ALL YOU NEED IS KPOP!

【GIANT PINK】カメをお供に、ジャピンは花道を目指す【イェリ(Red Velvet)】

今年の2月25日に「Mirror Mirror」で約1年ぶりにカムバしたジャピン姉さんことGIANT PINK。
そのジャピン姉さんが「Mirror Mirror」から約3ヶ月後である5月29日(水)、「월요일 보다는 화요일 (Tuesday is better than Monday)」で早くも戻って参りました。
そしてフィーチャリングにはなんとこの人が登場!

Red Velvetのゼニガメことイェリ!

え、どうしたイェリ!?昨年末から急に露出が増えたぞ。
12月にはSTATION3でNCT DREAMのロンジュン、ジェノ、ジェミンと共演した「Hair in the Air」、3月には再びSTATION3で自作曲「스물에게 (Dear Diary)」を披露、つい先日の5月27日にはジョイ共々Instagramの個人アカウントを開設。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yeriさん(@yerimiese)がシェアした投稿

ここに「SAPPY」やRed Velvet ARENA TOUR in JAPAN “REDMARE”」、そして6月19日にミニアルバム「The ReVe Festival」でのカムバが決定するなど、レドベルの活動も加わることになるので、なかなかの多忙っぷりです。

ReVeluvとしては吉報続きで嬉しい限りなのですが、イェリに関してはそれまでレドベル以外であまり目立った活動がなかったので、逆にちょっと「何が起こっているんだ?」と変に勘ぐってしまいます。ただそれは、3月5日に誕生日を迎え、節目の20歳を超えた(現在、韓国年齢で21歳)事で、彼女自身の中でより積極的に音楽活動に取り組もうと言う意欲が増したのかもしれません。

と、いきなりレドベルの記事みたいになってしまいましたが、今回の主役はジャピン姉さんです。
約1年ぶりのカムバとなった前作「Mirror Mirror」では、その空白期間を取り戻すかのように「止まっていた時間を再び進めるんだ」という意思表明を歌詞に込めていました。その「Mirror Mirror」は、トラップをベースとした激しいバックトラックに、ジャピン姉さんの力強いフロウが乗り、復活の咆哮とも言える強力なヒップホップトラックに仕上がっていました。
しかし今回はそこから一転、R&Bテイストのジャジーな1曲になっております。ハスキーでパンチ力のあるジャピン姉さんと甘く可愛らしいイェリの声は全く逆の声質ですが、むしろそれがお互いの声を際立たせ、他のヒップホップアーティストの楽曲とは一味違う独特な味わいを出しています。
dingo freestyleにアップされた「니어바이(nearby)LIVE」と銘打たれた動画では、その2人の掛け合いとハーモニーをより楽しめるのではないかと思います。

タイトルの「월요일 보다는 화요일(ウォリョイル ポダヌン ファヨイル)」は英題の「 Tuesday is better than Monday」通り、「月曜日よりは火曜日」という意味です。
月曜日はよく“ブルーマンデー”なんて言われたりしますが、そんな気の滅入る月曜日を乗り越えて、「火曜日からはあなたとずっと一緒にいたいの」という可愛らしい想いが綴られています。
ジャピン姉さんがあの声で「不安な時、怖い時も/あなたといるだけで私は幸せ/いつでも私を守ってくれる?」なんて歌うもんだから、「勝ち気に見えるピン太郎も、やっぱり恋する乙女なんだなぁ」と、とても暖かい心持ちになります。
しかしこれは、ただの恋の歌ではないと思っています。姉さんにとっての「月曜日」は、カムバまでに要した長い時間の事ではないでしょうか。1年という長い月曜日は「Mirror Mirror」で終わりを告げました。そして今ようやく真の「火曜日」が始まったのです。歌詞にはそんな嬉しさと、この先の期待が込められているような気がします。

Kポアイドルに対し、「花道だけ歩こう」という言葉を目にする事があります。これは長く辛い練習生生活を経て、ようやくデビューが叶ったアイドルに対し、グループのメンバー同士、そしてそれを見守ってきたファンが、この先の明るい未来を願って投げかける言葉です。しかしもちろんそれは、アイドルやデビューに限った言葉である必要はありません。

月曜日よりは火曜日。

日本では古来から亀は長寿の象徴とされてきました。そしてハワイをはじめとするポリネシアン地帯では幸福のシンボルでもあります。

ゼニガメ・イェリを迎えた「월요일 보다는 화요일 (Tuesday is better than Monday)」。
これ以上ない週明けです。

最新情報をチェックしよう!