ALL YOU NEED IS KPOP!

【KCON2019】Just keep on dreaming【DAY2】

2019年5月18日(土)、快晴。

行ってまいりました、KCON2019・DAY2。

10時30分過ぎに最寄駅の海浜幕張に着くと、まずは彼女たちがウェルカム。

この告知は!ついにLATATAがやってくるのです。ポスターはメンバー個別のものもあり、出だしからテンションアップ。

天気は快晴ですが、ちょうど良い暖かさ。しかし会場に到着し、リストバンド交換の列に並ぶと途端に汗が吹き出してきます。篭るんだよなー、メッセ。ホール内に入る列も結構な混雑具合で、昨年よりも来場者数が多いのかなという印象。

私は昨年、TWICEの出た最終日に行って参りましたが、今年の目当ては日本初上陸のITZY。彼女たちはコンベンションステージにも登場し、その時に割と近くでその姿を目にする事が出来ました。あいにくこちらはMタメBANG!の公開収録だったため、全編撮影禁止で写真はありませんが、なんかイェジが凄かった。全体的に醸し出す雰囲気が他のアーティストとは違うというか。背も高いし全体的にシュッとしているので、立ち姿も様になるし。ただビックリするくらい顔がテッカテカだったけど。おでことか太陽拳かと思いました。

1日の流れとしてはまずKCONステージでピンパン、TSUNAGARUステージに移動してチェリバレのトークをチラ見、またKCONステージに戻ってD-CRUNCH、ITZY、それから各アーティストブースを見て、YUKIKA、WJSN、ちょっとぶらぶらしてチョンハ、チングと合流してチェリバレ、チングがONEWEを観ている間にささっとご飯を食べてATEEZ、再びアーティストブースなどを見て、IZ*ONEのランダム生写真などを購入しMカという感じでした。

昨年はまだほとんどナムジャに興味がなかった時だったので、ダンスカバーやDJタイムを見たりしながらも、割と時間を持て余した感じでしたが、今年はダンスカバー0でほとんどKCONステージにおり、この1年で随分と見方が変わったものだなと。

その中で一番驚いたのはATEEZ。ITZYも良かったですが、さすがまだデビューしたて&初来日という事もあったのか、トークなどはまだちょっと慣れてないのかなという印象。
ATEEZはそれまで観たアーティストの中でダントツに観客数が多く、熱気が凄まじい。当ブログではデビューから取り上げていましたし、Twitterの一部では話題になっているのを感じていましたが、生で観た彼らのポテンシャル、スキル、人気は想像以上でした。そして何より彼らのカルグンムはもちろんのこと、その世界観を支える楽曲はやはり抜群で、新人らしからぬパフォーマンスと振る舞いは、ちょっと他のグループから頭一つ抜けている感じかなと。

そしてMカ。席は一番後ろから2番目。遠いよ、マジで。リュジンもエクシもドンホンも肉眼では豆みたい。しょうがないけど。ただ音響は相変わらずでしたが、音がでかくなっている気がしました。
と、ここで2つだけ改善して欲しい事を書いておきます。
それはステージの合間にあるMCの喋りや各アーティストのトークでの台本丸出し感。リアタイで字幕が出るからね。通訳入れると時間が倍になるからスケジュール的な問題があるのはわかりますが、なんとかして欲しいっす。
あとゲームもいらない…かなー。各ファンが喜ぶものはそれぞれのペンミとかでやってもらって、KCONではその分1曲でも多く聴きたいです。これまで知らなかったアーティストに気づく事ができるのがフェスの醍醐味だと思うので。

さて、この日の個人的ベストアクト、それは…

この人の貫禄たるや。昨年はダヘちゃん(Heize)とガシナ姉さんを観ましたが、もうほとんどソロアーティストのトップと言っても大げさじゃないかなと。心技体じゃないですが、ダンス、歌唱力、パフォーマンス、表情、文句の付けようがありません。

ただし。ベストモーメントと言えば「ITZY/달라달라(DALLA DALLA)」のサムアップのところ。

この「きたきたぁ!ギャ〜ッ!!!」っていう観衆の反応。遠目に観てても鳥肌&とんでもなくテンション上がりました。瞬間最大風速がハンパなかったです。直に彼女たちのスター性と将来性を感じる事が出来て、ホント観た価値があったわー。まだまだこれからだけど、楽しみにせずにはいられません。

まぁ盛り上がりと歓声はモネクがダントツでしたけどね。フェスなのにモネクペンラの数が凄い。しかもトロッコまで出るという特別扱い。後ろにいた二人組のヨジャなんてずっと叫びっぱなし。若者のあのパワー、ほんとスゴイっす。

さて、全体的なこの日の雰囲気は以下を観ていただけると良く分かるかなと。

では最後に個人目線で撮った写真で締めたいと思います。



PinkFantasyは「이리와 (iriwa)」の日本語ver.出るって(言ってた気がする)。


チェリバレその①


チェリバレその②。日本人メンバーの3人。左からレミちゃん、メイちゃん、ココロちゃん


ほとんど見えなかったVERIVERY。
メンバーが移動すると一斉に観客もついて行って、その勢いがちょっとした恐怖でした。


ブレブレD-CRUNCH。

宇しろ少女。金髪・ウンソ、その右・ルダ、左・ソラ。
写ってないけど、スビンの後ろ姿がめちゃくちゃ綺麗で、この日で株が爆上がりしました。


ホール内の室温が5度は上がったATEEZ。


大根(MAMAMOO)の弟(ONEUS)の双子、ONEWE。

はい、写真が…ドイヒーです…。
カメラ買おう。せめてiPhoneXにしよ。


戦利品


現場からは以上です。

ではまた来年!

Keep your head up,

Just keep on dreaming!

最新情報をチェックしよう!
広告