ALL YOU NEED IS KPOP!

【ITZY】TWICEの忘れ物とニュー・ワンダーガールズ【JYP】

明日2月12日、GOT7やTWICEを擁するJYPエンターテイメントから、新たなガールズグループが誕生します。

ITZY
(イッジ/있지

イッジとは韓国語で「あるでしょ?」とか「あるよね」といった意味で共感を促す言葉として使われます。グループ名には「あなたたちが望む全てが私たちにあるでしょ?あるよね!(EVERYTHING YOU WANT IT’Z IN US ITZY? ITZY!)」という意味が込められています。世界市場を基準としているJYPでは珍しく、メンバー全員が韓国人だけで構成されています。グループ結成の噂自体はかなり前からありましたが、エース候補であったチョン・ソミや、世界戦略のキーマンになったであろう日本人練習生のマシロなどの事務所離脱があり、2019年の年末と噂されていましたが、2018年の10月18日にグループ名が公開されると、あれよあれよとデビューに至りました。

デビューの触れ込みとしては、直属の先輩にあたる“TWICEの妹グループ”でしたが、ティーザーが明かされるにつれ、ガールクラッシュな雰囲気からJYP版BLACKPINKではないかという印象が広まっていったようです。

公開されたMVでは「I love myself!私は何か違う、違うYEAH 私とあなたは違う、違うYEAH(I love myself! 난 뭔가 달라 달라 YEAH 난 너랑 달라 달라 YEAH)」と歌っており、他人の目を気にせずに自己を肯定する強い女性の心情が全体にわたって綴られています。反面曲調やMVの構成はポップで小生意気な雰囲気が漂っています。年齢による影響はあると思いますが、ITZYにはBLACKPINKが持つような無敵感や世界は私たちを中心に回っているんだと言わんばかりの不遜な感じもありません。ITZYの見せる気の強さは典型的な韓国人女性の資質を彷彿とさせ、その姿はまるで強がりばかりを言うのような可愛さに溢れています。

メンバー・プロフィール

YEJI
ファン・イェジ(황예지)
2000年5月26日/全羅北道 全州市
170cm
メインダンサー/リードボーカル/サブラッパー
2015年にJYPに入社、練習生期間は3年。2018年の年末に放送されていたMnetのサバイバル番組「The FUN」に出演しており、第3ラウンドまで進出した。アン・ソヒやイ・ハイに似ていると言われているらしい。
LIA
チェ・ジス(최지수)
2000年7月21日/仁川広域市 延寿 松島洞
168cm
メインボーカル
幼少期からカナダに長期間留学していた。英語名が「JULIA」で芸名もそこから取られたらしい。小学生の時SMエンターテイメントのグローバルオーディションに合格し、しばらく練習生をしていた。ブラックピンクのジスに似ていると言われているらしい。
RYUJIN
シン・リュジン(신류진)
2001年4月17日/ソウル特別市 江南区
165cm
センター/メインラッパー/サブボーカル
YGエンターテイメント、ゴールデンエイトメディアが製作したJTBCのサバイバル番組ミックスナインで最終デビュー組に1位で残った逸材(最終的には主宰のヤンサが事務所間の調整にサジを投げたためデビューは中止)。ロールモデルはイ・ヒョリ。自分を一言で表現すると「単純」。ミックスナインで知り合ったイダレソニョのヒジンとヒョンジンと親しい。
CHAERYEONG
イ・チェリョン(이채령)
2001年6月5日/京畿道 龍仁市
167cm
サブボーカル/サブラッパー/メインダンサー
SBSの「Kポップスター」シーズン3、あのTWICEを生んだMnetの「SIXTEEN」という二つのサバイバル番組に出演経験がある。あのIZ*ONEのイ・チェヨンは実の姉。ONCE泣いちゃう。元少女時代のジェシカ、f(X)のクリスタル以来の姉妹アイドルである。
YUNA
シン・ユナ(신유나)
2003年12月9日/京畿道 水原市
170cm
マンネ/サブボーカル
サバイバル番組への出演経験がなく、情報が少ない。宇宙少女のボナやPristinのキョルギョンに似ていると言われているらしい。若すぎるが故、まだデビューするべきではないという声がちらほら…あるが、JYPの秘密兵器という噂もある。

JYPにはガールズグループの系譜というものがあります。ワンダーガールズには、かつてアン・ソヒという“国民の妹”と呼ばれる愛すべき存在がおり、それはmiss Aのスジに引き継がれました。2グループは“国民の妹”の人気に引っ張られるように「国民的アイドルグループ」へと登りつめました。

しかしながらTWICEは先輩2グループを凌ぐ人気があるにも関わらず“国民の妹”と呼ばれるような存在は出てきていません。その原因はメンバーの資質や時代性だけではなく、海外を向きすぎている戦略が原因だと私は考えています。英語のグループ名、半数近くを締める外国人メンバー、英語のタイトル曲を引っ提げて海外を飛び回るTWICEは、国民にとって家族のように向き合えるアイドルではなかったということかも知れません。

韓国語のグループ名、韓国人だけのメンバー、そして韓国語のタイトル曲。ITZYは“新世代のワンダーガールズ”としての役目を課せられているのではないでしょうか。MVには韓国の自動車メーカーである起亜自動車がクレジットされており、国内戦略の一環としてスポンサードしているのであれば合点がいきます。

TWICEが成し得なかった「国民的アイドルグループ」という称号をJYPに取り戻すため、ITZYの戦いが今始まろうとしています。

※「IT’z Different」はデジタル配信限定です。

最新情報をチェックしよう!