ALL YOU NEED IS KPOP!

【GFRIEND】夏らしく…アイドルらしく…【ヨジャチング】

だけど…ヨチンらしくなく

夏が暑すぎるのか、SISTARがいなくなり夏の女王の座が空位だからなのか、今年の夏のカムバラッシュはすさまじいものがあります。(このブログも若干置いてかれ気味ではありますが…)それはヨチンことヨジャチング(GFRIEND)においても例外ではなく、7月19日 Sunny Summer (여름여름해)にてカムバックしました。まぁヨチン自体はMe Gustas Tu(오늘부터 우리는)とかLOVE WHISPER (귀를 기울이면)とかSUMMER RAIN(여름비)などの夏にカムバした代表的な曲も多いので、もともとイメージとして、夏にそぐわないなんてことは全くないんですが、もともとヨチンの曲には季節に限らず、一つの通念したものがあります。エレキギターとハードなダンスフォーメーションによる“パワー”と、シンセサイザーとストリングスで構成された“清純”さを想起させるノスタルジックなメロディーです。矛盾した特性を併せ持つヨチンは“パワー清純”と称され、Kポ界においてはそれが唯一無二の個性となっています。

“旧”夏の女王として名前を挙げたSISTARのヒット曲と言えばLoving Uでして、作曲家2段横蹴り(イダンヨプチャギ/이단옆차기)の代表作の一つでもあります。今回のSunny Summer (여름여름해)も同じく2段横蹴りによるプロデュースなのですが…ヨチンらしさは全くありません! そもそも2段横蹴りはヨチンらしい曲を作れるような作家性はもともと持ち合わせていない作曲家ですので、至極当然ではあります。激しいダンスは影を潜め、キャッチーで軽妙なメロディーの繰り返しと「ヘイ」というポップなフレーズで、とてつもなく王道なアイドル・サマーソングに仕上がってしまっており…パワー清純は何処へ?といったところです。

しかしながら、この曲個人的には非常に耳障りがよく好きなんです。こう言っている時点でBUDDY(ヨチンペン)でないってことがバレてしまいますが、外野としては好きだからこそ…ヨチン的に、BUDDY的に、これでいいのか?と心配してしまいます。夏の女王に本気だからこその2段横蹴りへの依頼ってことなんでしょうけど、らしさを捨ててしまうと本質的に進化しているかどうかがボヤけてしまうような気が…。単純な夏らしさとしての追求ならFINGERTIP(핑거팁)とかあるので原点回帰のイギ/ヨンベ(이기/용배)でも良かったように思いますし、前作のTime For The Moon Night (밤)で悲壮感に振り切って大成功したノ・ジュファン(노주환)でさらなる進化を求めるのも正統的な手段だったように思います。

ただ今回、歌詞の中にメンバーの名前が登場したりして、この辺の仕掛けはペン関係なしに非常に楽しめるところでもあります。

Music Bankは歌詞のフォントにも気を遣っており、非常に可愛らしく演出してくれています。

https://www.youtube.com/watch?v=Swi3Vt4duKU&frags=pl%2Cwn

また何より、最近綺麗になったと言われている

オムジを始め


シンビ


ユジュ


ウナ


イェリン


特に足長リーダー・ソウォンの10年ぶりに作ったという前髪は、反則級のかわいさに仕上がっており、ビジュアルだけでも今回のカムバックは大いに意味があったといえるでしょう。緩やかなダンスもその可愛さを注視するという意味では大いに役立っております。振りも可愛いですし。本音を申しますと、ヨチンに対してはビジュアル面があまり好みではなく、それだけに前のめりで応援しようという気概が持てなかったのですが、そこの突破口は大いに広がったので、今後はもうちょっとヨチンに向き合ってみようと思います。

 

ん?

同じように感じてる人がもし大勢いるとしたら…

今回のカムバ、新規ペンの開拓としては

めちゃめちゃ意義のあるアプローチってことになるな…

最新情報をチェックしよう!