ALL YOU NEED IS KPOP!

【Heize】白に封印された赤い感情【First Sight】

愛しのダヘちゃんことHeize(本名:チャン・ダヘ/장다혜)が、今年3月8日にリリースされた4th.EP「Wish & Wind」以来、6thシングル「First Sight」で9ヵ月ぶりにカムバック。

これまでの彼女は、熊(着ぐるみ)の恋人に張り手をかます、蹴る、バットで殴る、果ては火を放つなどをし、ある時は彼氏の飲んでいるコーヒーにこっそりと唾を垂らし、またある時は上半身のみのヒューマノイドになり、その心の内を歌ったりと、彼女独特の愛を感性あふれるMVで表現してきましたが、今回の「First Sight」はこれまでと一味違った美しくも苦しい、ある愛に囚われたダヘちゃんのお話。

タイトルの「First Sight」は「一目で」という意味ですが、原題の「첫눈에(チョンヌネ)」も同様です。しかしこれにはもう一つ意味があります。「첫눈=一目」は同音異義語で「初雪(첫=初 눈=雪」でもあるのです。韓国の方達、特に恋人や片思い中の人にとって初雪は特別な意味を持ち、その時に告白すると結ばれると言われています。

その「첫눈=一目=初雪」が織りなす物語とは。



画面に流れる赤い液体。それは徐々にリンゴを形作っていきます。MVを通して象徴的に何度も出てくる“赤色”。これはHeizeが恋人を想う愛を表しています。


その一滴が真っ白な雪の上へ落ちると


深紅のケープを纏ったHeizeが現れます。


Heizeを見つめる若い男性。その視線の先には


ピアノを弾く男性の傍に腰を下ろす、赤いドレスを身につけたHeizeが。


Heizeは男性の手を握りますが、彼は手を引き、その場から立ち去ってしまいます。


若い男性はHeizeの肩に手を添えますが、彼女が目で追うのは白いコートの男性です。


少しくぐもった窓ガラスの向こうで、寂しげな表情を浮かべるHeize。それは離れていってしまった恋人に対する彼女の孤独な感情を表しています。


画面が切り替わると、そこは柔らかな光の差し込む自然の中。


しかしその場所は徐々に陽が落ちて雪が舞い、葉や木々が放つ色彩が薄らいでいきます。この2つの場面は、満ち足りていた恋人との関係が変化していく様子を表しています。


挿入されるモノクロのフラッシュバックシーン。白いコートの男性の横に座るHeize。表情のない2人からは、すでにその関係が終焉に向かっていた事を示唆しています。


ドレス、景色とも白で覆われた世界。


たぎるような赤い2つの惑星は互いにぶつかり、形を歪めます。これが何を表しているのかは明白でしょう。


冒頭に登場した若い男性は、何かを思いやるような悲しげな目つきをしています。


若い男性が見つめていたのは、やはりHeize。しかし彼女は見えない壁のようなものの向こう側にいます。


まるで苦しみからの解放を望むように腕を振り下ろすと、ガラスにヒビが入ります。

しかし救いの手を求めたのは若い男性にではなく、それはむしろ彼の気持ちに答える事ができないという表れでもあります。


再びピアノを弾く男性の側にいるHeizeですが、ここでは最初とは違い、真っ白な衣装を身につけています。


モノクロの世界を飛ぶ一羽の鳥。この鳥が意味するのは、Heizeの元を離れていった恋人の心情です。


再度惑星がぶつかりあいますが、赤い色はすでに失われていて、終わりを告げるように眩い閃光が一瞬画面を覆い、同時に鳥が飛んでいきます。


時を遡るように映し出される深紅のケープを纏ったHeize。


雪の上に横たわる彼女の側には、かじった跡のあるリンゴ。それは彼への想いに囚われ、抜け出すことの出来ないHeizeの悲しみを意味し、決して手の届かない上空を飛び去る鳥が、残された彼女の孤独さを強調しています。


淡い光の刺す場所で何かを見つめる若い男性。


そこには覚めることのない眠りについたようなHeizeの姿がありました。


このMVのベースになっているのはダヘちゃんの好きなディズニーであり、赤ずきんを思わせる衣装やシンデレラといった要素が見て取れます。そして一番には、彼女が愛してやまない「アナと雪の女王」のオラフです。雪はもちろんのこと、元恋人や彼女の衣装で印象的な白、そして「私はあなたのためなら溶けてしまってもいい」という歌詞は、オラフのセリフからの引用でもあり、それ以外の歌詞にもいくつか着想を得ているとの事です。

一目見て恋に落ちてしまったであろう恋人との終わってしまった関係を、韓国の方達には意味深い”初雪”と掛け合わせ、過去の思い出から抜け出す事の出来ない切ない女性の気持ちを叙情的な歌詞とメロディにのせて歌った「First Sight」。これを手がけたのは2016年以降、Heizeのほとんどの楽曲でタッグを組んでいるDAVII(다비/ダビ)。


本名:チェ・ギュワン(최규완)。1992年生まれの作詞・作曲家/プロデューサー/シンガー。

4月15日に幕張で行われたKコンには2人揃って登場し、5月23日にリリースされたDAVIIの曲「나만 이래 (Only me)」にはHeizeがフィーチャリングで参加したりで、何かただならぬ雰囲気を醸し出している両者。

このMVでは相変わらずプレゼントを蹴っ飛ばしたりしてくれるダヘちゃんですが、なんだったら彼女がラップをしなくなったのはコイツのせいなんじゃないかとすら思ってしまいます。まぁ意外と恋人に染まっちゃうタイプっぽい彼女ならば、仮にそうだとしてもしょうがないかなと。全部勝手な想像の域を出ませんが。

2018年も終わりまであと僅かという所に来ていますが、未だに本国でもライブは行われていないダヘちゃん。曲はそこそこの数がありますが、韓国の他のアーティストと同様、フィーチャリングされた楽曲も少なくないので、もう少し単独でやった曲が必要なのかしら。

残念ながら今回も私の想いは届かず(このカムバ前にゲームとのコラボを出したHeizeの記事がありますので、興味のある方はこちらをどうぞ)にラップは封印されたままでしたが、この目でライブを観るまで希望は持っておきたいと思います。

あれ、でもこれってまさしく今回のMV同様、過去に囚われて抜け出せない想いを引きずっているだけなのか?イヤだ!ラップを聴かせてくれるまで、オレは眠っちゃうからね!だからオラフにしたように、オレにはそのフロウで起こしてくれ!ちょっとでいいから。

最新情報をチェックしよう!