ALL YOU NEED IS KPOP!

【gugudan】禁断の果実【SEMINA】

昨今のユニットブームに乗っかり、ついに“あの”グループまでもが手を出してしまいました。

ユニット大好きの私としましては、本来であれば大歓迎なんですが……。問題なのは“あの”グループってのがgugudan/구구단 ってことなんです。グループの人気メンバーであるセジョン、ミナ、ナヨン3人で構成されるユニット、その名はgugudan SEMINA(구구단 세미나) 。どっかで見たことあるなと思ったあなた、Dear Friendですね? そうですあのProduce101で披露されていたユニットと同じ編成です。

 

これがまた観れるってのはシンプルに嬉しいんですが…。素直に喜べない理由はgugudanの置かれている現状にあります。


そもそもgugudan(gu9udan表記もあり)はI.O.Iメンバーであるセジョンとミナ、そして最終メンバーには残れませんでしたが、番組に参加していたナヨンの3人を含めた、非常にI.O.I色の強い(Pris○inていう、もっと濃いのもいますけど)9人組のグループとして2016年6月7日にデビューしました。


同じ9人組としては少し前に、あのTWICEが成功を収めていることもあり、奇抜なグループ名にした事務所も本人たちも、ある程度売れる算段があったように思います。gugudanは勢いそのままに毎回異なる様々なコンセプトで楽曲をリリースし、ミナとヘヨンのユニットであるgugudan OGUOGU(구구단 오구오구)なども含めて積極的に活動を行っていきました。しかし、色々なことに手を出しすぎたのが原因なのかは定かではありませんが、いずれも明確にヒットしたと言えるような状況には今日までなっていません。

その一方でセジョンとミナは元々の人気をさらに拡大するように個人活動が増えていきます。人気メンバーが出ることは本来グループにとって良いことのはずですが、gugudanの場合はそれがセールスにつながらないので単純な人気格差のように端からは見えてしまいます。


そんな中メンバーのソイが肩の怪我によりグループを離脱してしまいます(現在は復帰)。


悪いことは重なるもので、続いてOGUOGUのメンバーでもあるヘヨンが健康上の理由により休養に入ります。先日のWe,the Reds(サッカー韓国代表の壮行会)でも中国人メンバーのサリー(ドラマの撮影とのこと)とミナがおらず、6人でのパフォーマンスとなっていました。

不調なセールス、人気格差、そしてメンバーの離脱、様々な憶測がささやかれ暗雲立ち込める中でリリースされたのが今回の「gugudan SEMINA(구구단 세미나) 」なのです。



単純な起死回生の一手としてであれば、素直に応援できるのですが…。仮に猛烈にヒットしてしまうと、これまでのgugudanでの活動や、他のメンバーの必要性が問われる形となり、逆に鳴かず飛ばずであればgugudanそのものの足を引っ張りかねないという絶妙なジレンマを抱えているのです。さらにはその一手をProduce101組に一任したことで、かつての人気にあやかろうという打算的な側面が浮き彫りになるという不安要素も抱えています。

またこちらは小ネタではありますが、前日の7月9日にカムバックしたTWICE「Dance The Night Away」のチェヨンとセジョンの衣装が被ってしまうという珍事が起こっています。

些細なことではありますが、こうも流れが悪いと持ってないのかな?などと思ってしまいます。

 

不安要素ばかりではありますが、セールス的に低調とは言え、個人的にgugudanは良曲が多いと思っています。何よりミナ激推しの身としては何とか踏ん張って欲しいってのが正直なところ。

今回のユニット曲もそこそこ売れつつ、gugudanの人気にもつながればいいなー。などと都合のいいことを願っている次第です。

-(マイナス)と-(マイナス)を掛け算して、大きな+(プラス)を生み出せる、そんなグループだと信じていますよ!

最新情報をチェックしよう!