ALL YOU NEED IS KPOP!

【ジェイ・パーク】引き際の見極め方【Dank】

ジェイ・パークがようやく2019年初の単独名義となるMV「Dank」が公開されました。音源自体は昨年9月10日にリリースされたシングル「V」(タイトル曲「V」)に収録されていたので、新曲ではありません。

昨年は怒涛のリリースラッシュを続けてきた彼でしたが、今年は「iLL Chris & Jay Park/Not the Same」に始まり、Liev’sとのコラボ「ジェイ・パーク、ウ・ウォンジェ(Woo)/ENGINE Prod. By CODE KUNST」、「Twopee Southside Feat Jay Park/WITH YOU 」と来ながら、3月は何もなし、そしてようやく今月の18日に「Dank」公開と、やや緩やかなペースになっています。

MVのEDIT&アニメーションには「iLL Chris & Jay Park/Not the Same」も手がけたシアトル在住のアーティスト/フィルム・ディレクターのHarry Cleanと、KCOYI、SUN YUNG DUUUUDEという3人がクレジットされています。

映像は写真がコラージュされたり、油絵具のようなものでペイントされたりと感性的なビジュアルになっていて、ゆったりとしたトラックにジェイ・パークの甘い歌声と柔らかなフロウが重なり、やや褪せたような色彩も含めてどことなくノスタルジックな気分になる曲です。

そして3分21秒からは一転、真っ暗な背景にジェイ・パークが佇み、短い彼のコメントが語られます。

誰もが同じ道に向かっていたら、あなたはその道を選択したくなるでしょう。なぜなら、それが一番だから。人々は行ったことのない道を好みません。落ち着かないし、怖いからです。何が起こるかわからないし、何も予想できません。

最後には「JAY PARK CHOSEN1 May 1st. 2019 11PM KST(韓国標準時)」の文字が。「CHOSEN1」は昨年の7月20日にリリースされたEP「ASK BOUT ME」の収録曲に同名タイトルのものがありますが、同じものなのかどうかなのか。というのも、リリースされたのは10ヶ月近く前ですし、その収録曲をいま改めて出す理由って何かと思うからです。
昨年末にはアルバムのリリースも予告されていて、現時点でわかっているのは「THE ROAD LESS TRAVELED」というタイトルと、彼のインスタにアップされたトラックリストのみですが、この中からリリースするというなら納得なんですが。

ただ、収録曲はどうやら全18曲になるらしいので、まずは5月1日を待ちたいところです。

しかし。

彼についてはちょっと胸のざわつくニュースがあります。それが「DANK」公開前の4月17日に投稿された彼のTweet。


え、なに?「数年のうちに引退」?「これは君たちと自分への約束」?彼のことですから、こういったジョークは言わない気がします。 「Not a lot of space for guys like me left in this game」という事は、AOMGとH1GHRのCEOとして新たなアーティストの発掘などもしてきたので、表舞台はそういった人たちに譲り、自分はCEO業に専念するという事なのでしょうか。時期は不明ながら「最初で最後のワールドツアー」も予定されている模様なので、うーん、本当…なのか…。

当ブログではTWICEやRed Velvet、OH MY GIRL並みの登場回数を誇るジェイ・パーク。時には茶化したり、時には真面目に語ってみたりと、記事を投稿するごとに愛情と敬意が増していただけに、いま私はなんとも言えない気分です。

とは言え、まだ詳細はわからないですし、あれこれと心配や憶測をしてみたところで絵に描いた餅。私に出来るのは、引き続き彼の動向を追うくらいです。

…というのはわかっているんですが…やっぱりモヤモヤするー。

続報を…待ちます。

最新情報をチェックしよう!