ALL YOU NEED IS KPOP!

【ONF】時をかけるOH MY BOY【We Must Love】

オマゴルヌナ達のいるWMエンターテインメントの末っ子・ONF(オネノプ/온앤오프)が、2月7日に3rd.EP「We Must Love」(タイトル曲「We Must Love」)でカムバしました。

ONFは2017年8月3日に1st.EP「ON/OFF」でデビューし、続く2nd.EP「YOU COMPLETE ME」は2018年6月7日リリース、今回もそれから約8ヶ月という、カムバまでの期間が割と長いグループです。

だからなのかは分かりませんが、MVに結構お金かけてる感がありまして、作りもちょっと不思議な感じになっているんですが、とその前にメンバー紹介です。


ヒョジン(HYOJIN)
キム・ヒョジン(김효진/Kim HyoJin)
1994年4月22日
O型
MIXNINE出場者で最終順位は3位。ピアノが得意。ジェイアスとは中学1年生からのチングでWMへも同期入社。
イーション(E-TION)
イ・チャンユン(이창윤/Lee ChangYun)
1994年12月24日
B型
MIXNINE出場者で最終順位は44位。オマゴルのキャンディリーダーと同期入社で同じ実用音楽学院に通った。よく泣く。
ジェイアス(J-US)
イ・スンジュン(이승준/Lee SeungJun)
1995年1月13日
AB型
MIXNINE出場者で最終順位は16位。ヒョジンとは11年来のチング。小学生の時は卓球選手を目指していた。
ワイアット(WYATT)
シム・ジェヨン(심재영/Shim JaeYoung)
1995年1月23日
O型
MIXNINE出場者で最終順位は14位。幼少期、カザフスタンに5年住んでた。早食い。
エムケイ(MK)
パク・ミンギュン(박민균/Park MinKyun)
1995年11月16日
AB型
 元STARSHIPエンタ。MIXNINE出場者で最終順位は22位。その当時のあだ名はバイキンマン。
ユー(U)
水口裕斗
1999年3月16日
AB型
元JYPエンタ。MIXNINE出場者で最終順位は21位。大阪府出身でWM初の外国人。
ラウン(LAUN)
キム・ミンソク(김민석/Kim MinSeok)
1999年8月12日
AB型
元BIGHITエンタ。MIXNINE出場者で最終順位は1位。趣味はボールペン集めという不思議少年。

という面々でしたが、ONFは3つのユニットに分かれていまして、その構成が以下です。

ON
明るく魅力的で感性的なボーカルライン
ヒョジン/ONチーム・リーダー、メインボーカル
イーション/リードボーカル
エムケイ/リードボーカル、サブラッパー

両チームを自由に行き来する万能ライン
ラウン/サブボーカル、メインダンサー
OFF
カリスマ性があり強烈で派手なパフォーマンスを行うライン
ジェイアス/OFFチーム・リーダー、サブボーカル、リードダンサー
ワイアット/メインラッパー、リードダンサー
ユー/サブボーカル、メインダンサー

「&」はマンネのラウン1人なので、これをユニットと呼んでいいのか迷うところですが、それはさておきMVです。

「We Must Love」は歌詞にも「過去(과거/クゴ)」「未来(미래/ミレ)という単語が出てくるように、“タイムトラベル”を軸に展開し、お互いへの愛を探す物語です。

セットやガジェットだけでなく、ベトナムと香港でも撮影されたMVはSF映画のような作りなんですが、デビュー曲「ON/OFF」、2nd.EPのタイトル曲「COMPLETE」とリンクする箇所があったりします。


「ON/OFF」のヒョジンと


「We Must Love」のラウンの首元にあるバーコード


「COMPLETE」と


「We Must Love」での落下する彗星

その他にも3作通じて登場するのは列車(「ON/OFF」では“ONF RAILWAY STATION”という文字)と地球儀です。それぞれの世界観も退廃的で無機質です。

これは一体なんじゃろか。というところなんですが、ここからは結構強引にその繋がりを推測したいと思います。


「ON/OFF」…
災害、或いは戦争で多くの人口が失われた近未来。隔離された場所で生活する7人の少年。彼らのいる場所には朽ちた映画館や駅があるが、何かしらの覆いで囲われ、空は見えない。首にはバーコードが刻印され、厳重な管理システムの元にある事がわかる。スケートボードやジュークボックスといった娯楽はありながら、彼らは地球儀を見て広い世界への憧れを募らせる。そこへ現れた1人の女性とは…。

「COMPLETE」…
外の世界へ解放された少年たち。そこにはやはり人の気配はないが、開かれた空間で自由を謳歌する7人。そんな中、ラウンだけはどこかその場所への違和感と、まだ見ぬ地への憧れを抱いている。しかしそれも束の間。そこで彼らが目にしたものは落下する彗星だった。


「ON/OFF」で最後に登場した宇宙服を着た女性が誰なのかは謎のままですが、もしかしたら彼らがいた場所は地球を脱出した宇宙船、もしくは他の惑星だったのかもしれません。そして「COMPLETE」で地球へ戻ってくるものの、再び危機が訪れ、彼らは元いた場所へ戻ると。

そこから「We Must Love」です。

元の施設に戻った彼らでしたが、ラウンだけは地球への憧れを拭いきれません。今がダメなら時間を超えていけば、真の目指すべき場所が見つかるかもしれない。と、そこでタイムトラベルを敢行し、地球へと戻ります。しかしその代償としてラウンは記憶を失ってしまいます。一方残された6人は、同じようにタイムトラベルを使ってそれぞれラウンを探し出そうとします。その中心となっているのが同じように首にバーコードを刻印されたヒョジンでした。2人は他の5人とは違うニュータイプ。その導きで最後にラウンと会う事が出来たヒョジンですが、記憶を失くしていたラウンはヒョジンに気づかず、その場を去ってしまいます。

と、こんな感じでどうでしょうか。

わかります。色々意味不明なのは。「で、ON/OFFのあの女性は結局誰よ?」とか、


このシーン見ると、「ラウンの記憶あるんじゃない?」とか、「なんでユーくんだけ制服じゃないの?」とか、タイムトラベルしたら色々と歴史が書き換わっちゃうんじゃないの?とか、もう色々ね。そもそも厳密な繋がりなんかなくて、ふんわ〜り観るのが正解かもしれないし。

一応「We Must Love」は、EPの5曲あるTrackが逆の順序(Track5→Track1)でストーリー仕立てになっているそうで、その順番で聴けば最終的に「We Must Love(사랑하게 될 거야)=愛するようになる」ことがわかるみたいです。

しかし、です。

MVだけ観れば、最後ラウンはヒョジンに気づかず去っていく訳ですから、「どこにいてもいずれ君は僕を愛するようになる」というメッセージが込められていても、ちょっと納得出来ないかなぁ。ヒョジン消えちゃうし。

なのでおそらく、いや、きっと、これには続きがあるはず。

という事でこの答えは次回!時をこえた数ヶ月後にまた会いましょう!

最新情報をチェックしよう!