ALL YOU NEED IS KPOP!

【ウ・ウォンジェ】ダークサイドからアニョハセヨ【AOMG】

まずはこちらをご覧ください。歌詞はわからなくても構いません。

いかがでしたか?
「うーん、別に」という方は、無駄なお時間を取らせてしまうだけなので、他の記事などを読むことをお勧めします。対して、何か心が「ざわ…ざわざわ…」とした方。以下へお進み下さい。

 

彼の名前は「ウ・ウォンジェ(우원재/Woo Won-jae)」
Show Me The Moneyというラップサバ
イバルオーディションで注目を集めたラッパーで、いま私が最もその動向を注目している人物です。さて、なぜ今回の記事を書いているのかというと、彼は現在AOMG(過去記事「焼酎で海を渡った男。とその仲間たち」を参照いただければ幸いです)の所属なんですが、そのAOMGメンバーの出るイベントが7月29日に開催されます。


そこに彼が出ます。おそらく日本でのパフォーマンスは初めてなんじゃないかなと。私、観に行きます。AOMG所属のアーティストは他にも出ますが、私のメインは彼です。そのイベントレポも書く予定ですが、まずは先にここでご紹介させていただこうと、まぁ、こういう訳です。

 

ウ・ウォンジェ(우원재/Woo Won-jae)

1996年生まれの現在21歳。
慶尚北道 慶州市出身。
公益大学の土木工学科に在学中(年齢から考えてもそのはずなんですが、アーティスト活動もしているので休学中なのかどうなのか)。
先にも書いた2017年のShow Me The Money(以下S.M.T.M.)6に参戦し、一躍世間の注目を集めました。

なぜかと言えば、S.M.T.M.はプロ・アマ問わず参戦出来るオーディションなんですが、一般人の素人ラッパーが決勝ラウンドに残った(結果は3位)のは、S.M.T.M.1から数えて彼が2人目だったこと、そしてそのスタイルです。私からしてみれば「Woo Won-jae/ウ・ウォンジェ」という本名(一応「Munch/ムンク」というラップネームもありますが、インスタ以外で使われているのを見た事がありません)で活動しているラッパーというだけでもかなり珍しいと思います。

最も注目を集めたのはその歌詞。動画を見て感じて頂けたとは思いますが、暗い!なんか立ち居振る舞いや表情も少し様子がおかしい!歌詞がわからなくても、その雰囲気は十分に伝わったのではないでしょうか。仄暗さや何か問題を抱えている人が放つ、あの独特のオーラ。本人曰く「歌詞にしているのは全て自分の経験」だそうです。滲み出てますよ。ヤバさが。実際、歌詞には「ほんの数ヶ月前まではオレを変人扱い」「錠剤」「階級、偏見、差別」などが出てきます。彼自身は「自分は一般人。みんなが考えているほど特別な事はない」と言っていますが、決勝前に「うつ病で不安障害、最近ではパニック障害に悩まされている」と語っています。どこが一般人じゃい!まぁ、私はそういった彼のただならぬ雰囲気に引き込まれたわけですが。

善悪の境界線を「本物と偽物」と例えて歌詞にした準々決勝「Again (또)」

というのも、私がまだ上記した情報を知らない状況で感じたのは、彼はきっとラップをする事で自身の中と外の世界との均衡を保っているんじゃないかという事です。2017年11月のHarper’s BAZZAR KORREAのインタビューで「ラップをしている時は本当に何も考えない」と答えている事からも、やはり彼にはラップをする切実な理由があるんだと思います。大衆的ではなくとも、無視のできない、聴くものの感情に強く訴えてくるフロウと文学的な歌詞。そしてその視線。そういった要素が、狂気すれすれの危うさを孕んだ魅力なのだと思っています。ただ、一つ安心するところは、同インタビューで「僕はカート・コバーンのようになりたくない。長く活動し、愛されたい」と言っている事です。


S.M.T.M.決勝前のインタビューで笑顔を見せるWoo Won-jae

さて、まだまだ書きたい事はあるんですが、長くなりそうなのでここらで締めたいと思います。
AOMGと契約し、Featなどではちょこちょこと活動している彼ですが、今年に入ってから個人名義のリリースはありません。ですので、スパン的にも今度のイベントでもしかしたら新曲をやったりするのか?と密かに期待しています。彼は自分のスタイルを変えるつもりはない、というか世間におもねるような事はしないそうなので、今後も楽しみでなりません。まだまだ日本での知名度は低いですが、注目しておいて損はない人物だと、そう私は確信しています。ではまたAOMGのレポートで。

Featにスランを迎えた実験的かつアーティスティックなセミファイナルでの曲「ZINZA(진자)」

決勝第2ラウンドで披露する予定だった「We Are(시차 )feat. 로꼬&그레이」。後にこれで数々の賞を受賞。ソフト・ウォンジェ。

最新情報をチェックしよう!