ALL YOU NEED IS KPOP!

【먹방】華麗なるモッパニストたち【EP.2】

もしあなたが恋人と喧嘩をした時は、一緒に美味しいものを食べると良い。なぜなら、美味しいものは人を笑顔にするからだ。
あるいは、一緒にモッパンを観ても良いだろう。優れたモッパニストが魅せるそれは、きっと同様の効果を発揮するはずだ。

 

※モッパンとは… 俳優ハ・ジョンウ氏を始祖とした、食べる姿を見せる放送である。
※モッパニストとは… モッパンにおいて優れた能力を発揮する者のこと。

 

EP.1:ユ・ジョンヨン、平井モモ編はこちら
EP.2では前者に次ぐ能力を持った3人をご覧いただきたい。
各人の能力は、以下の5項目5段階で表す事とする。

ビジュアル 観ている者にどれだけ空腹感を与える事ができるか
キャパシティー 一度に食べられる容量
スピード 口にした物の処理速度
コメント力 食したものの表現力 表情のみも含む
嗅覚 食べ物を探し出す力

 

그럼 보자!

 


“The Midnight Eater” カン・スルギ(Red Velvet)

ビジュアル ★★★★☆
キャパシティー ★★★★☆
スピード ★★★★★
コメント力 ★★★★★
嗅覚 ★★★★★

夜中にマネージャーの目を盗んでトッポッキやサムギョプサルを食べに行ってしまうほど、食に対しての愛が強い。あの美貌と素晴らしいダンススキルを持ちながらも、本人が口にした「私にできるのはモッパンしかないから」というセリフは、謙虚な人柄と食へのこだわりを表した名言として世に広まっている。
スンドゥブは豆腐だけ食べる派。


「全部食べてから話してください」


「食べ終わって話してください」
食への愛が強すぎるため、同じ注意を受けてしまうスルギ氏。


唯一の単独モッパン。前記した名言も飛び出す貴重な放送。

 


“The Bite” キム・ジホ(OH MY GIRL)

ビジュアル ★★★★☆
キャパシティー ★★★★★
スピード ★★★★★
コメント力 ★★★★☆
嗅覚 ★★★★☆

一口の頬張りは“The King” ユ・ジョンヨンを凌ぐと言われ、“The Bite”の異名を持つ。
特に麺類の頬張りは、他者を圧倒するほどの破壊力である。その麺類には特別な愛情を持っており、3個を同時に食すほどの愛麺家である。サンチュ使いとしても特別な能力があり、マッククス(ソバ粉で作られた冷たい麺類)を包んで食べるという離れ技を持っている。
デザートとしてシリアル&チョコパフinミルクを食べてしまう派。


閲覧注意ギリギリの衝撃。ファーストインパクトは5分28秒から。

    


“The Presenter” イ・ミジュ(LOVELYZ)

ビジュアル ★★★★★
キャパシティー ★★★★☆
スピード ★★★☆☆
コメント力 ★★★★★
嗅覚 ★★★★★

韓国の彦摩呂と言われるほどの表現力と、古舘伊知郎も顔負けのボキャブラリーで喋り倒し、見事な食レポを繰り広げる事から“The Presenter”の異名を持つ。
食す姿で魅せる前出の4人とは異なり、どんな料理でも喋り一つで観る者の空腹を煽るスペシャリストである。VLIVE内で혼밥(ホンパプ=1人飯)する「혼밥스타그램」というコーナー(全24回)をLOVELYZ・イェインと交互に担当していた。
肉にカボチャのサラダとかのせてみる派。


혼밥の中でも特に見事なレポートを披露してくれる第18回。筆者は腹が鳴りっぱなしだった。
    

もしあなたがチゲが好きなら、モッパンを観ると良い。
もっとチゲを好きになるはずだ。  

もしあなたがトッポッキが嫌いなら、モッパンを観ると良い。
きっと食べてみたくなるはずだ。

 

モッパン。

それは食の追体験である。

 

ではまた次回お会いしよう。
チャル モゴジュセヨ。

 

 

最新情報をチェックしよう!