ALL YOU NEED IS KPOP!

【TWICE】LIKEY vs LIKEY【徹底比較】

宣告します。

このブログは病に侵されています。

それはコンピューターウイルスではありません。

 

TWICEを定期的に観ていないと死んでしまう

恋の病です。

年が明け、休暇をもらい、カムバックの予定もない状態では


たとえチェンが新しい髪型で私たちを虜にしているとしても

その心が満たされることはないのです。

 

MVも、音楽番組も、VLIVEも、ライブのDVDも

穴が開くほど観てしまった私たちONCEは

どうすればいいのでしょう?

 

このままでは

死因:TWICE

となってしまいます。
(それはそれで幸せではあるんですが…)

 

そんな末期症状のONCEにも効く方法が一つだけあります。

JYP医科大学のモチ・ゴリラ教授と

日本ワーナー音楽研究所が共同開発した新療法

日本語ver.

を聴きまくるです。


3月6日、日本向けに発売される2ndベストアルバム『#TWICE2』から、デジタル先行配信として「LIKEY -Japanese ver.-」が公開されました!

前作ベストアルバム『#TWICE』は、それまでに本国でリリースしていたタイトル曲「Like OOH-AHH」「CHEER UP」「TT」「KNOCK KNOCK」「SIGNAL」と、その“-Japanese ver.-”を収録した、日本デビューアルバムです。その時に公開されたのは「SIGNAL -Japanese ver.-」でした。その時はなぜか(Short ver.)という、「は?ONCE舐めてんの⁈」って感じでしたが、今回は反省ゴリラなのかフルサイズです。

前述のSIGNALが本国リリースとのスパンがあんまなかったこともあり、「LIKEY -Japanese ver.-」のMVを最初見たときの感想は

撮ってたんか〜い!

って感じです。だって「LIKEY」のアルバム『Twicetagram』出たの2017年の10月30日ですよ。1年以上前ですよ。“撮ってるはず”っていう予測もどっか行ってましたわ。まぁベストアルバムが出せるぐらい曲が溜まるのを待ってたってことなんでしょうけど…寝かしすぎやろ!休みの日のミーたんぐらい寝とるがな。

という憤りが収まって、再度観た感想は

懐かしい!

TWICEぐらいキャピキャピしたヤング(古)の一年前なんて、じじいの100年前ですがな。みんな若い!チェヨンなんて生まれたてやんけ!

ただ、美しい想い出というものは鮮明に残っているもんで、「あれ?結構原曲と違うな」と日本語ver.ならではの発見がいくつかあったので、今回はまるっと比較してみたいと思います。

なんでそんなことするのかって?

それは私たちが病気だからです。

「LIKEY -Japanese ver.-」

作詞/曲:ブラック・アイド・ピルスン/チョングン
編曲:デモ
日本語訳詞:Mayu Wakisaka

ナヨンジョンヨンモモサナジヒョミナダヒョンチェヨンツウィ

歌詞はこちら

冒頭の衝撃…

“いい波”じゃなかったのか…

そんでもって

チャカマ(잠깐만:チャンカンマン)無し!

いやまぁ、それに関してはジョールジマの前科あるんで分かってましたけどね。

 

ということで、次は本国版の訳詞です。

「LIKEY」

作詞/曲:ブラック・アイド・ピルスン/チョングン
編曲:デモ
日本語訳詞:KPOPWATCHMEN

ナヨンジョンヨンモモサナジヒョミナダヒョンチェヨンツウィ

ときめく Me Likey
Me Likey, Likey, Likey
Me Likey, Likey, Likey

ドキドキドキHeart Heart)
Me Likey
Me Likey, Likey, Likey
Me Likey, Likey, Likey
ドキドキドキ

どんどんアップしたくなる
些細なことまで何もかも全部

画面の中の私を一番可愛く見られたい
まだ隠しておくわ こんな私の気持ち じっと

オシャレするのってほんとめんどくさい
だからって絶対に手を抜くことはできないの Oh…

毎日胸をドキドキさせる あなたさえ気づいてなければいい
それなのにちゃっかり

BBクリム パパパ
リップスティックをマンマンマ
カメラに収めてみようかしら 可愛く

これを見たら笑ってね
そして必ず押して
下にある可愛い 真っ赤なHeart Heart)

だけどいいねって言葉はありきたりで
私の気持ちを表現するには物足りないの

それでも好き 眠れなくっても
そのせいで遅刻したっていいの

ときめく Me Likey
Me Likey, Likey, Likey
Me Likey, Likey, Likey

ドキドキドキHeart Heart)
Me Likey
Me Likey, Likey, Likey
Me Likey, Likey, Likey
ドキドキドキ

息をぐっと止めて ジッパーが上げて
もう一回腰をギュッ
よいしょ 入った Baby
世の中には可愛い服が
あまりにも多すぎる
Woo…

BBクリム パパパ
リップスティックをマンマンマ
カメラに収めてみようかしら 可愛く

これを見たら笑ってね
そして必ず押して
下にある可愛い 真っ赤なHeart Heart)

だけどいいねって言葉はありきたりで
私の気持ちを表現するには物足りないの

それでも好き 眠れなくっても
そのせいで遅刻したっていいの

ただ見つめてるわ
何も言えないの oh

もう少しだけ近づいて 私の気持ちをわかって欲しい
もうこれ以上隠したくない

Ooh 今日に限って気分が憂鬱
そうじゃないフリしてみても悲しいな

あなたのせいで拗ねてたのに
人の気も知らない友達が出てこいって私を呼ぶ

Uh ちょっと待って ちょっと待って
連絡がやっと来たわ
一日中気分が行ったり来たり
泣いてたと思ったらまた浮かれて踊っちゃう

ときめく Me Likey
Me Likey, Likey, Likey
Me Likey, Likey, Likey

ドキドキドキHeart Heart)
Me Likey
Me Likey, Likey, Likey
Me Likey, Likey, Likey
ドキドキドキ

うん、よくわからん!

比べといてなんなんですが、歌詞はあんまり差がないっすね。強いていうなら、日本語の方かまろやか、気持ち可愛らしい表現が多いってぐらいですかね。

ということで、ここからが本題。全編カナダで撮影されたMVの比較でヌンデ。ここが違うよ!ってところを紹介していきます。歌詞紹介の順番と同じく、上が日本語ver.で下が本国ver.です。


00:19
日本語ver.の方はなぜかダーちゃんのへんてこダンスがカットされてました。その分ペンギンと鳥バードの共演長め。そういえばミナのこのワンピ、逆ペンギン柄ですね。


00:22
アイドルになるために生まれてきた女ことサナのリップシンク(口パク)。さすがです。ほとんど同じ。


00:37
ナーちゃんのリップシンク。他のリップシンクシーンと比べても、ここまでカット割りが違うのはここだけなので、おそらく素材がたくさんあった(カットを重ねた)ってことなんだと思います。この髪色いいなぁ。


00:43
ジヒョのソロの導入部。引いたり寄ったりするカット割りがテレコになっています。


00:53
ここはほとんど大差無し。しかしジョンヨンってスケボーキャラなのにあんまり上手そうに見えないんですよね。脚が長すぎるからかな。


01:13
日本語ver.の方はセルフィー多めに入っています。両方ともツウィ中心のアングル。


01:21
日本語ver.の方はみんな真面目に踊っていますが、本国ver.はチェンダーが後ろでふざけています。


01:35
こちらはアングルが若干異なり、日本語ver.の方がサナに近いです。


01:51
こちらも距離感が違います。パイオツカイデーの方が本国ver.です。


01:51
口の動き以外はほとんど差がないシーン。ジョンヨンて日本語だと少し歌唱力が下がってるように聴こえるんですが、気のせいでしょうか?


02:03
二回目の「卵かけブゲー」シーンです。一回目も同じ手法なんですが、一回目の方は恐らく同じカットのコマ撮りから、口の形に合う静止画を選び再編集しています。なぜ二回目のシーンだけピックアップしているかというと、こちらはメンバーが写っている背景は同じカットなんですが、手前にいるモモりんは別で日本語ver.用のカットをちゃんと撮影しているからです。要するにこちらのシーンは合成ということです。


02:13
ツウィサナと同じ資質の持ち主で、ほとんど変わりがありません。


02:21
我が愛しのミーたん中心のダンスシーンで、ここはなんとびっくり!フォーメーションが変わっています!一応ダンスビデオ確認してきましたら、本国ver.の方が合ってました。


02:27
本国ver.は体育館と公園の2シーン、日本語ver.は路地オンリーです。


02:34
「ずっと見てるんでしょ」という歌詞に合わせて日本語ver.では、ジヒョがより近くで歌ってくれます。


02:46
こちらもあまり代わり映えのないリップシンクシーン。アイドル力の高い人ほど、同じシーンを同じように撮れる傾向がある気がします。




02:51
ついに来ました!山場のラップパート。チャカ間違い探しですYO!


03:18
本国ver.の方にのみダーちゃん中心のカットがあります。


03:32
ここは唯一と言ってもいい日本版のMVに向けての明確な配慮があります。文字情報のハングルが、英語もしくは日本語に置き換えられていてPIXAR映画のようなこだわりを見せてくれています。ただ、結構文字が小さいのであんまり気づいてもらえなさそうです。


03:38
日本語ver.のラストシーンでは「アルバム名」「JYP」「NAIVE(MV制作会社)」が削除されています。アルバム名は「#TWICE2」になるので言わずもがなですが、「JYP」と「NAIVE」に関しては版権元がワーナー・ミュージック・ジャパンに移行するためだと思います。

以上で、日本語ver.本国ver.の比較は終わりです。

この「LIKEY」という曲、個人的にはTWICEの中でもMV含めてトップクラスに好きなんですが、最近は新譜ばっかり聴いてたのでこうやって観たり聴いたりするのは久々でした。日本語ver.が公開されたことで「やっぱり好きな曲なんだ」ってことが再認識できて良かったです。人生で「LIKEY」を一回でも多く聞けたこと、それだけで得した気分です。

 

あと、一つだけ新しい発見がありました。

サナがめっちゃくちゃカワイイ!

 

どうやら

また新たな病に侵されてしまったようです…

最新情報をチェックしよう!