ALL YOU NEED IS KPOP!

【Simon Dominic】暗室の中にあるもの【DARKROOM:roommates only】

先週の6月15日にサプライズ発表で帰ってきたサイモン・ドミニク。

AOMGに迎えられて以降、フューチャリングはあるものの、Simon Dominic名義としては2015年のWON&ONLY(feat.Jay Park)以来3年ぶり。ようやく新天地での正規第1集が出ました。

と、ここまで書いて「なんのこっちゃ?サイモン?誰?」という方もいらっしゃる事でしょう。ではざっとご紹介。

Simon Dominic
チョン・ギソク(정기석)
1984年3月9日
大韓民国・釜山広域市 金井区
170cm/AB型
デビュー:2007年シングル[Lonely Night]
所属レーベル:AOMG
ニックネーム:Simon D/サムディ
TwitterfacebookInstagram

中学生の頃からラップをはじめ、2007年にE SENSとSupreme Teamを結成。ヒップホップの大衆化を目的にバラエティなどにも出演し、人気を博す。2013年にSupreme Team解散。2014年、Jay Park率いるAOMGに共同CEOとして迎えられ、現在に至る。

その彼が3年ぶりにソロ名義の音源を発表。と、こういう訳です。タイトルは

「DARKROOM:roommates only」

DARKROOMとは暗室の事で(上の画像でもよく見ると漢字で書いてあります)、彼の実家にも暗室があったそうです。
残念ながら現時点(6月21日)でMVはありません。
唯一あるのはAOMG公式のこちら。

TRACK6:Demolition Man feat.Kim Jong SeoのBehind The Sceneです。

私はiTunesで聴きましたが、
ん? トラックはめちゃくちゃカッコいいけど……
く、暗い……
それもそのはず。
インタビューで「この2年間の苦難が全て含まれている」と答えています。
それだけでなく、彼の幼少期も含めて、内にある痛みや、いまだに癒えない過去の体験も反映されているようです。それをDARKROOMとかけているのでしょう。

これを聴いてふと思い出した事があります。
もう随分と前のこと。私は毎年年末になると韓国食材店でトックなどの配達のアルバイトをしていました。荒川区や台東区、新宿区、江東区など、ほとんどの配達先は都内の在日韓国人の方々のお宅や教会でした。
玄関のドアを開けると、必ずと言って良いほど漂ってきた独特な香辛料の香り。
お店で出された辛い漬物に辛いスープ、辛い魚という昼食の味。そして香辛料や米粉(トックの原材料)の香り。
それらの事は私にとって良き思い出でしかありませんが、粉っぽい店の空気感や床のざらつき、あのドアを開けた時の鼻孔の刺激が蘇ります。そういった生々しさがこのアルバムにはあるような気がしてなりません。

アルバムとしては賛否ありそうな気がします。
それはこれまでのものとは明らかに違う、ある種、異物に近いような感覚さえ覚えるからです。Supreme Teamではアッパーな明るい曲も多く、ソロになってからも多少のスタイルの変化はあれど、その流れに違和感は感じません。ところが、なのです。
とはいえ、彼は過去に自身を評して「誠実」と言っています。
SWAGでもStill Undergroundでもなく、今の彼の素直な気持ちが表れている作品。
それはつまり、
Simon Dominicのアルバムであると同時に
チョン・ギソクのアルバムだとも言えるんじゃないかと。

TRACK1:DARKROOM:roommates only
歌詞の中で彼はこう語りかけます。

「君は本当にオレのルームメイトになりたいか?」

私はこう答えます。

「もちろん」

おかえりなさい。

ヘビロテで聴きます。

最新情報をチェックしよう!