ALL YOU NEED IS KPOP!

【DIA】原石に戻ってしまったダイアモンド【WOOWA】

「毎度ウーアー言うて、やらしてもらってますけども」

「こちらから、べっぴんさん、べっぴんさん、ひときわ美人のチェヨンさん」

「いやDIAべっぴんばっかりやないかい!」

と言うわけで、3月19日、DIA(ダイア/다이아)が7ヶ月ぶりに5thミニアルバム『NEWTRO』でカムバックしました。

AID(ファン)以外の方に聞きたいんですけど、側(はた)から見たDIAってどんなイメージですか?

よくわからんって人ほど、おそらく「あー、あのべっぴんさんが、いるとこね」って感じだと思うんです。

べっぴんさんことDIAの顔役チョン・チェヨン

DIAは2015年9月にデビューした8人組の中堅ガールズグループです。Kポップ好きには相当認知されているであろうチェヨンという存在がいながら、いまいちグループの色というかコンセプトみたいなものが浸透していない印象があります。ブレイクしきれていないから、そう感じてしまうわけでもありますが、主な要因としては「メンバーの変動が激しい」ということが挙げられます。

DIAはデビュー当時は7人編成でしたが、単純に一人増えたわけではなく、そこから2人抜け、3人加わって今の8人編成となっています。しかもDIAはデビューしていて、そこそこ知名度があるにも関わらず、サバイバル番組に積極的に出ます。チェヨンが有名なのもMnetの「PRODUCE101」シーズン1に参加し、I.O.Iとして活動した経歴があるからだと言えます。チェヨンと一緒に「PRODUCE101」に参加したヒヒョン(当時の芸名はケシ)は「デビューしてから、自分たちには多くの足りないものがあると感じたから」と番組出演の理由を語っていました。

ヒヒョン

また、後にKBS2TVのアイドルリブートプロジェクト「The Unit」に出演したイェビンとソミは、DIAが「チェヨンとそのほかの子たち」と思われていて、そのイメージを変えるために参加したと語っています。実力もある彼女たちなので、当然番組の後半の方まで残ってしまい、結果としてDIAにちょくちょく欠員が出る羽目になります。

イェビン

ソミ

かく言う私もDIAの推しはヒヒョンとイェビンでして、その影響をどっぷり受けてしまっているわけです。それだけであれば健全な広報活動と言えますが、DIAにはもう一つ「健康」と言う問題があります。

2018年の5月に脱退したウンジンは「健康上」の理由から脱退しています。そして今回もチェヨンと並ぶ、もう一人のビジュアルであるジェニが膝の「骨軟化症」の治療に専念するため活動には参加していません。

View this post on Instagram

안녕하세요 다이아 제니입니다. 에이드분들 너무너무 오랜만이죠.. 이렇게 오랜만에 인사를 드리는데 좋지 않은 소식을 전해드려야 할거같아요 다들 걱정 많이 하셨을텐데 정말 죄송합니다.. 지난 앨범부터 무릎에 통증이 있어서 앨범 활동과 치료를 병행해 왔는데 이번 컴백 활동을 준비하면서 통증이 심해져서 병원에서 검사를 받았더니 무릎연골연화증 판정을 받았어요. 병원에서 치료를 받고는 있지만, 무리가 가지않도록 충분한 휴식과 꾸준한 치료를 계속 받아야 한다고 하여서 정말 많은 고민을 하고 멤버들과 회사와 이야기를 나누었는데 이번 다이아 앨범 활동을 하기에는 무리가 있다고 얘기가 되어서 함께 할수없게 되었어요.. 우리 다이아 멤버들과 회사에서도 저의 건강 회복을 최우선으로 존중해준만큼 제가 최대한 빨리 회복해서 다이아 앨범 활동에 다시 합류할 수 있도록 노력하겠습니다. 항상 응원해주시고 사랑해주시는 에이드분들 다시 한 번 감사합니다. 너무너무 죄송합니다..

A post shared by 이소율 (@s0yul96) on

このブログではDIAを扱うのが初めてなので、本当はプロフィールを載せたいところですが、それは全員が揃った時まで取っておくことにします。と言うわけで、触れていない残りのメンバーも簡単にご紹介。

ユーニス

ウンチェ

ジュウン

ユニスは初期メンバーでメインボーカルでメインダンサー、ウンチェは初代リーダーのスンヒの代わりに2016年5月から加入した途中参加メンバーです。ジュウンは2017年4月にソミと一緒に加入したメインボーカルで、ウンチェとともにPolarisエンターテインメントの養成所「Mアカデミー」出身なので、イダレソニョとしてデビューしていた可能性もありました。

もう一つ、DIAがいまいち勢いに乗れない理由は、楽曲の傾向が定まらないことだと個人的には思います。これはもちろんメンバーが定まらないから、と言うのも原因ではあります。

DIAはデビューから3年までは音楽番組でも無冠でしたが「The Unit」からイェビンとソミが戻ってきて、完全体の8人で活動した前作4thミニアルバム『Summer Ade』タイトル曲「우우 (WooWoo)」でSBSの「THE SHOW」にて初の1位を獲得しました。これはI.O.I出身者がいるガールズグループにおいては初の快挙でもあります(後に宇宙少女も1位を獲得しています)。

それまで、全く泣いてなかったヒヒョンが最後堪えきれず、泣き出してしまうところはグッときてしまいます。

もちろん音楽番組での1位は、その時の競合グループにもよるので一概には言えませんが、DIAにとっては大きな自信につながったことだと思います。

私は、そのさらに前作である3rdミニアルバムのリパッケージ「PRESENT」とタイトル曲「굿밤(Good Night)」と併せて「あぁ、ようやくDIAに合うスタイルが見つかったな。良かった、良かった」と思っていました。

「우우 (WooWoo)」はマイアミベースと言われるダンス・ミュージックで、「굿밤(Good Night)」はトロピカルサウンドが特徴的ですが、両曲ともEDMをベースとしたミドルテンポで、“夏の終わりの夕方”のような、楽しいけれどどこか寂しい切ない雰囲気をたたえています。

今回のタイトル曲「우와 (WOOWA)」は前作「우우 (WooWoo)」と同じく新沙洞の虎(シンサドンホレンイ)の手によるもので、タイトルや、曲の後半にヒヒョンを中心としたダンスパートがあるなど、側(がわ)は似ているんですが中身(曲)がかなり違います。ジャンルは格好よく言えばディープ・テック・ハウスですが、あけすけに言えばディスコサウンドです。曲そのものを否定する気はありませんが既にスタイルを確立したDIAには合ってないと思います。アルバム名の『NEWTRO』は、“新鮮なマグロ”とかではなく「NEW」と「RETRO」を合わせた造語で、新しいレトロミュージックという意味が込められているそうです。

しかも、DIAがリリースした翌日20日にMOMOLANDが同じく新沙洞の虎による「I’m So Hot」をリリースしており、こちらもジャンルは多少違いますが、レトロちっくなエレクトロソングとなっています。しかもデイジーとテハがお休みという、なんか色々被りすぎてますよ…いやぁMOMOLANDはいいですよ。もともとおバカソングが代名詞ですし。似ているとかじゃなく、世間が比較しやすい状態をなぜ作ってしまったのか。

もちろん新沙洞の虎はリリースのスケジュールとかを把握しているわけもなく、彼のせいではなく事務所の責任だと思います。しかもDIAは本作のリリースを当初の28日から19日に繰り上げており、それがMBKができた唯一の抵抗なのかなという印象です。

まぁ結果としては虚しく、出演もしていないMOMOLANDに「THE SHOW」の1位は獲られています。

なぜ、せっかく確立していたスタイルを捨ててしまったんでしょうか。DIAらしさは全員揃った完全体までお預けってことなんですかねぇ?

ジェニ!
カムバーーーーーック!!
💎スンヒとウンジンもサクッと戻ってきてもいいんだよ✨

 

最新情報をチェックしよう!