ALL YOU NEED IS KPOP!

【アイドルドラマ工作団】全ドルオタが泣いた【EP.1】

Red Velvetが「#CookieJar」で日本デビュー、MAMAMOOが「Egotistic」でカムバック、OH MY GIRLはユニット・OH MY GIRL BANHANAが「バナナが食べれないサル」で日本デビュー、そして元I.O.Iのチョン・ソミもJYPからヨジャグルとしてデビューという噂がある今日この頃。

これは面白いタイミングじゃないかという事で、紹介したいのが「アイドルドラマ工作団」!

出演はこの7人。

ムンビョル(MAMAMOO)
スルギ(Red Velvet)
キム・ソヒ(元C.I.V.A&元I.B.I)
ディエナ(SONAMOO)
ユア(OH MY GIRL)
スジョン(LOVELYZ)
ソミ(元I.O.I)

この7人が作家として制作に加わり、なおかつ役者としてもドラマに挑戦するリアルバエティ番組です。ドラマの制作過程「アイドルドラマ工作団」ドラマ本編「花道だけ歩こう」となっております。2017年KBS制作、放送はNAVER TV、KBS Joy、KBSワールド。

スルギとユア目当てで軽い気持ちで見始めたのですが、これがなかなかどうして。落涙したのは1度や2度ではありません。ここでは華やかな舞台で活躍する彼女たちのデビューまでの裏話やグループ活動以外での顔など、見所を紹介出来ればと思っています。ではレッツ工作団!!


最初に彼女たちは個別にオーディションを受けます。ただこれは、出演者を決めるものではなく、個々のメンバーと製作陣の顔合わせ&簡単な演技の下見をする目的だと思われます。キム・ソヒ以外(Webドラマでの出演経験があるらしい)はレッスンはおろか、演技する事すら初めてらしいですが、皆なかなか上手です。特にこの3人


スルギディエナは、用意された台本以外での自由演技でなんと涙を見せる熱演

そしてソミ。涙を見せる演技というのは、感情的な台詞を勢いよく言えれば自然と感情が高ぶり、涙腺を刺激出来ます(もちろん簡単ではありません。あくまで演技の中で、という意味)。対して、平板な台詞を走らず、緩急をつけて口にだすというのは難易度高めです。ソミは台詞スピードと緩急、表情が見事!一瞬にして役に入り込める瞬発力と、センスが抜群です。

そして初顔合わせ。スーパーは年齢です。右上から時計回りでソヒ(23歳)、ソミ(17歳)、スルギ(24歳)、ムンビョル(26歳)、ユア(23歳)、スジョン(21歳)、ディエナ(23歳)。

他のグループとはほとんど交流がないらしく序盤はよそよそしさがありますが、彼女たちの距離を縮めたのはそれぞれの経験談でした。未だに携帯を持たせてもらえない(ユア&スジョン)、寮の玄関・冷蔵庫の上に監視カメラがあるユア&ムンビョル)、コンビニ禁止(スジョン&スルギ。ただスルギは隠れてお菓子を買っていたらしいですが)などなど。「やっぱりアイドルは色々大変だなー」なんて思っていましたが、こんなのはまだまだ序の口エピソードでした。

台本は彼女たちが書きますが、最終的な仕上げはプロの作家が手伝ってくれる事を聞いて安心する7人。ちゃんと著作権登録するから印税も入ってくるって!
そしていよいよどんなドラマにするかの作戦会議。とその前に投票でリーダーを決定。その役目を担ったのはのはもちろんこの人!

わいわい話しながらコンセプトを話します。ロマンス?ファンタジー?スリラー?

そこで思いついたソヒ。「自分たちの話を入れたドラマにしません?」。それまで頭を悩ませていたメンバーから、自然と過去の体験談が語られていきます。

はじめて親元を離れて寮に入った時のことやメンバーとの生活。その話にじっと耳を傾けるソヒ。I.O.Iで大活躍したソミと違い、単発ユニットはあったものの、この時点でソヒはまだ正式なデビューが決まっていません。

アイドルとしての自身の年齢、次々と新しいグループが出てくる中、いつになるか分からないデビューへの不安などをスタッフに吐露するソヒ。

以前いた事務所では資金稼ぎの為と焼肉店で半年間タダ働きをさせられた事、初めて入った事務所だったので、そういう事が普通だと信じて疑わず、練習の後にはひたすらニンニクの皮を剥いたり配膳をしていた事、室長が自分を練習生ではなく女性として見ていた上に結婚まで迫られた事などが語られます。

これにはメンバーも「さすがにそんな酷い経験はないわー」と唖然。幸い今の事務所でそんな事はないそうです。そんな辛い経験をしてきたソヒ。番組とはいえ、みんなで作り上げるこの企画はきっと楽しいに違いありません。
しかしそれだけではなく、その後もまぁ出てくる出てくる。色々な話が。

一緒に練習に励んでいる仲間が、ある日突然事務所を辞めさせられてしまうのを何度も見ながら過ごす不安な日々。

毎月行われる体重チェックでは、設定された体重をオーバーすればどんなに綺麗で実力があるコでも容赦なく切られてしまう恐怖。

体重制限があってもやっぱりお腹は空く。と、こっそりハンバーガー店に行けば、危うくチーム長に見つかりそうになり、なんとトイレでこっそり食べたという話。

ネットの書き込みにも頭を悩ませられます。
他にもストレスで声が出なくなったスルギ、睡眠時無呼吸症候群にもなり毎日布団で泣いたユア、元々ボーカルだったのに突如ラップへの転向を言い渡されたムンビョルなどなど、こちらはもう、本当に…ただただ口をあんぐり開けて見ている状態。今だから笑える話になりましたが、誰しも相当な経験をしてきたんだなぁ、としみじみ。

そしてこれから脚本づくり頑張るぞ!というメンバーの為にスタッフからサプライズ!

1MILLION DANCE STUDIOの講師でもあるユアのお兄ちゃん、Junsun Yooからビデオメッセージ。お兄ちゃんとはこちらで共演もしてます。
さらには


ソヒのおばあちゃんと両親からメッセージ。これにはソヒも思わず…。
ってこれはダメだ。こんなの見せられたらこっちも…。

さてさて、そんなこんなで企画は進んでいくのですが、一体どんな話になっていくのやら。ということで、EP.1はこの辺で。ではまたEP.2で。


次回予告「EP.2 ユアは恋愛マスター!?」の巻

乞うご期待!

EP.2
最新情報をチェックしよう!