ALL YOU NEED IS KPOP!

【カン・シウォン】1/101から1へ【CLICK CLICK】

カン・シウォン。

この名前を聞いてピンときた方、手ぇ挙げて。

えぇと、まぁ…でしょうね。

じゃあプロデュース101に出てたカン・シウォン。

え、カン・ミナなら知ってる?それはカン違いです。

じゃあじゃあ、プロデュース101に出てたFクラスのリーダーだったカン・シウォン。

と質問しておきながら、プデュ101フォロワーである私もここまで言われないとわかりませんでした。そうです。あの、長身で、Fクラスのみんなに慕われていたリーダーのカン・シウォンが、なんと3年越しのデビューを果たしました。

カン・シウォン/KANG XIWON
강시원
1996年5月16日
173cm/A型
TNK ENTERTAINMENT
InstagramTwitter(TNK) / YouTube(TNK)

パープルヘアーになったけど、わかる。しかし涙袋スゴイな。
マイナーグループではたまに101出身者がいたりしますが、結構「すいません、印象にないです」っていう人も少なくない中、さすがFクラスでスポットを浴びて、中盤まで残った練習生。

いたのはわかるけど、ちょっとまだボンヤリしているという方のためにこれでどうでしょう。

このアンニュイなご尊顔。懐かしい。カン・シウォンは現・公園少女のソギョンと同じく、事務所に所属しない個人練習生としてプデュに参加。最初のクラス分けでは最低ランクのFに振り分けられてしまいます。


173cmという長身のため、それだけでもかなり目立っていた彼女。


Fグループにはプデュでシンデレラストーリーを体現したキム・ソへ(左から2番目)と、現・PRISTINのロア(当時は本名のキム・ミンギョンで参加)(右)もいましたね。その間に映る彼女。


「技術的には教えられることはありませんが…」と謙遜していましたが、Fグループの誰もが認める頼れる存在でした。

二次評価のグループバトルでは、後のI.O.Iにも選ばれPRISTINでデビューするイム・ナヨンと同じチームになり、AFTERSCHOOLの「AH」を披露。対戦チームには奇しくもソギョンがいました。結果は見事勝利。個人評価でも全8人中2番目の得票数を獲得(1位はぶっちぎりでナヨン)。

最初の順位発表で39位に位置し三次に進むと、2度目のチームバトルではカン・ミナに加え、再びナヨンと同チームになり、Destiny’s Childの「SAY MY NAME」を披露します。しかし2度目の順位発表ではボーダーである35人には僅かに届かず。最終順位・37位でプデュを終えました。

その後、Girls DayのDream T Entertainmentに入ったという噂もありましたが、これはどうやら誤報だったようです。というのも、彼女は2018年までの間にWe Can Do It!ENTERTAINMENTという事務所に入り、そこで「UNI(ユーエヌアイ/유앤아이)」という4人組でデビュー予定でした。メンバーは写真左からロハ(로하)、シヨン(시연)、キョヨン(교연)、シウォン。

その中のキョヨンがDream Tの練習生だったことから、この噂が出たものと思われます。
UNIが具体的にいつデビュー予定だったのかまではわかりませんが、後にシウォンがソロデビューした事を考えれば、その話は白紙になったとみてよさそうです。ただ「(G)I-DLE/LATATA」と「BTS/FAKE LOVE」のカバーダンス動画があることから、少なくとも2018年5月まではその予定があったのでしょう。しかしプデュで一緒だったソヨンの曲を、先を行かれたシウォンが踊るってどんな気分だったんだろ。

ちなみにWe Can Do It!ENTERTAINMENTはシウォンの現事務所であるTNK ENTERTAINMENTの前身のようで、今年に入って変わったのかなという感じです。違ってたらすんません。

シウォンはその間にもTikTokなどのSNSにダンス動画を投稿していたようで、知る人ぞ知る存在だったみたいです。なんだか「ようだ」とか「みたい」ばかりですが、プデュ終了後のメンツで知っているのはI.O.Iを中心としたメジャーデビューしているコたちと、シウォン、ソギョンと同様に個人練習生として参加していたソン・ヘミンくらいっすもん。


私の天使で現モデル、ソン・ヘミン

まぁそれはいいとして、そんなこんなで紆余曲折あったシウォンが、ついに4月4日「CLICK CLICK」でデビューと。MVは、まだ孵化していない自分の殻を破り、アーティストとしての第一歩を踏み出す姿を比喩的に表現したとのことです。

同日にはめでたくMカでデビューステージも披露したカン・シウォン。

プデュ組での出世頭はチョンハ様と(G)I-DLEのソヨン、続いてDIAのチョン・チェヨンにWJSNのヨンジョンでしょう。最終的に1位の座についたチョン・ソミはようやく来月ソロデビューという事なので、どうなるやらといったところ。それ以外のメンバーがいるgugudan、Weki Meki、APRILはもっと頑張れ!というか早くカムバして!で、PRISTINは…もうわからん泣。

そんな中、かつては「フクスジョ(土のスプーンと箸、貧しい家に生まれた人)練習生」とまで言われ、「101人の中の1人」に過ぎなかったカン・シウォン。

まずはデビューというスタートを切りました。さて、今後は大衆のハートをCLICK出来るのか、要注目!

Bring💜

最新情報をチェックしよう!