ALL YOU NEED IS KPOP!

【チェン (EXO)】別れは静かに、美しく【Beautiful goodbye】

EXOのメインボーカル、チェンが4月1日にEP「4月、そして花」をリリースし、ソロデビューを果たしました。
チェンはこれまでソロボーカルとして様々なドラマのOSTに参加してはヒットさせ、「OSTの皇帝」とまで呼ばれています。更には、マスクで素性を隠し、生歌のみでその実力を披露するMBCの音楽バラエティー「King of Mask Singer(覆面歌王)」でも優勝を果たすなど、さすが世界的な人気を誇るEXOのメインボーカルという実力の持ち主であります。

チェン
CHEN
キム・ジョンデ(김종대/Kim Jong-dae)
1992年9月21日
173cm/B型
EXO、EXO-M、EXO-CBX
メインボーカル
YouTube

チェンがソロデビューの準備中という第一報が流れたのは3月8日。13日にはYouTubeに個人アカウントが開設、19日にはリリース日とタイトルが発表され、22日にはトラックリストが公開。TRACK1「꽃(Flower)」では作詞にチェンがクレジットされ、TRACK4「사랑의 말 (Love words)」には作詞・作曲・編曲にレドベルでお馴染み・Kenzieの他、EXOやSHINeeの楽曲にも数多く携わってきたAndreas Stone Johanssonなども参加しています。

27、28日にはEPのハイライトメドレーがYouTubeにアップされました。

さすがEXO内で最も音域が広いと言われているチェンだけに、ハイライトだけでも溢れる期待感。

そして3月31日に公開されたタイトル曲「Beautiful goodbye」。

凄い。

ハイライトメドレーの時にピアノオンリーだったのは、そういうアコースティックセット的なものかと思っていましたが、本編もそうだとは。
これはもう言わずもがなですが、ギターの弾き語りや今回のようなピアノ伴奏だけで歌うというのは、生半可な歌唱力ではなかなか出来ないものです。いや、コンサートのスペシャルステージとかならばまだしも、音源でやってくるとはという感じです。
4月5日にMusic Bankで披露したソロデビューステージも凄かったですが、先週dingoで公開されたTipsy Live(お酒飲みながらわいわいして、歌まで歌う放送)での歌なんて…。まぁどれだけ飲んでいるのかはわかりませんが、エコーとかなしであの歌唱とは。恐ろしい男です。

「Beautiful goodbye」はMVも良いですね。

このマイクとかすげーカッコいいんですが、それだけでなく全体的に抑えられた色彩と、天然の祭壇のような舞台。チェンの歌声に呼応する静かなる群舞。まるで異国で偶然目にした神聖な儀式を見ているようです。

ピアノ一台をバックに歌い、淡いピンク色の衣装を着た人たちがユラユラと踊っているだけのMVなのに、なんでしょう、この荘厳で美しいMVは。さすがSM、さすがEXO、さすがそのメインボーカル。

音源も好調で、「4月、そして花」はiTunes総合アルバムチャートで世界32ヶ国・1位、「Beautiful goodbye」もMelOn、genie、Bugs!、Soribadaなど7つのチャートで1位、それだけでなく音楽番組でも4月13日のMBC「SHOW!音楽中心」と翌14日のSBS「人気歌謡」で1位を獲得し見事2冠と、ソロデビューを華々しく飾っております。

しかし、EXOとしては5月7日にシウミンがグループ初となる軍への入隊が発表され、EXO-L(エクセル/ファンダム名)の方達にとっては「ついに来たか」と肩を落とされている事でしょう。その他のグループもSHINeeではミンホが4月15日に兵役に就くなど、次々と入隊が発表され、各ファンのみならず、いちKポップファンとしても寂しいところ。

四字熟語に「旱天慈雨(かんてんじう)」という言葉があります。これは「日照り続きのときに降る、恵みの雨。待ち望んでいた物事の実現、困っているときにさしのべられる救いの手」という意味です。チェンのソロデビューは、まさしくと旱天慈雨と形容するに相応しいでしょう。そして更に、今月25日にはSTATION3を通じてEXOのメインラッパー、チャニョルの初ソロ曲「春夏秋冬(SSFW)」がリリースされる事も発表されました。ダブルで恵の雨です。

知り合いのEXO-L(ヨジャ)は「EXOのピークは終わった」と言っていましたが、いやいや、何をご謙遜を。シウミンがお勤めの間は、他のメンバーがしっかりEXOの人気を保ってくれるはずです。

「Beautiful goodbye」の韓国語タイトルは「사월이 지나면 우리 헤어져요(サウォリ チナミョン ウリ ヘオジョヨ)」で、これは「4月が過ぎれば、僕たち別れよう」という意味です。これは当然シウミンの入隊に向けた想いが込められているでしょう。歌詞の中には「그때까진 조금만 더 웃어요(その時まで、もう少し笑って)」と綴られています。

EXOは現在、チェン、ベッキョン、シウミンのユニット、EXO-CBXが16・17日にさいたまスーパーアリーナ、27〜29日には神戸ワールド記念ホールで「EXO-CBX “MAGICAL CIRCUS” 2019 -Special Edition-」が開催中。VLIVEではメンバーがリレー方式で公開されるリアリティ番組「シム・フォーユー」が公開されている最中です。

4月1日に行われた「4月、そして花」のショーケースにはシウミンが司会進行役として登場しました。

チェンは「4月が終わりその時が来たら、悲しみに暮れるのではなく、美しくシウミンを送り出そう、そしてそれまでは笑顔でいよう」という気持ちをEXO-Lと共に共有したかったのかもしれません。

最新情報をチェックしよう!