ALL YOU NEED IS KPOP!

【THE BOYZ】咲き誇るはドボイズ【Bloom Bloom】

さようなら平成。こんにちは令和。

という事で、本日5月1日から新元号となりました。そんな令和一発目のブログは、4月29日(月)に2ndシングル「Blom Bloom」でカムバした12人組ナムジャグループ・THE BOYZ(ドボイズ)!

いやー、良いタイミング。新元号一発目に相応しいMV&楽曲ではないですか。
というのもこの“令和”、万葉集巻五、梅花の歌三十二首の序文、「初春の令月にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭(らん)は珮(はい)後の香を薫らす」から引用され、

春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した。

日本経済新聞 電子版 4月1日付より

とあります。

咲いてる咲いてる。男前が。

これも

これも

これも

ブレてても

あ〜

もう

キリがない!

全員

満開ど〜ん!!

咲き、そして誇っております。桜の季節は終わりましたが、ここは花男満開です。このMVを観れば一年中お花見です。

MVは「愛を失った惑星で宇宙をさまよい地球に落ちたUFOと、それを見つけた少年たちが再び愛を植え付ける」というストーリーですが、良いですね、やっぱり春には春らしい映像が。暑い時には熱いものを食べろ的な感じで。花火が打ち上がっているので、若干の夏感もありますが、いいでしょう。

前回の「No Air」は全体的にやや大人っぽい雰囲気でしたが、今回のはハツラツとしてフレッシュ!それはビジュアルだけではありません。
曲調はエレクトロハウス系のポップダンスナンバーで、個人的には最初「No Air」の方が好きかなと思っていましたが、サビに入るところのキリングパート「Bloom Bloom Pow!」で、「あ、こりゃ良いわ」と気分が花開く。

gifs website

フリと合わせて見事に「Bloom=咲く」しています。

そして楽曲面ではお初の出来事がありました。
これまでリリースされたタイトル曲の作詞には全てメインラッパーのソヌが参加していましたが、今回はマンネでサブラッパーのエリックも初めて加わりました。ソヌも含めて、エリックはアルバム収録曲の作詞には参加していましたが、タイトル曲ですからね。これはなかなか大きな一歩です。

THE BOYZといえば、そのビジュアル偏差値の高さが話題に上る事も多いですが、昨年から今年にかけてはMelon Music Awardsなど7つの新人賞を獲得しています。5月からは日本を皮切りにアジア8都市で初のアジアツアー「THE BOYZ FAN CONCERT<THE CASTLE>」が開催され、KCON2019にも昨年に続き連続出演。2017年以降のナムジャデビュー組の中ではトップクラスの知名度を誇ると言えるでしょう。
ただ一つ。同年代のライバルとしてJYPのStray Kids、BigHitの TOMORROW X TOGETHER(TXT)を挙げるならば、彼らは音楽番組での1位をすでに獲得しています。

新元号は韓国にいる彼らにとって直接的には関係のない事ですし、平成から令和になったからといって何がどうなるものでもありません。しかし、こういった節目を口実にする事は出来ます。

これを機に気持ちを新たにしよう。これまでやった事のない何かにチャレンジしてみよう。とりあえず元気に過ごそう。

そんな感じでBloom Bloom Pow!と明るく楽しく華やかに参りましょう。

そしてTHE BOYZにはそんなポジティブなエネルギーが伝わり、更に大きな花を咲かせてもらえたら良いなと思います。

最新情報をチェックしよう!