ALL YOU NEED IS KPOP!

【먹방】華麗なるモッパニストたち【EP.3】

モッパンを制する者は、アイドル界を制す。

今やアイドル界で頂点を目指す者に必要不可欠な要素。それがモッパンである。
「食べる」という行為は人々にとって日常だ。アイドルがモッパンを魅せる時、「アイドルとペン」という隔てられた境界線は、その瞬間限りなくゼロになる。しかしそれは誰にでも出来る事であろうか。否。
その境界線をいとも簡単に、そして華麗に打ち消してしまう強者がいる。
人は彼女たちをこう呼ぶ。

モッパニスト。

本記事では優れたモッパニスト、そしてモッパンをより多くの人々に広めるという役割を担っている。

※モッパンとは… 俳優ハ・ジョンウ氏を始祖とした、食べる姿を見せる放送である。
※モッパニストとは… モッパンにおいて優れた能力を発揮する者のこと。

EP.1:ユ・ジョンヨン、平井モモ編はこちら
EP.2:カン・スルギ、キム・ジホ、イ・ミジュ編はこちら


各人の能力は、以下の5項目5段階で表す事とする。

ビジュアル 観ている者にどれだけ空腹感を与える事ができるか
キャパシティー 一度に食べられる容量
スピード 口にした物の処理速度
コメント力 食したものの表現力 表情のみも含む
嗅覚 食べ物を探し出す力

 

それではEP.3
レッツ モッパニスト。

 


“The BaNg BaNg Club”ユン・ボミ&キム・ナムジュ(Apink)

ビジュアル ★★★★
キャパシティー ★★★★
スピード ★★★
コメント力 ★★★★★
嗅覚 ★★★★★

モッパン界の最強バディ、The BaNg BaNg Club。この異名についてはボミ&ナムジュが通説だが、2人の食に対する嗅覚と貪欲な探究心から、一部では1990年代に紛争地帯で活躍した命知らずのフォトジャーナリスト集団「The Bang Bang Club」にちなんでいると言う者もいる。韓音監視書房発行の最新版「モッパニスト名鑑 改訂版」にて、表記は「The BaNg BaNg Club」と定められている。彼女たちのモッパンコンビネーションを真似る事は不可能と言われ、まさしく阿吽の呼吸で器を空にしていく。2016年ベストモッパニスト・グループ部門にて大賞を受賞。

クッパにはキムチの汁を入れる派。

14型ノートパソコン程はあろうかという巨大な豚カツを素晴らしいコンビネーションで完食するモッパンはこちら

 


“The Winder”キム・セジョン(gugudan)

ビジュアル ★★★★
キャパシティー ★★★☆
スピード ★★★★
コメント力 ★★★★★
嗅覚 ★★★★

あまりにも美しくジャージャー麺を箸に絡め取る事から“The Winder”の異名で呼ばれる。しかしその美しさはジャージャー麺の絡め取りに留まらず、箸さばきはもちろんのこと、サンチュテクニックから口に運ぶ動作、咀嚼に到るまで、モッパン界随一と言われるほどの評価を誇る。スタンダードなサンチュだけではなく、白菜を使って食材を包む白菜使いの第一人者。更にはそのモッパンの美しさから料理系番組では大変な人気を博し、CMも含め数多くの出演を果たしている。

ヤンニョムチキンを食べている最中にロールケーキを食べてまたチキンに戻ることが出来る派。


あの食べにくいブリトーですら美しく食す“The Winder”のモッパンはこちら

 


“The Apache”イ・ヘリ(Girl’s Day)

ビジュアル ★★★★
キャパシティー ★★★★
スピード ★★★★
コメント力 ★★★
嗅覚 ★★★★

その愛らしい顔立ちからは想像のできない超攻撃型のモッパニスト。異名の元は、そのスタイルを米軍用攻撃ヘリコプター「Apache」に見立て、本名にかけて名付けられた。彼女が定めたターゲットは確実にロックオンされ、瞬く間に口へと運ばれる。その早業はまさしくApacheの速射砲のごとくである。最大開口幅は縦9cm。

サンチュは両手で口に詰め込む派。

「Apache」の異名を生んだ伝説のモッパン

 

あなたはこの夏、暑さで食欲不振に陥っていないだろうか。
そんな時は是非ともモッパンを観ると良い。
1流のモッパニストにかかれば、あなたの食欲、そして胃は必ずや活力を取り戻すはずだから。

ではまた次回お会いしよう。
チャル モゴジュセヨ。

 

最新情報をチェックしよう!