ALL YOU NEED IS KPOP!

【LIVE HIGH】MV?は?なにそれ?おいしいの?【初恋】

https://www.youtube.com/watch?v=2AZ083dHgEQ&frags=pl%2Cwn

追記:なんと⁉︎ティーザー消えました!この記事を初見の方はここにティーザー映像があったつもりでお読みください。

鼻っから世界の音楽市場を相手にしているKポップにおいて、MV(ミュージック・ビデオ)は今も昔も非常に重要なコンテンツです。YouTubeのような動画共有サイトが一般化して久しく、スマホというお手軽なデバイスが普及したことで、世界中のどこにいてもアイドルやアーティストと触れ合うことができるようになったので、現代ではその重要性はさらに高まっています。世界中にファンを抱えるBTSやBIGBANGなどは、そこに莫大な費用を投じることに躊躇がありません。逆を言うと、どんなマイナーなグループであろうともMVさえあれば、世界の誰かに見つけてもらえたり、もしかしたら、そこから火がついて一大人気グループへのきっかけが掴めるかもしれない…MVとはそんな非常に重要なプロモーションであり、マーケティングにおけるチャンスだと言えます。

と、至極当然、あたり前田のクラッカー(知らない人はお父さんやお母さん、もしくはおじいちゃんかおばあちゃんに聞いてください)的なことを書いてますが、もちろん前振りです。そんなご時世にもかかわらず、新曲のティーザーまで作っておきながらMVを公開しないという、時代の反逆児、反骨精神の塊のようなアイドルグループが存在していました。その名は

LIVE HIGH(리브하이)

このグループ、実は2013年デビューとキャリアが長く、「ヒーリングドル(힐링돌)」という癒し系アイドルとして知られています。ちなみに読み方はリブハイです。(しかしこのブログ最近HIとかHIGHばっかり言ってんな)クレヨンスター・エンターテイメントからデビューし、現在はREDクリエイティブ・カンパニーに所属しています。

 

2013年7月30日にデジタルシングル「ハクナ・マタタ」を発表して同名のタイトル曲でデビューしました。全体がピンボケしてる、とんでもないサムネのPV(MVではない)ですが「ハクナ・マタタ(スワヒリ語で「どうにかなるさ」「心配ないさ」の意。映画『ライオン・キング』でおなじみ)」というスーパーのんきな言葉とは裏腹に、この後めちゃくちゃ低迷というか、停滞します。その頃から所属事務所のクレヨンスター・エンターテイメントの経営状況が芳しくなかったため活動もままならず、一旦はグループ解体にまで追い込まれてしまいます。

それでも新事務所のREDクリエイティブ・カンパニーのバックアップを受け、メンバーも4人中3人を入れ替えたところで、復帰の目処が立ち

ようやく3年ぶりの2016年5月に、2ndデジタルシングル「Happy Song」で文字どおりカムバックします。まぁ結局どうにかなったんである意味、有言実行してるわけではありますが。

現在のメンバーは

ガビン(가빈)
本名:ゴ・ウンビン(고은빈)
出身:1993年4月19日 光州広域市
身長:170cm
備考:唯一残った初期メン。子供の頃から小心者で、それを克服するために演技の学校に入ったという。演技の勉強をするうちに活発な性格になり、踊りと歌が好きだったのでアイドルになったという。2014年ミスコリア選抜大会エンターテイメント賞を受賞しており、ロッテ百貨店モデル選抜大会で敗退した。

 


ボヘ(보혜)
本名:ク・ボヘ(구보혜)
出身:1994年11月4日 ソウル特別市
身長:168cm
備考:woollimエンターテイメントの練習生で、ハートラビットガールズの元メンバー。ゲーム実況のチャンネルを持っているほどのガチゲーマー。

 

シンア(신아)
本名:イ・ソユン(이소윤)
出身:1992年12月28日
身長:165cm
備考:マイガールの元メンバー。

 


レア(레아)
本名:パク・ユンヒ(박윤희)
出身:1993年4月15日
身長:165cm
備考:笑顔がチャームポイント。

そんなこんなでデビューの直後につまづいた後は、新曲のMVを公開したり、音楽番組に出演したり、コンサートをしたりと、いわゆる普通のアイドルとしての活動を継続できており、現在に至るというわけです。

こちらは2017年の7月にリリースされた3rdシングル「クンダリシャバラ(꿍따리 샤바라/Kung Dari Sha Bah Rah)」です。メロディーどこいったんや⁉︎ と言うぐらいとびきりカオスなシンセサウンドに衝撃を受けたんですが、こちら1996年に大ヒットしたClon(クロン)のカバー曲らしく、韓国では夏の定番曲とのことです。いわゆる懐メロなんでしょうけど、Kポップってこう言うのが根底に流れているから面白いなと再認識。クソダサいの向こう側というか、ぶっ飛んでますわ。

 

そんでもって、こちらが今年の1月(⁉︎)にリリースされた4thシングルであるクリスマス・ソングの「YES」。いやタイミングどした?

というわけで、序文でダラダラとMVについて書きましたけど、多分このグループは公開のタイミングとか、旬とか、トレンド性とかあんまり気にしてないのかもしれません。

ちなみに昨日(8月31日)YouTubeのオフィシャルチャンネルにこんなのが上がってました。

いや、MVとってるんかーい! そんでもってサムネ、パンチラかーい!

こちらはメイキングですが、とにかく撮影はしてるみたいなので、そのうちMVは公開されることと思います。ちなみにこの動画アップされてから1日以上経過してたのに再生回数41回でした。

いや、人気ないんかーい!

可愛いな、とか。曲、いいな。ってちょっとでも思った人いたら

是非とも応援してやってつかぁさーい(懇願)

最新情報をチェックしよう!