ALL YOU NEED IS KPOP!

【ジェイ・パーク】焼酎で海を渡った男【SOJU】

いまK-HipHop界で最も注目すべきであり、最重要人物と言っても過言ではないジェイ・パーク(Jay Park)がアメリカデビューしました。

「誰、ジェイ・パークって?」
という方のために超簡単に経歴を説明します。

本名:パク・ジェボム(박재범)
1987年4月25日生まれの現在31歳で、韓国系アメリカ人です。
2008年から2010年2月までアイドルボーイズグループ「2PM」のリーダーでしたが、色々あって2PMを脱退。一旦アメリカ・シアトルへ帰ります。同年6月にソウルへと戻りソロ活動を開始。2013年には自身のレーベルAOMGを立ち上げ、CEO兼アーティストとして精力的に活動し現在に至る、と。
だいぶ割愛しましたが、お許し下さい。

そして冒頭にも書いた通り、今やK-HipHop界にJay Parkあり!という彼が、ついに母国であるアメリカでデビューするに至ったのであります。

 

5月25日に

「SOJU(feat.2Chainz)」

をリリース。先立って2017年7月にJay Z御大が代表を務めるRoc Nationと契約していましたが、そこから10ヶ月。

何してたんだ!?

これまでの動向を追ってみれば、Roc Nationとの契約以降、9月までShow Me The Money 6の放送があり、年明けの1月18日に

RUN IT(feat.Woo Won Jae&Jessi)

1月30日にはJay Park&Yultronで

Forget About Tomorrow

5月1日にはJay Park,Simon Dominic,Loco&GRAYで

Upside Down

というリリースラッシュ。

単に忙しかったんですね。

で、ようやく。
これまでラップだけでなく、R&Bやトロピカル系と色々やってきた彼(2PMもあるし)ですが、曲自体は特別真新しいわけではないトラップ(World WideでOkasianとやっています)。
まぁそこは故郷でのデビュー。
アメリカで生まれ育ち、B-BOYとして少年期を過ごした彼の選択肢として、いま一番ハマるテイストだったのかもしれません。
それよりも注目すべきは、タイトルの

SOJU(焼酎)。

「韓国の文化を伝えられれば」という事らしいですが、自身のルーツであり、挫折と再起の場所でもあり、現在の活動拠点でもある韓国。
その代表的な酒=SOJU(焼酎)をテーマにした本曲は、彼の意思と今後の決意が詰まっているような気がします。(しかし日本語にするとサビで「しょ〜お〜ちゅ〜♪」と歌っているという事になるので、なかなか斬新です)


もちろん悪そうなヤツはだいたい友達


アメリカデビューで嬉しいから車の上にも乗っちゃう

という事で、ますます目の離せなくなったJay Parkなのでした。

以上。


と思ったら、アメリカのプロデューサーチームであるFlavr Blueが昨年10月にリリースしたアルバムの中でJay Parkが参加した楽曲
「365」のMVが公開というニュースが。

まだ年内にも何かあるな、こりゃ。

ということで、ト マンナヨ。

超ビッグネームでありながらも、酒を飲む時はちゃんと礼にならって横を向き口元を隠すナイスガイ。

 

 

最新情報をチェックしよう!