクウサギおそるべし…

あの日、横浜アリーナにいた人とは結構共感できる内容じゃないかと思います。アイリンがラップを披露するくだりでウェンディがボイパやる役割だったんですが、結局できずに手拍子と足踏みになりWe Will Rock Youになってしまう話の逸れかたは、いかにもレドベルっぽいなぁと。あと、最新タイトル曲である22.RBB (Really Bad Boy)ですが、MVや音楽番組のステージなどモニター越しで見ている時と、全然印象が違いました。なんかライブ栄えする曲だなと。機会があれば是非、生で見ることをお勧めします。

こうしてMC含めて3時間弱の、長いようで短い“赤い悪夢”は幕を閉じました。会場ではその余韻にしばらく浸っていたのですが、最後になんとサプライズ!

日本オリジナル3rdシングル「Sayonara」が2月20日に配信されることが告知されました!「輝き続ける思い出、戻らない幸せ、さよならと冬をテーマにしたこの季節にぴったりの楽曲」ということなので、出会いと別れを迎える学生や新社会人に向けての楽曲になることが予想されます。そうか!別れは、新しい出会いの始まりなんだ!そう思うと、早くも次のライブでレドベルちゃんたちに会えるのが楽しみになってきます。

ハッピニィーッス!

テデンキュ〜ウ!

またね!

最新情報をチェックしよう!
広告