ALL YOU NEED IS KPOP!

【TWICE】愛 vs Love【徹底比較】

いやーITZYデビューしましたねー。さすが天下のJYPって感じでキラッキラしてますわ。批判のされ方もTWICE姉さんたちの感じと似ちゃってるし、こりゃもう勝ちパターンに入っちゃたかな?という印象です。

しかしそんなフレッシュに輝きまくっている妹たちも、まだ知らないものがあります。

それはLoveです。

2018年の4月9日にリリースされたJYPの“パパ”こと餅ゴリ作詞作曲の名作劇場「What is Love?」の日本語ver.のMVが2019年の2月8日に公開されました!

ちなみに「What is Love? -Japanese ver.-」は2018年の年末に放送されたテレビ朝日系『ミュージック ステーション スーパーライブ 2018』で披露しているので、今回が初公開というわけではありません。そのMステでは先の5月に原曲の方の「What is Love?」を披露(日本の地上波で韓国語の曲が披露されるのはS.E.S「Long-life Journey」以来、二回目だと言われています)しており、非常にゆかりのある日本の音楽番組と言えます。

 

このMVは3月6日、日本向けに発売される2ndベストアルバム『#TWICE2』に収録予定であり、先立ってトラック01の「LIKEY -Japanese ver.-」が公開されています。

【TWICE】LIKEY vs LIKEY【徹底比較】

あれから、おおよそ10ヶ月。デビュー3周年を迎え、恋愛解禁との噂もあるTWICE姉さんたちですが、果たして愛を知ることはできたんでしょうか?

「What is Love? -Japanese ver.-」

作詞/曲:パク・ジニョン”ビニールパンツ”
編曲:Min Lee “collapsedone”
日本語訳詞:Risa Horie

ナヨンジョンヨンモモサナジヒョミナダヒョンチェヨンツウィ

(TWICE!)
(What is love?)

愛とはどんなものか知りたくて
映画やドラマの中Um-探るけど

胸の奥震わすこのトキメキ
どこから来るのでしょう
Um-正体を突き止めたい

Ooh夢に描く私だけの王子様
現れる日が来るのかな?

I wanna know 甘い蜜の味だって
I wanna know 身体が宙に舞うって
I wanna know know know know
What is love?例えばそんな感じ?

I wanna know 笑顔が溢れだすって
I wanna know 全てが輝くのって
I wanna know know know know
What is love?言える私になりたいの

恋をして満たされるその姿
イメージしてみるのUm-今は一人

名前のない感情が込み上げて
涙が出ちゃいそう
Um-その時を待ち焦がれて

Ooh未来で会う素敵な誰かのために
私にできることは何?

I wanna know 甘い蜜の味だって
I wanna know 身体が宙に舞うって
I wanna know know know know
What is love?例えばそんな感じ?

I wanna know 笑顔が溢れだすって
I wanna know 全てが輝くのって
I wanna know know know know
What is love?言える私になりたいの

世界に存在している君
出会うのはまだ先の話
何時?どこで?何もかもが未知
それでも強く沸き起こる確信

今が最高にいいTiming
きっとかなうよ恋のStory
私の勘いつも外れなし
早く来てね心準備済み
Ready!

どこなの?見つけたい
どこなの?会いたい気持ち
もう止められないこれ以上

甘い蜜の味だって
身体が宙に舞うって

I wanna know know know know
What is love?例えばそんな感じ?

笑顔が溢れだすって全てが輝くのって
I wanna know know know know
What is love?言える私になりたいの

I wanna know I wanna know
I wanna know know know know
What is love?
(I wanna know I wanna know)

I wanna know I wanna know
I wanna know know know know
What is love?
I wanna know!

前回の「LIKEY -Japanese ver.-」の比較記事の時には、原曲の直訳歌詞を掲載していたんですが大体おんなじだったので、今回は割愛しつつ、日本語歌詞を見ていきましょう。そして改めて原曲のおさらいです。

ヌンデ が ヌンデ…
(訳:ヌンデが不足しています)

原曲の方によく出てくる「는데(ヌンデ)」とか「은데(ウンデ)」というのは接続詞で「だから」とか「のに」と言った意味です。歌詞のように文末に使うことで「~なのに…」「~だけど…」と言ったニュアンスになります。まぁそこ残しちゃうと日本語ver.の意味なくなっちゃうんで、仕方ないですけどね。

良かったところとしてはチェンのラップパートですかね。Kポップの日本語ver.は大体このラップパートが「は?」みたいなことになることが多いんですが、今回の2人のラップパートは韻の部分で似た語感が多くて、なんかすんなり聴けました。あくまで他と比べてって話ではありますが。

ここからは前回と同じく、MVの比較検証です。前回はリップシンク(口パク)の部分も取り上げたんですが、ほとんど同じだったので、今回は明確にカット割りや動きが違うところのみをピックアップ!TWICEが愛を学んでいる間、私もブログを重ねることで文章の書き方を学んでいるわけです。<(`^´)>エッヘン

MV紹介の順番と同じく、上が日本語ver.で下が本国ver.です。


00:52
サナのジョン・トラボルタ・ダンスシーンでソファの方でメンバーと一緒に踊りを真似するサナの様子が差し込まれています。左下でモモりんもちゃっかりやってます。可愛い。


01:36
みーたんが自分のラブシーンにときめくところで日本のコンプラ的なことを気にしたのかポップコーンが飛ばないカットに切り替わっています。原曲の方では見とれているみーたんの隙をついてダーちゃんがリモコンを奪うんですが、日本語ver.は、そのくだりが微妙にカットされているので、ポップコーンを盗み食いされたみたいな変な感じになっています。気を使っているのか使っていないのか、よくわからない改変です。

 
02:16
ダーちゃんのCM詰め合わせシーン。チェンの動きが違うのもそうなんですが、「LIKEY -Japanese ver.-」と同じく「作詞・作曲」の表記(画面右下)が韓国語から英語に置き換わっています。また、次のシーンではスポンサーであったACUVUE(コンタクトレンズ・メーカー)の広告がなくなっています。


02:19
続いてチェンのラップシーン。こちらは左が日本語、右が原曲です。チャップリンとマリリン・モンローに扮したナタリー・ポートマンに扮したソン・チェヨンと、なんだか三重構造でふんふん言ってますが、カット割りが結構テレコになっております。「Ready!」のとこは日本語ver.の方が可愛いなぁ。おチェンツウィ卒業おめでとう!もうすっかり大人やね。


03:40
そして最後は曲のロゴでフィナーレを迎えるんですが、日本語の方はまるっとカットされています。「LIKEY -Japanese ver.-」はロゴだけは残されていたんですが何故なんでしょう?おそらく大人の事情ということでしょうから、大人の私も詮索しないでおきます。なんせ色々学んでおりますから。<(`^´)>エッヘン

「LIKEY -Japanese ver.-」を見たときは、すごく懐かしく感じたんですが「What is Love? -Japanese ver.-」は結構最近のことのようで、この感覚の違いはなんなんでしょうか?

んで

結局のところTWICEが愛を学んでしまったのかということですが…

幸い今のところ熱愛スキャンダルのようなものは出ていません。

 

そして

我が愛しのみーたんは、こう言っています。

「Ooh夢に描く私だけの王子様 現れる日が来るのかな?」

「Ooh未来で会う素敵な誰かのために 私にできることは何?」

セーフ!

 

最新情報をチェックしよう!