ALL YOU NEED IS KPOP!

【IZ*ONE】世界照準と日本基準【Buenos Aires】

6月3日にIZ*ONE(アイズワン/아이즈원)が6月26日に発売される日本2ndマキシ・シングルから「Buenos Aires」のMVを先行公開しました。本楽曲は先立って6月1日(土)の深夜にNHKの「シブヤノオト」という番組でショートver.が初披露されています。

IZ*ONEは6月7日から9日までの3日間、ソウル蚕室(チャムシル)室内体育館で初となる単独コンサート「IZ*ONE 1ST CONCERT ‛EYES ON ME’ IN SEOUL」を終えたばかりですが、その公演最終日にはサクちゃんから幕張メッセ、神戸ワールド記念ホール、福岡マリンメッセ、さいたまスーパーアリーナの4会場をまわる日本ツアーの発表がありました。「Buenos Aires」はそのツアー・タイトル曲になるものと思われます。

前作の日本デビューの曲である『好きと言わせたい』でも、そうでしたが今回も日本アイドルお得意のユニゾンだらけです。前回なかったラップがあるのですが、合唱しちゃってます(一応イェナがリードとってます)。他にもユジンサクちゃんがリードをとったり、ユリがハイトーンするパートはありますが、完全なソロの箇所はありません。しかもそのユニゾンが3人ずつの4ユニットに分かれており、非常に不思議な構成となっています。

MVの監督は林響太朗であいみょんとか米津玄師とかのMVを手がけている凄い人で、コメントもあります。

楽曲から感じられる「誘惑」を食虫植物に込めて作らせていただきました。
誘惑は、五感の様々な形で刺激するものだと考えます。それは時に猛毒にもなります。甘い誘いと鋭い切れ味の狭間に生まれる魅力を素晴らしいダンスや美術、照明、全て全力で僕らなりに表現してみました。よろしくお願いします!!

だそうです。

WIZ*ONE盤
(IZ*ONE JAPAN OFFICIAL SHOP限定)

「Buenos Aires」
作詞:秋元康 作曲:渡辺未来

宮脇咲良ウォニョンミンジュ ***
イェナ
ユリユジン ***
チェヨンチェウォン本田仁美 ***
ウンビヘウォン矢吹奈子 ***

Woah woah woah oh oh oh oh oh***
Na na na na na na***

Voulez-vous Voulez-vousって******
ねえ何が欲しいの***
Voulez-vous Voulez-vous******
何をするつもり***

Honestly Honestly******
はっきりと言って欲しい***
Honestly Honestly******
どこかへ誘いたいんじゃない?***

じっとしていられない***
この状況***
現実逃げたいなら***
見つめ合ったってしょうがない***
世界のどこか***

素敵な天国見つけましょう******
さあ今すぐ***
遠方の汽車に乗り (Give me!)******
想像の船進め (Move it! Move it!)******
羨望の街まで 逃避行しようか******

Take me! Buenos Aires Buenos Aires
Have you ever been there?
いつか映画で見たこの街並
タンゴが聴こえるわ
Buenos Aires Buenos Aires
I wanna be right there
追いかけては来ないでしょう
Te tete te Que bien
二人だけ

Ah… Oh… 愛してる*
Te tete te Que guay
さあ未来
Oh…* Voulez-vous

Oh! You know we gonna make it*
Love is all that matters we can’t fake it*
面倒なやつらなんて振り切っちゃって
It’s our love it’s our love going down
Just a place we only know the word of*
Throw away what we got and start off*
地名の響きだけで goal 決めた
Buenos Aires coming to get ya

どこへだって行けるのよ***
瞳(め)を閉じれば***
見えない街 見えて来る***
愛だけが真実の地図***
導かれるまま***
一途に流されて行きましょう***

さあこれから***
羨望の海を越え (I can do it!)******
願望の空見上げ (Ole! Ole!)******
絶望を振り切り 添い遂げてみようか******

This is Buenos Aires Buenos Aires
Yes, I have been here
古い radio から流れる music
誰かが踊ってる
Buenos Aires Buenos Aires
Do you wanna be here?
私たちだけのパラダイス
Te tete Fantastico

さあ今すぐ***
遠方の汽車に乗り (Give me!)******
想像の船進め (Move it! Move it!)******
羨望の街まで 逃避行しようか******

Take me! Buenos Aires Buenos Aires
Have you ever been there?
いつか映画で観たこの街並
タンゴが聴こえるわ
Buenos Aires Buenos Aires
I wanna be right there
追いかけては来ないでしょう
Te tete te Que bien
二人だけ

Ah… Oh… 愛してる*
Te tete te Que guay
さあ未来
Oh…* Voulez-vous

(Voulez-vous)
Voulez-vous…
(Woah yeah)
Voulez-vous…
(Buenos Aires)
Voulez-vous…
(Na na na na)
Voulez-vous…

通常盤 Type A 通常盤 Type B

作詞は当然、前回と同じく“やすす”こと秋元康です。タイトルの「Buenos Aires」はアルゼンチンの首都「ブエノスアイレス」のことですが、“駆け落ち”を思わせるような歌詞から、おそらくウォン・カーウァイ監督の映画「ブエノスアイレス」から着想しているものと思われます。映画は1997年の香港映画で、ゲイカップルの恋愛旅行を描いたものです。

歌詞にある“Voulez-vous(ヴーレ・ヴー)”はフランス語で「あなたは~を求めているの?」、“Honestly(オネストリー)”は英語で「全くもう!」や「本当のところ」という意味なので、日本語の箇所と併せると、どうしたいのかをはっきり言わない恋人の様子に苛立っている感情を歌っていることがわかります。また“que’ bien(ケ ビエン)”“que Guay(ケ グァイ)”は両方ともスペイン語で「いいね」や「すごい」などの感嘆を表す言葉で、禁断の愛に悩むフランス語と英語を話す恋人が、もういっそのこと言葉も通じない地球の裏側に行ってしまおうかと恋の逃避行を企てる様子が描かれています。

この恋人の関係性は韓国語と日本語が入り混じるIZ*ONE を指していて、日本や韓国以外の国でも活躍できるような世界的なアイドルになるんだぞ!的な意気込みを示唆しているんではないかと思います。

んーとだとすると、このユニゾンだらけのドメスティックな楽曲の作り方はやめたほーがいいような気もしますけどね…

最新情報をチェックしよう!
広告