ALL YOU NEED IS KPOP!

【DreamNote】ブンブンブン♪シンシンシン♪【ララ&ミソ&スミン&ハンビョル】

どうもこんにちは。DreamNote普及委員会・会長です。

当委員会の構成は

会長:私
書記:私
広報:私

となっております。

私たちは8人組ヨジャグル・DreamNoteに早く日本で活動(※)をしてもらうべく、彼女たちの認知度を一層高めて招致に繋げる活動を主とし、加えて来日が叶った際には「0.01%くらいはオレのおかげだぜ」と自己満足したい、という事を目的にしております。

※イルデでなくて構いません。

具体的に何をするかと言いますと、彼女たちの音楽活動を可能な限り当ブログにて宣伝するのみ。あとは個人アカウントのTwitterで「ハンビョルいいね」とか「カムバするってよ」的な事を呟くのです。

という事で今回はこれ。

DreamNoteがアニメのオープニングテーマを担当!

そのアニメとは「꼬마버스 타요(コマボス タヨ)」。

「꼬마버스 타요(コマボス タヨ)/Tayo the Little Bus」…

「꼬마(コマ)」は「ちびっ子」、「버스(ボス)」は「バス」の意。
ソウル市内を走るバスをモチーフに、Iconix Entertainmentが企画し、EBSとソウル特別市が共同制作したフル3Dアニメーション。2010年に放送開始。
現在、第5シーズンまで制作されていて、日本では2019年2月からYouTubeにて「はたらくくるま ちびっこバス・タヨ」のタイトルで観る事ができる。
作品は英語にも吹き替えられており、カートゥーンネットワーク、ネットフリックスを通して世界各国で視聴する事が可能。

DreamNoteの参加メンバーは、メインボーカルのララ&ミソ、センター・スミン、そしてグループの裏番・ハンビョル。4人はそれぞれ登場キャラクターを担当しています。

タヨ(타요/Tayo)/スミン
主人公/男の子の中では末っ子
路線番号120 – ソウル市の総合コールセンターの番号に由来
ロギ(로기/Rogi)/ララ
男の子で2番目に年上
路線番号1000 – ソウル市の人口(1000万人)に由来
ラニ(라니/Lani)/ハンビョル
最年少で紅一点の女の子
路線番号02 – ソウル市の市外局番に由来
ガニ(가니/Gani)/ミソ
最年長の男の子
路線番号1339 – ソウル市の救急医療番号に由来

センターであるスミンとマンネのハンビョル、グループでも2番目に年上のララは上手くキャラ設定にはめ込まれています。しかしDreamNoteの最年長はボニ…。センター・メインボーカル×2・ほぼもう一人のセンターという人選が完全に選抜チームっぽくて、若干他のメンバーとの格差が気になってしまいますが、個人的にはハンビョル、ミソ、スミンという推し揃いなので1mmも文句はありません。ここにウンジョが加わったら更に…とか言うのはやめにします。だって私は“DreamNote”普及委員会・会長。ララもボニもユアイもハビンもみんな大好きです。

曲自体は元々あったテーマソングを彼女たちがほとんどそのまま歌っているだけなのですが、アイドルグループらしく可愛いフリが付いています。しかし驚くべきは後半。

gifs website

間奏がダンスブレイクに。急にキレのあるダンスを披露するものだから、私、驚いてしまいました。しかしハンビョルはお腹丸出しですが、ちっちゃいお子様には問題ないのでしょうか。

それはさておき、「タヨ」は英語にも吹き替えられているというのは作品解説に記しましたが、彼女たちが歌うテーマ曲も英語バージョンが作られています。

DreamNoteが本国でどの程度の知名度と人気があるのかはわかりませんが、オフィシャルのSNS登録者数を参考にするならば「Twitter・1.1万人、Instagram・6.3千人、YouTube・非公開」なので、まだまだこれからというところ。

にも関わらず、韓国国内だけでなく国外でも人気のあるアニメとのコラボ、そして更に担当した楽曲が英語版まで製作されている事を考えると、きっと事務所がめっちゃ頑張っているのでしょう。もちろん彼女たちにはその素質があると信じていますし、楽曲リリース毎に音楽番組に多数出演している事を考えれば(活動には多額のコストがかかるため)、それだけでも事務所が彼女たちにどれほど力を入れているか分かりましょう。

ちなみにララとチョンミソのメインボーカルコンビは以前「時間が止まるその時(시간이 멈추는 그때/When Time Stopped)」というドラマのOSTに参加しています。

今回の「タヨ」はDreamNoteの認知度向上にひと役買うことは間違いありません。なんてったって子ども番組ですから、その内「いま韓国の子どもたちに大人気のアイドルグループ」なんて事になるかもしれません。今後は今回の4人以外のメンバーにも活動の幅が広がるように事務所の方たちにはお願い申し上げます。

そしてこのブログを読んで下さっている方たちにも、周りに「良いグループいるよ!」と宣伝して頂けたらと思います。

ではまた彼女たちのカムバ、あるいはまた新たな活動がありましたらその時に。

最新情報をチェックしよう!