ALL YOU NEED IS KPOP!

【Berry Good】春よ来い。早く来い。【이 겨울에 (This Winter)】

おい…なんじゃこりゃあ…。

「なにって、Berry Goodのウィンター・ソング“이 겨울에 (This Winter)”でしょ?」

って、えぇ、そんなことは分かっております。

デビューしてから4年3ヵ月、ようやく今年の8月に1stフルアルバムをリリース出来たBerry Good初のシーズンソングですよ。

「Love Letter」でデビューしたのが2014年5月22日。しかしそこから半年余りでメンバー5人のうち3人が抜け(残ったのはテハとコウン)、その公式アナウンスからひと月で3人補充(ソユル、ダイェ、セヒョン)される事が発表され、2nd、3rdシングルをリリース。「ようし、いきなりつまづいたけど、ここからここから!」と思ったら、それまで全ての楽曲を手がけ、親同然でもある専属プロデューサーが病で他界。大きな悲しみを乗り越え、チョヒョンが加わって現体制になりますが、知名度を上げるために参加したMIXNINEでは全員見事に討ち死。その後リリースした楽曲もMVのコンセプトミス、カムバのタイミングの悪さ、タイトル曲の選曲ミス&総合的には事務所の力不足などで、曲自体は良いのに低空飛行どころか墜落寸前のBerry Good。
一応9月には日本オフィシャルサイト兼ファンクラブサイトがオープンし、10月には新宿BLAZEで1stコンサートも行った訳ですが、セヒョンが来日前に足を骨折して不参加など、どうにもこうにもベリドッグな彼女たち。

8月のショーケースではチョヒョンとテハがそれぞれ「最後のつもりで」という言葉を使っていたので、「12月にウィンターソングを出しますよー」という告知があった時には、「あぁ、また無事に曲を出せるんだ。良かった良かった」と胸をなで下ろしていたのに…。

MVは新たに撮影されたものではなく、1stアルバムのタイトル曲「Green Apple(풋사과)」の時にやったショーケースかコンサートの模様やバックステージなどを映したものが挿入されています。

そこはいいです。骨折したセヒョンがいないのもしょうがない。問題はその他の映像です。

安っぽい雪のCGが入っているのが今回のもので、3つのMVから出来ています。別に以前のMVを使うのはいいです。時期的な事を考えれば「今年1年ありがとう!来年も頑張ります!!」という意味を込めてとも言えますし。しかし、この3つ、

上:2016年4月リリース「Angel
中:2016年10月リリース「안 믿을래 (Don’t believe)
下:2017年4月リリース「BibbidiBobbidiBoo(비비디바비디부)

です。

なんで?ねぇ、なんで?

「Angel」なんてチョヒョン加入前のやつだし。

「今年1年ありがとう」なら「Green Apple(풋사과)」と「Mellow Mellow」でいいじゃない。夏っぽ過ぎるから?

こことか

ここに降らせばいいじゃない。

こんな格好して室内で雪が舞ってるんだから全然問題ないですよ。

なんだったら4月に出したテハ、セヒョン、コウンのユニット「Berrygood HEARTHEART」の「난리가 난리가 났네(Crazy, gone crazy)」もあるんだし。

ここにもいけますよ。

わからんなー。なんであの3つを選んだのか。

「이 겨울에 (This Winter)」を最初に観た時、歌がさっぱり頭に入ってきませんでした。それは「あれ、こんな作り方してるって事は、いよいよアレか?」なんて思ってしまったからです。

それは歌詞にもありまして

君を大切にしてきた時間が足りないみたいだけれど

勇気を出して言って 今は君と一緒にいたいって

なんて歌われてて

私の変わらない愛があなたと一緒にいるから

いつまでも

と締められているからです。なんかとても意味深に思えて仕方ありません。

とはいえ、これがデビュー曲から全てのタイトル曲がダイジェスト風に入っていれば、もう決定的とも言っていいのかもしれませんが、そうではないので、MV制作チームが超適当だっただけなのかもしれません。変な所でサブリミナル的に一瞬、テハとかコウンの顔、なんでそこ?っていうカットが入ってたりするので。

それでまた春頃にカムバしてくれれば「なんだー、思い過ごしだったかー」で済むんですが…。

とりあえずまもなくやってくる年越し。彼女たちが笑顔で過ごしてくれる事を願うのみです。

最新情報をチェックしよう!