ALL YOU NEED IS KPOP!

【HWASA】君とファサまでも【MAMAMOO】

2月13日、MAMAMOO(마마무/ママム)ファサ(화사/HWASA)「멍청이(TWIT)」でソロデビューを果たしました。

ん…? “ソロ” デビュー?

あれ?ソロだしてなかったっけ?

と思ったら、こちらはファサが主人公という設定のMAMAMOOの6thミニアルバム「Yellow Flower」の収録曲でしたね。

ただでさえ他アーティストとの共演が多いMAMAMOOですし、ファサ入隊ホヤホヤLOCOとコラボしたり、KISUMとかK.willに客演したりしてたから、てっきりデビューしてるもんだと思い込んでいました。ちなみに他のメンバー3人はソロデビューしていますので、MAMAMOOでは最後のソロデビュー言うことになります。まぁストリーミング(Apple Music)で聴かせてくれないRBW(所属事務所)が悪いなと、人のせいにしつつファサのパーソナルを今回のティザーを交えつつご紹介。

ファサ(HWASA)
アン・へジン(안혜진)
1995年7月23日/全羅北道 全州市
162cm/44kg/A型
円光情報芸術高等学校(卒業)
ボーカル/ラップ/マンネ
「華やか(화사)」と言う意味の形容詞から付けられた芸名の通り、甘い歌声が魅力的。近くに行くと、とても甘い香りがするらしい。歌唱力、ラップ共に高い評価を受けており、作詞作曲もこなす。ポジションのところにある「ボーカル/ラップ」とはRBW公式発表によるもので、MAMAMOOのメンバーは全員が高いスキルを備えていることからポジションによる区別がないと言うことらしい。ただ実際はフィインソラと言う超絶ボーカリストが居て、ムンビョルと言う明確なラッパーがいるので、楽曲においてはリードボーカル・サブラッパーとしての割り振りが多い。それでも他のグループのリードに比べれば圧倒的な存在感がある。モッパン(食べる動画)の女王とも言われており、MBCのバラエティ番組でコプチャン(牛の小腸)を食べる姿を披露したところ、韓国中のコプチャンの店に客が殺到し、畜産副産物協会から感謝牌と100万ウォン分のコプチャン商品券を授与した。そのことが評価され、最近では食品メーカーのモデルに抜擢された。常に爪が長い。日本語の口癖は「お疲れちゃ〜ん」。
MAMAMOOのプロデューサーであるキム・ドフンはインタビューで「MAMAMOOの中心人物はフィインファサである」と公言しており、ソラムンビョルはその二人に併せる形で加入させたと語っている。フィインとは中学の頃からの親友で、上記の円光情報芸術高等学校は音楽系の学校で2人揃って進学した。2人は当時から一緒に歌手になろうと夢を語り合っており、2人は永遠の友情の誓いとして「Resonance(共鳴、響き)」と言うお揃いのタトゥを足首に入れている。

ファサは、その東洋人離れしたラテン系のルックスとセクシーな様相で、Kポップという枠組みの中でも異彩を放っています。普段は実際の年齢よりも上に見られることも多く、一見すると非常にパワフルで豪快な印象を受けますが、すっぴんの時は年相応の顔に戻ります。気取らず気遣いのできる暖かい性格がムームー(MOOMOO:ファンダム名)からは親しまれています。MVやステージで見せる姿とは違ったファサの(と言うかMAMAMOOの)ギャップが詰まった動画をご紹介します。「Robin Thicke – Blurred Lines ft. T.I., Pharrell」のカバーですが「핑크팬티」とはピンクのおパンティのことです。そのすっぴんも見れます。


「멍청이(twit)」作詞キム・ドフン(RBW)/バクオサン(RBW)/ファサ
作曲キム・ドフン(RBW)/バクオサン(RBW)/ファサ
編曲キム・ドフン(RBW)/バクオサン(RBW)

製作はMAMAMOOの楽曲をいつも手がけている二人とファサ本人。「멍청이(モンジョンイ)」とは“愚かな”とか“馬鹿”のことで、英題の「twit」も同じ意味です。歌詞では、自分を大事にしてくれた恋人が不幸になっていく様子をみて、配慮できなかった自分を罵る内容となっています。楽曲はトロピカル要素を加えたトラップビートで「トゥィットゥィットゥィットゥィッ」と繰り返される印象的なフレーズが中毒性のあるメロディを生み出しています。過去の自分を悔いる気持ちと、そんな自分を嘲り笑うような感情がファサの情緒豊かなラップとボーカルを通して伝わってきます。

MelOn リアルタイムチャート(2.24 6:00)

セールスの方もかなり好調でして、国内主要チャートで軒並み1位をさらった後は、カナダ、フランス、ベルギー、デンマーク、ドイツ、フィンランド、ノルウェー、スウェーデン、ブルガリア、ロシア、台湾などの11ヶ国のiTunesのK-POPシングルチャート1位になっています。それだけでなくiTunesの総合ソングチャートでも、台湾、ブルネイ、バミューダ諸島、アルメニアの4ヶ国での1位をはじめ、合計19ヶ国のトップ10に名前を連ねており海外でも評価を得ています。それを受けてアメリカの音楽メディアであるビルボードでも特集を組まれており、その勢いはとどまることを知りません。上記の画像はこの記事作成時のMelOnのリアルタイムチャートですが、公開から10日近く経った今でも1位です。ライバルにはSEVENTEENや、今をときめくITZYなどもいて、決して間隙を縫ったまやかしのヒットではありません。

ファサ一人でMAMAMOO並みの実績を上げている事は、それだけ楽曲としての評価が高いと言うことでもありますし、ムームーがファサのソロをしっかりとバックアップしようとした結果だと思います。私もムームーの端くれなので非常に嬉しいです。

MVの制作はMAMAMOOの最新曲「Wind flower」の時と同じくZANYBROSです。楽曲はもちろんファサのソロなんですが、MVにはすごーくよく知ってるあの人が出てきています。これはもちろん親友だからってこともあるんですが…

フィインのソロデビュー曲「EASY (Feat. 식 케이)」でカメオ出演してるからなんですね。つまり恩返しということですな。こちらもMV制作は同じくZANYBROSです。

MAMAMOOの象徴であるファサフィイン。二人の友情は、きっといつまでも。

しかしSik-K、君はどこにでもいるなぁ。

 

[INGA]FLAT LIQUID LIPSTICK1+1 液体リップスティック1+1/MAMAMOO/韓国コスメ/送料無料/最安値/化粧/ティント/グロス/リップ/口紅/リップバーム
WWW.QOO10.JP

最新情報をチェックしよう!