ALL YOU NEED IS KPOP!

【(G)I-DLE】勝って兜の緒を締めドゥル【Senorita】

♪Every day every night LATA HANN!!♪

ということでデビュー曲2曲目を混ぜてみましたが、

お待たせしました!

全世界のNEVERLAND(ファンダム名)、そしてKポップファンであるセリョール&セニョリータ!

2018年5月2日にデビューし、わずか半年の間にKポップ界を席巻した(G)I-DLE(アイドゥル)が2月26日(火)18:00、半年ぶりに「Senorita」でカムバック!

今さら彼女たちの輝かしい軌跡を列挙する必要はないと思いますが、一応これまでの受賞歴だけまとめてみました。

2018
MBC PLUS X genie music AWARDS 女性新人賞
Asia Artist Awards 新人賞
Melon Music Awards 女性新人賞
Mnet Asian Music Awards ベスト・オブ・ネクスト
Korea Popular Music Awards  新人賞
2019
Golden Disk Awards 音源新人賞
GAON CHART Music Awards  新人賞

お見事。私なら完全に天狗になるレベルです。

デビューからカムバ活動以外にも、彼女たちは活発に活動致しました。

9月28日にはソヨンがSM STATIONのスピンオフ「STATION × 0」でレドベル・スルギ、ヨチン・シンビ、そしてチョンハと共演した「Wow Thing」をリリース。

11月3日にはミヨンとソヨンがオンラインゲーム「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」の世界大会「League of Legends World Championship 」用に作られた楽曲「K/DA – POP/STARS ft Madison Beer, (G)I-DLE, Jaira Burns」に参加。こちらは2月28日現在の再生数がなんと1億8千万回オーバー!!

(G)I-DLEとしては12月19日にアニメ「ランニングマン」の劇場版とシーズン2のエンディングテーマ「달려! (Relay)」を担当。

ちなみにこちらは今年の2月9日に2つのリミックス・バージョンがリリースされています。

年が明けた1月15日からはM2でグループ初のリアリティ番組「TO NEVERLAND」(全6回)が放送され、2月9日には札幌にて行われたK-POP音楽祭「第70回さっぽろ雪まつり11thK-POP FESTIVAL2019」で初来日、更に2月19日にはカムバに先駆けて「I MADE」の収録曲「Blow Your Mind」が公開。

こんな感じでしたので、お久しぶりといった感じは余りありません。かなりのフル回転でしたな。

とはいえ、やはりカムバは多くの人が待ち望んでいた事でしょう。

2nd.EPのタイトルは「I MADE」。これはもちろんデビューEP「I AM」から続いたものであり、「これが私たちよ」という自己紹介から、更に彼女たちの魅力に踏み込んだタイトルになっているのではないかと思います。

そして公開されたティーザー。

思わずため息出ました。もちろんガッカリではなく「まったく、このグループったら…」という驚きです。

それは本編をフルで観ても同じでした。

その中心にいるのはもちろんほぼ全ての楽曲に作詞・作曲・編曲で携わっているソヨンです。

今回の「Senorita」、基本となっているのはベースとピアノ、そしてホーンセクションといういわゆるアンプラグドサウンドです。

これ、20歳そこそこのコが作る楽曲かね?

前2作のタイトル曲「LATATA」と「HANN(한)」は音楽番組でそれぞれ3冠、音源チャートも好成績。という事はその2作を踏襲した作りでもいいはずなのに、そこは流石のチョン・ソヨン。「もうあれは過去作。今回は『I MADE』だからね。違った魅力を見せるわよ」と言わんばかりです。

渋い。

MVの作りといい、イントロからして往年のハリウッドで作られた娯楽映画が始まりそうな入り。サビも洒落ているというか、グランド・キャバレーでかかっていても違和感のない大人の香りがします。

この辺りのハズし具合が彼女の「他のアイドルとは絶対的に違うものを作れるんだ」という自信と、デビュー以降の経験で養われた余裕が感じられます。こんな曲、(G)I-DLE以外では出来ないでしょう。

2分13秒からのソヨンのラップも、ちょっと聴いた事のないリズムでもう、ちょっと…本当に引き出したくさん持ってるなぁ。

「HANN(한)」の時には全てのレコーディングを終えた後、夜中にソヨンから「ちょっと口笛入れたいからやって」とミンニが呼び出されたというエピソードがありますが、今回はEPのプロデュースも行ったソヨン。


こちらで製作のビハインドが公開されていて、彼女の細部に至るこだわりを垣間見ることが出来ます。完全に製作側の顔。

そんな中、今回は特にメインボーカルであるテンデンイ姉妹(댕댕이。ワンちゃんの意)・ ミヨンとミンニの歌声が際立っていたかなと。


いつも綺麗だけど、今回のミヨンは炸裂してる感がある。


EPの収録曲「Blow Your Mind」ではソヨンに続き作詞・作曲・編曲の全てに携わり、その才能を示したミンニ。前回とうって変わり、今回は微笑多め。


普段は声も小さくて控えめだけど、そんな姿と一番ギャップがあるのがスジン。メンバーのモノマネが上手い憑依型芸人ダンサーも妖艶な姿を見事に魅せてくれています。


いつもはその可愛らしいお顔に反して「ウーファー積んでるの?」っていうくらいぶっとい声でインパクトを与えてくれるウギですが、今回はちょっと出番控えめ。ただ本人は「ユッフッフッフウ♪」のところが「口の形も可愛くすることができるし」と気に入っている模様。

ウギと同じくちょっとパート少なめだったシュファ。彼女の魅力を更に活かした見せ方が出来れば、グループの完成度は更に上がること間違いなしです。普段は一番ヤバい匂いのする、眠れる駄々っ子マンネの覚醒を待つ。

そしてMVのビジュアル。

今回、ビビットな色合いで彩られたシーンがいくつもありますが、それに協力しているのがこちら。

「Kaja」

韓国のコスメブランドMemeboxがアメリカの大手化粧品小売専門店セフォラと提携して開発した新ブランドです。
KajaのHPにも「Senorita」でのコラボが紹介されていますし、MVで使用されているコスメは当然全てKajaのものです。サンフランシスコにあるKajaのショールームには「TO NEVERLAND:EP.2」でも訪れています。

アメリカでも展開しているKajaとのコラボで、彼女たちの存在はますます多くの人々が知る事になるでしょう。

すでにそれも影響したのか、「I MADE」は世界22ヶ国のiTunes・K-POPアルバムチャートで1位を獲得、「Senorita」も世界19ヶ国の同シングルチャートランキングで1位、そして韓国のBugs!とNAVER MUSICの2つの音源チャートで1位など主要音源サイトの上位にランクイン、MVは公開から2日で1theKとCUBEオフィシャル併せて間もなく800万回に到達しようとしています。

どこまでいくんだアイドゥルは。

しかし今回の「Senorita」を聴いて私は思いました。

デビューから僅か半年で数々の栄誉を手にしてきた彼女たちですが、おそらく「慢心」という言葉は存在しないのでしょう。

その一つの理由としてアジア最大の音楽の祭典「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」にて新人賞最有力候補だったにも関わらず、受賞を逃した事もあるのではないかと思います。

見てくださいよ。MAMA後のこのソヨンのなんとも言えない顔。スジンはこれがデフォルトですが。

唯一と言ってもよい挫折は、だからこそ彼女たちを更なる高みへと導くはずです。

3月23日(土)には「U & CUBE FESTIVAL 2019 IN JAPAN」(武蔵野の森総合スポーツプラザ)でついに東京へやってくる(G)I-DLE。

なんと私は一年で数週間しかない超繁忙期が重なり参戦出来ず…。信じられん。ありえん。

ですので行ける方はぜひともその目で彼女たちをご覧ください!!

そして(G)I-DLEとCUBEの方たち、東京での単独イベントをぜひともよろしくお願いします!!

最新情報をチェックしよう!