ALL YOU NEED IS KPOP!

【DreamNote】獅子奮迅のパクナマタタ【ドリームノート】

1月3日に後続曲「LIKE YOU」でステージに戻ってきたと思ったら、2ヶ月ちょっととなる3月12日(火)に2ndシングル「Dream:Us」(タイトル曲「Hakuna Matata」)で早くもカムバしたDreamNote!

昨年11月7日のデビューから2ヶ月ペースです。当然その間は音楽番組などへの出演があり、活動の合間を縫ってカムバの準備をしていたでしょうから、ほとんど休みなんてなかった事でしょう。

そんな慌ただしい日々の中、マンネのハンビョルは中学を卒業。

リーダーのユアイとララ、そしてミソは高校を卒業。

そして3月7日にはウンジョが、

同月10日にはハビンが

それぞれセンイル チュッカッヘ〜だったのであります。

ちなみにハンビョルはソウル公演芸術高等学校・実用舞踏科への進学が決まっており、同科の卒業生としてはレドベル・スルギ、ヨチン・イェリンにユジュにシンビ、オマゴル・ジホにアリン、WJSN・ソンソにウンソ、WekiMeki・ユジョンなどなどなどがおります。

みんな確実に成長しているんですなぁ。当たり前だけど。

さて、成長といえば今回の「Hakuna Matata」です。

DreamNoteのグループ的特徴は何かと言えば、その一つにメンバーそれぞれの練習期間の短さが挙げられます。詳しい期間は分からないものの、スミンはMIXNINE出場時、練習生となってから僅か2ヶ月半ほどだったと言われています。

それもあって実力的にはまだまだ未熟なところがあり、デビュー前に行われた宣言式でのパフォーマンスではフォーメーションチェンジでぶつかったりつまづいたり。デビューショーケースでも本番直前まで歌唱に関して怒られていたりしていました。

しかし場数というのはやはり人を成長させるものです。

まずは3月センイル組のハビンとウンジョ。

これまでは「録音していてアレかい?」というくらい歌の怪しかった2人ですが、飛躍的向上、とはいかないものの、普通になってきました。さらにはウンジョなんてTWICE・ツゥイばりに目だけ笑っていない固い表情だったのに、自然な笑顔まで出来るようになりました。チャレッソチャレッソ。

続いてメインボーカルのララ。

「ふり絞って高音出してます」という感じからリラックスする事を覚えたのか、声の抜けがとても綺麗です。

そして恐怖すら覚えるほどビジュアル完成度の高い若干15歳・ハンビョルはミソからパープルヘアーを引き継ぎましたが、

そのキュートさに一段と磨きがかかったと思うのは、私がハンビョル推しだからでしょうか。いや、そんなことはないはず。だってこのシーン、

gifs website
ヤバすぎるやろ。なにを付箋撒き散らしながら踊っとるんじゃ。グーの音も出ないわ。

しかし!

しかしです。今回の一番はこの人。

センター、パク・スミン

MIXNINE最終順位・3位という実績を誇りながら「キミ、本当にセンターなの?ハンビョルじゃなくて?」というほど、いまいち存在感を示せなかったスミン・パク

それが今回はどうでしょう。歌唱パートの増加に、「Hakuna matata dab dab dab woo💕」という、なんだか意味はよくわからないけど(「Hakuna Matata」は「ライオンキング」でお馴染み。スワヒリ語で「心〜配ないさぁ〜」という意味で、Kポップ聴いていると割と耳にするフレーズ。でも「dab dab dab woo」って一体…)、とんでもなく可愛いキリングパート、そしてMVは見所満載という、ついにセンターの面目躍如といった活躍っぷりです。

さすがサバイバル番組の3位!というキレのあるダンスあり、

口から宝石を「べぇ〜」っと出しちゃうシーンあり、

なんとも言えない苦い顔ありと、スマン(スミンのあだ名)大活躍です。パクス(拍手)!!しかし時々LOONAのヒジンに見える時があるんだよなぁ。まぁ美人の証拠ですな。

David AmberとSean Alexanderが手がけた曲は、80’風の低いシンセ音でリズムを刻みながら、Bメロではオタクには必須の「PPPH(パン、パパン、フゥ〜♪という掛け声が入れやすいアレ)」でしっかりツボを押さえ、サビでは明るく元気に疾走していきます。個人的にはララと共にメインボーカルを務めるチョンミソ(本名:チョン・ジミン)がもうちょっとパンチを効かせた歌い方だったら更に良かったかなと思います。

とはいえ、「小さな魔女」をコンセプトとしたMVはとても可愛らしく、

gifs website

特にこのシーンにはDreamNoteの明るく元気で、見ていると楽しくなってしまうグループカラーが詰まっている気がします。

歌詞には

We are the Dream Note
we fly high ya

と歌われていますが、彼女たちは確実に大きな空へと上昇中です。まぁまだ音楽番組での1位とかには届かないと思いますが、別に問題ないでしょう。だってこれからだし。タイトルになってるし。スミンが言ってるし。

Hakuna matata dab dab dab woo💕

最新情報をチェックしよう!