ALL YOU NEED IS KPOP!

【HyunA】愛の果てに生まれたアマガエル【E’DAWN】

 

 

本記事はTriple Hのヒョナとイドンの熱愛騒動を時系列順に、いちKポップファンの視点でまとめたものです。本記事では各報道の詳細を知らずとも流れがわかるように構成したつもりですが、詳細が気になる方は記事元ニュースサイトへのリンクをご確認ください。項目にある日時は参照元の公開時間であり、本国での報道時間ではありません。また、かなりの長文となっておりますので、お時間があるときにご覧いただくことをお勧めします。

7月18日 よっしゃー!大好きなTriple Hがカムバしたぞー!レビュー記事書くぞー!
Triple H(트리플 H/トリプルエイチ)のデビューでもある前作『365 FRESH』が大のお気に入りだった私は、2ndミニアルバムの新タイトル曲『RETRO FUTURE』のMVを見ながら、当時そんなことを考えていました。フイとイドンもPENTAGONで『SHINE』をヒットさていたことで、より均等なパワーバランスとなった今回のカムバにはかなりの期待を寄せていました。しかし、とあるニュースが飛び込んできたことで、私の筆は完全に停止することになります。

8月2日(11:11)


キム・ヒョナ&PENTAGON イドン、Triple Hユニット内で突然の熱愛説…事務所が即否定

8月3日(11:41)


PENTAGON フイ& (G)I-DLE スジン、デート写真流出で熱愛説が浮上…CUBEがコメント「すでに別れた」
ニュースを見た当時の私は、大事なカムバの時期に何してんねん。とは思いましたが、まぁ所属事務所のCUBEエンターテイメントは否定してるし、フイは別れたって言ってるし、そんな問題にはならんだろうな、と甘く見ておりました。(G)i-dleもカムバ控えてんのにCUBE踏んだり蹴ったりだなぁ。と思った程度です。

8月3日(12:45)

キム・ヒョナ、PENTAGON イドンと熱愛宣言「素直に言いたかった」…事務所否定から一転

“本当に正直になりたかったです。いつも応援して見守ってくださるファンの方々のために、いつものように楽しく堂々と、ステージの上で一生懸命に頑張ります。ありがとう、愛しているという言葉では本当に不十分ですが、他に表現する方法がありません” _ヒョナInstagramより

そのわずか1時間後、なんと、ヒョナがインタビューを受け「交際している」ことを認め、自身のInstagramでも同様のコメントを投稿します。しかもこの少し後、どさくさに紛れてPENTAGONのメンバーであるユウトもCLCのイェウンと交際説が浮上しており、私は個人的にイェウンが好きなのでこっちの報道にはちょっぴりショックを受けていましたw

8月3日(18:04)


“熱愛発覚”キム・ヒョナ&PENTAGON イドン、交際2年目を告白…MVでのキスシーンも話題に
そして番組収録のため公の場に姿を表すTriple Hの3人。しかも交際期間は3年目(記事タイトルでは2年目となっていますが、交際期間が2年間の間違い)だということが判明します。

元々はヒョナが2015年8月21日にリリースした『잘나가서 그래 (Feat. 정일훈 Of BTOB) (Roll Deep)』のカムバック活動時にイルフンの代役として練習生であったイドンが起用されたことが出逢いとのこと。この抜擢も故意か偶然かは知る由もありません。ただ『365 FRESH』が2017年5月から活動しているので、それよりも1年も前に交際は始まっていたことになります。てっきりTriple Hの活動中に仲良くなったのかと思ってたら、彼氏ともっと一緒に居たいからユニット活動を始めたという、なんとも淫らな時系列が浮き彫りになったのです。また、ヒョナがどれだけうまくCUBE上層部にプレゼンしたか知りませんが、いちアーティストの意見で私欲ユニットの活動が許されるということは、CUBE内におけるヒョナの権力というものが相当なものであるということが伺えます(CUBEでの実績やキャリアを考えるとイドンが主体で動いているとは考え難く、偶然の産物というのもいささか無理があります)。

ちなみに記事には『RETRO FUTURE』のMVにキスシーンがあったと書かれていますが、『365FRESH』のMVにはより明確なキスシーンがあります。
『RETRO FUTURE』
『365FRESH』

8月3日(18:15)


PENTAGON、日本人メンバーも…3人続けての熱愛報道にCUBEがコメント

そしてCUBEがそれぞれの熱愛報道に対して、ヒョナ&イドン「温かく見守ってな」、フイ&スジン「別れたよ」、ユウト&イェウン「ラッパー友達だから、恋愛感情ないよ」と公式の声明を出します。正直ヒョナ&イドンとユウト&イェウンに関しては事務所の立場を明らかにしているので、まぁ納得いくんですが、フイ&スジンに関しては、ただ事実を述べただけなので釈然としないものが残ります。

8月4日(11:43)

熱愛報道の余波?Triple H、本日のファンサイン会&「音楽中心」事前収録が続々中止に…事務所が発表
「?」の必要もなく、サイン会と事前収録がキャンセルになります。このころからPENTAGONのファンが怒っているといった類の噂がチラホラ出始め、SNS上でもアイドルの恋愛についての論争があちらこちらで見受けられるようになります。私が目にした中でなるほどなと思ったのは、どちらのファンでもないKポップ通の方が「付き合っていても、そうでなくてもどっちでもいいけど、Triple Hはヒョナがフイとイドンのどちらかと付き合っているかもしれないというスリリングな関係が魅力だったから、グループの設定として熱愛を認めないで欲しかった」という意見です。

8月5日(15:22)

“熱愛発覚”キム・ヒョナ&PENTAGON イドン、報道後初ステージで密着スキンシップ披露

https://youtu.be/Qv5vCCy2W7E?t=17s

熱愛報道直後の3日に放送されたテレビ収録「Music Bank」での模様。この時はまだ明るい未来を信じてたからなのか、浮き足立っていたヒョナがパフォーマンス中に転倒してイドンに起こされるという一幕も。

8月6日(12:03)

熱愛発覚の影響?Triple H、相次ぐ出演キャンセルから突然のカムバック活動終了へ
4日MBC「ショー 音楽中心」に続き、5日「人気歌謡」への出演もキャンセルされ、通常3週間ほど行われるカムバック活動も若干前倒しで終了することになります。ただこの時点でのCUBEの声明は「内部事情」としか明かされていません。

8月6日(13:49)


【PHOTO】キム・ヒョナ、グラビア撮影のためアメリカへ出国…熱愛発覚後初めて報道陣の前に
ロサンゼルスでのグラビア撮影のため空港に現れるヒョナ。まるで高跳びのようですが、カムバック活動終了後のスケジュールであるため、もともと予定されていたものです。

8月8日(11:46)

PENTAGON イドン、日韓ともにスケジュール不参加を発表…熱愛の余波か
11日に開催される予定のファンクラブ創立式(韓国では、ある程度人気が出てきてからファンクラブが設立される。PENTAGONのファンクラブ名は「ユニバース(UNIVERSE)」)にイドンが「内部事情」と中国人メンバーのイェナンが「スケジュールの都合」で参加しないことが発表され、ついでに日本のスケジュールにも参加しないことが発表されます。熱愛報道後、チケットのキャンセルが相次いだため、それを水際で食い止めようとCUBEが取った処置みたいです。この辺りから私も雲行きの怪しさを感じるようになりました。

8月10日(17:46)


広がる波紋…熱愛発覚のキム・ヒョナ&PENTAGON イドン、9月開催の「仁川K-POPコンサート」も出演中止に
9月1日に開催される「INCHEON K-POP CONCERT 2018」にヒョナとPENTAGONの2名が不参加になったことが発表されます。

8月13日(14:30)

“熱愛発覚”PENTAGON イドンも登場…今夜放送、Triple Hの「スクールアタック」に関心集中
『RETRO FUTURE』発売前、つまり熱愛報道のだいぶ前に収録されていたTV番組が放送。

8月15日(11:51)

キム・ヒョナ、熱愛宣言後初めてインスタ更新…ファンからは応援の声も
ヒョナがロサンゼルスでのグラビア撮影の模様をInstagramで更新しました。ファンは「長い間待っていた」「相変わらず美しい」「いつも堂々とした姿を見せてほしい」といったコメントを送ったそうです。この時に、あれ?PENTAGONのファンと随分違う反応だなと感じました。

8月22日(16:04)

PENTAGON イドン&イェンアン、活動休止へ…事務所が公式発表「しばらく8人体制で活動」
イドンとイェナンが活動を休止することが発表されます。以前発表されたものから、イドンは「内部事情」という説明がなくなり「暫定的に」とだけ書かれています。イェナンは「スケジュールの都合」から「健康上の理由」に変更されましたが、過去にも怪我や体調の影響で活動を休止したことがあり、最もらしい理由と言えます。イドンは休止に理由が明記されなくなったことで、逆説的に要因が確定したと言えます。

8月29日(17:45)

PENTAGON、9月カムバック決定…活動休止中のイドン&イェンアンを除く8人体制で活動へ
カムバが差し迫っているPENTAGONは、改めて8人体制での活動を発表。

8月31日(18:08)

キム・ヒョナ、相次ぐ出演キャンセルに自らコメント「とても残念に思っている」
イドンの活動休止に呼応するように、ヒョナもキャンセルを発表。イドンがバッシングを受けている間、ヒョナはグラビアを発表したりイベントに参加するなどで(表面上は)元気に活動しており「なぜ、ヒョナは罰を受けずに笑っていられるんだ」といった類のバッシングを受けていたことが影響していると思います。

9月6日(17:54)


PENTAGON イドン、活動休止中にもニューアルバムの制作に参加…作詞・作曲に名を連ねる
9月10日に公開されるPENTAGONの7thミニアルバム「Thumbs Up!」。そのタイトル曲である『Naughty boy(청개구리/アマガエル)』の作詞・作曲にイドンが参加していたことが明らかになります。またフイも同様に作詞・作曲に名を連ねており、ユウトとウソクもラッパーなので作詞に参加しています。怒りの矛先であるイドンの楽曲なので、再び炎上するかと思われたのですが、これに関しては話題性はありましたが、怒りの声というのはほとんど聞こえてきませんでした。曲に罪はないと思っているのか、それともイドンの曲作りの才能に関しては認めざるをえないといった心境なのか、それともPENTAGONを人気グループに押し上げてくれた『SHINE』と同じ編成だったことが、溜飲を下げざるをえなかったのか、はたまたそれらの複合的な産物なのかもしれません。ただその潔癖性を押し付けるファン心理とは微妙に齟齬のある現象だなという印象です。

9月7日(12:03)

PENTAGON イドン、キム・ヒョナとの熱愛公開に対する心境告白「とても怖かった…」(全文)
イドンは懺悔と贖罪の意味を込めて、そしてPENTAGONのカムバを後押しするために長文の手紙をファンに向けて公開します。

【イドン 心境文全文】

こんにちは、皆さん。イドンです。

このように突然、そして遅れて手紙で初めて心境を伝えることになって申し訳ありません。

8月に開催したファンたちとの出会い、メンバーたちと一緒にありがたい気持ちとときめく気持ちで頑張って準備したファンクラブ創設式で、ファンの方々の前で直接目を見て発表したかったのに、やむを得ず参加することができませんでした。

そのため、堂々と公演し本音を伝えるつもりだった僕が突然消えてしまって、困惑したであろうファンの方々に大変申し訳なく、手紙を通じて皆さんに僕の気持ちが伝わるのかは分かりませんが、不安な気持ちでただ待っているファンの方々に僕の気持ちと近況を少しでも知らせたくて手紙を書くことになりました。

このようなことが発生する前に、僕の選択が正しいのかメンバーたちと数回話し合い、決定する前まで、僕も非常に怖かったです。でも僕が選択したことなので、むしろその後は、嘘をつくよりは率直に話した方がいいだろうと思うようになり、皆さんの前に立とうとしました。

一日も早くファンたちに会って、率直な姿でステージに立つという約束を守りたかったけど、今回の活動もその約束を守ることができなくなって残念に思っています。

それでもこのように、メンバーたちと一緒に良い姿を見せるために頑張って作業した音楽を通じて今回の活動に一緒に参加することができて、幸いだという気持ちもあります。

たとえ僕が直接ステージに立つことができなくても、心を込めて作ったアルバムをファンたちと一緒にメンバーたちを応援します。

僕には一ヶ月という長い時間がありました。最初は憎まれるだろう、傷つけてしまっただろうと心配になったり、いろんなことを考える時間でした。

そして今になって、手紙を通じてでしか僕の気持ちを伝える方法がないという現実が悲しいです。

次は僕たちがどんな姿で、どういう風にまた再会できるか僕もよく分かりませんが、その日まで元気に、幸せでいてほしいと祈りながら過ごします。

大変申し訳なく、会いたいです。機会があればまた近況をお伝えします。

9月11日(11:47)

キム・ヒョナ、恋人イドンを応援?…PENTAGONの新曲「アマガエル」をインスタでPR

View this post on Instagram

Hyun Ahさん(@hyunah_aa)がシェアした投稿


これもイドンの楽曲同様、炎上するかと思われたのですが、一つの記事として消費されただけという印象でした。なんだか熱が下がってきている気がして意外と早く解決するかもと、甘く考えていました。

9月13日(12:28)

熱愛宣言のキム・ヒョナ&PENTAGON イドン、契約解除へ…事務所が発表「信頼回復が不可能」
と、思っていたところ。まさかのCUBEからのクビ宣言!理由にある「信頼回復」とはファンと二人の関係ではなく、事務所と二人の関係についてのことでした。このことからヒョナの熱愛を認めたことが独断だったということが明らかになり、同時にヒョナのような稼ぎ頭を切るということはCUBE側もかなり逼迫した状況(CUBEの株価が暴落)を迎えていたことが明らかになります。

9月13日(17:24)

PENTAGON、イドン&キム・ヒョナの契約解除ニュース後に登場…「M COUNTDOWN」収録に参加

8名体制で初の音楽番組へ出演。当然イドンの姿はありません。

9月13日(17:24)

キム・ヒョナ&PENTAGON イドンの退出めぐり、立場一転…CUBE側「来週中に理事会で議論」
なんとなんと CUBE側が突然態度を軟化させ「会社としてはまだ公式的な決定をしていない」と明かします。いやいやwじゃあさっきのなんやねんwと、熱愛発覚時と同様二転三転する気配をみせ、CUBEの運営能力そのものを疑いたくなるような稚拙な対応をみせます。実際はマスコミの早とちりだったということらしいですが。

9月14日(07:03)


CUBE本社に花輪、ヒョナとイドンの退社を祝う

CUBEが飛翔するためにヒョナとイドンの退出を歓迎する _花輪に書かれた文

煮え切らないCUBEに憤りを感じたのか、ファン(?)がCUBE本社前にヒョナとイドンの退所を祝う花輪を贈りつけます。SNS上でも、このテロリズム的な行為には流石にやり過ぎだろと嘲笑う声が多く聞こえてきました。

9月17日


ヒョナAOMGへ
そんな喧騒の中、ヒョナのスタイリストがInstagramのストーリーズ(24時間で消えてしまう投稿)に、AOMGのロゴとともに「上手くやりましょう」とメッセージを投稿します。また本人のプロフィールの欄からCUBEの名が消されており、ヒョナの移籍先がAOMGなのではないかと憶測がとんでいます。 AOMGは元2PMのジェイ・パークが代表を務めるヒップホップ系のレーベルで、ジェイ・パーク自身も過去に素行不良でJYPを追い出された経験があるため、共感するところがあったのかも知れません。ヒョナのキャリアや奔放なキャラクターを考えるとAOMGとの相性は非常に良いと思いますし、むしろ移籍することが怪我の巧妙になる可能性は高いと思いました。   そして、週明けの9月24日にはCUBEの理事会で議論された結果が出るはずです。


この話の本質はもちろんアイドル同士の恋愛にあります。しかしながら、その問題を肥大させた主な要因はヒョナとイドンのファン像の違いにあったと私は考えます。ヒョナはキャリアもあり妙齢の女性です。経験上、素直に公表すればファンの理解が得られると考えたのでしょう。実際ヒョナのファンからはそれに近しい反応が見られます。

一方で「PENTAGON MAKER」というリアリティ番組から生まれ、CUBEという大手事務所に所属し、若手スター候補であったにもかかわらず、これまで低空飛行を続けていたPENTAGON。しかしながら前作『SHINE』では印象的なシュートダンスとともにチャート逆走を経験し、ようやくグループの代名詞となるヒット作が生まれました。Triple Hの活動でさらに知名度を上げ、次の曲もヒットすれば一気にメジャーシーンに駆け上がれる、そんな大事な時期に発覚したのが今回の「熱愛」でした。売れない頃から支えてきたと自負するファンからすれば、裏切りだと思うのも当然でしょう。しかも相手はPENTAGONの置かれている状況を理解しているはずの、事務所の先輩なのですから。さらにCUBEの対応の悪さも相まって、二人はついに退所まで追い込まれてしまいました。おそらく最後まで認めずにいれば、一定期間の謹慎だけで済んだかもしれません。

韓国では少女時代がパートナーの存在を明かした時に、比較的暖かい目で見られていたりとアイドルの恋愛に関しては日本よりだいぶ寛容なイメージがあったので、ここまで問題が大きくなってしまったことは意外でした。私自身もこれらの事象を追い続けているうちに『RETRO FUTURE』の記事を書こうとしていたことなどは、すっかり過去のものへとなっていました。

しかし、

そんな私の止まっていた筆を動かしたのは9月10日に公開されたPENTAGONの新曲『Naughty boy(청개구리/アマガエル)』でした。前作『SHINE』の系譜とも呼べる、戯けた歌詞とモダンでナンセンスなメロディに私の心は魅了されました。イドンの曲作りの才能に疑う余地はすでになく、PENTAGONにおける存在感はMVにいないことでさらに際立ちました。

曲の中には今回の件、まるで未来を予測しているような歌詞が散りばめられています。

저 구름 동산 위에
あの雲の丘の上

바다 같은 우물을 짓고
海のような井戸を建てて

아리따운 우리 님과
麗しいあなたと

천년만년 살고 싶어
千年万年 生きたい

以上はサビからの抜粋です。イドンがどの部分を担当しているかはわかりませんが、作曲まで関わっていることを考えれば、かなりの意見が反映されているに違いありません。
そして最後の大サビ前、切なげなメンバーの表情と共に以下の字幕が差し込まれます。

The reason I kneeled down was
내가 쑤그리고 있었던 건
僕がつまずいたのは

to get ready for leap
추진력을 얻기 위함이다
大きく飛躍するためだった

 
続いて、こう歌い上げられます。

If I die tomorrow
もし僕が明日死んだとしても

常識的に考えれば曲は熱愛騒動よりも前に完成しており、サビにある“麗しいあなた”をヒョナに結びつけてしまうのが普通です。しかしMVは字幕として後から付け足すことができます。一連の騒動を受けたCUBE及びPENTAGONの製作陣は、祈りにも似たある種の願いを込めたようにも見えます。

ファンの怒りの声によってカムバが中断され、活動休止を経て、退所という“死”に追いやられてしまったイドン。しかし、それを“つまずき”に変えることができるのはファンだけであると。千年万年生きたいと願う“麗しいあなた”がファンを指しているのだとしたら?

ヒョナと違い、イドンはPENTAGONという井戸の中でこそ輝くカエルです。彼の受難は、その犯した罪を超えているように私は思います。また、その有り余る音楽的才能を奪うことはPENTAGONやKポップファンにとっての損失でもあります。重い十字架を背負ってしまったイドンが再び“飛躍”するために、ファンとの絆が今、試されようとしています。


11月18日追記

去就が注目されていたヒョナとイドンですが、両人ともにCUBEと契約解除することが公式発表されてしまいました。

熱愛中のキム・ヒョナ、CUBEエンターテインメントと契約解除…PENTAGON イドンに関する発表はなし

“キム・ヒョナと熱愛” PENTAGON イドン、専属契約解除…CUBEエンターテインメントが公式発表

PENTAGONとイドンの音楽性を信じていた自分としては、とても残念な結果になりましたが、二人の有り余る才能が放って置かれるとも思いませんし、必ずどこかの大手事務所が救いの手を差し伸べてくれると思います。契約解除のニュースが出た後もラブラブな姿を見せ続けてくれている二人は、結果的に愛に生きたという選択となりましたが、それが間違いでなかったと今後の活動で証明してほしいものです。

 

最新情報をチェックしよう!