ALL YOU NEED IS KPOP!

【BiBi】蝶のように舞い、猫のように鳴く【NABI】

5月25日付の記事にて「すごい逸材が現れたぞ!」と紹介したBiBiですが、早くも6月12日に1stEP「사랑하는 사람들을 위한 지침서(The Maunal for People Who Want to Love)」をリリースしました!
といってもどうやらシングル「BINU」は正式デビューではなく、リードシングルという立ち位置らしいので、今回のEPがそれに当たるようです。私、いまだにこの概念がイマイチ飲み込めず。

まぁ、それはいいとして、彼女のプロフィール、経歴に関しては以下をご参照下さい。

【BiBi】シャボン玉は音楽と遊ぶ【BINU】

英題では「Maunal=取扱説明書」という単語が入っていますが、原題の「지침서(チヂムソ)」は「手引き、指針書」なので、「愛する人のための手引き(指針書)」の方が正確なニュアンスが伝わりそうです。

全4曲で構成されたこのEP。
BiBiは全曲の作業に直接参加し、所属事務所であるFeelGhood Musicは「“ストーリーテラー”BiBiの魅力をたくさん詰め込んだコンセプトアルバムで、R&B、ヒップホップ、ポップなど様々なジャンルの曲で異なる愛の物語を紡いだ」と説明しています。

タイトル曲であるTRACK1.「NABI」(나비=蝶)は、猫と猫を好きな人のための曲で、BiBiが観察者の視点から語り部として愛を語るというもの。TRACK2.「Give More Care Less」は明日が見えない人のために、TRACK3.「Pretty Ting (feat. Kim Seungmin)」は悪い男と恋に落ちてしまった女性のために、TRACK4.「Fedexx Girl (feat. CHANGMO)」は長距離恋愛をする人に向けた愛の手引きとなっています。

アルバム紹介ティーザーはテレビショッピングのパロディになっていますが、こういうふざけた(褒め言葉です)アプローチって意外となかったような気がします。アーティスト然としてカチッとカッコいい映像を作る人も沢山いますが、色物とギリギリのラインが彼女の独特な立ち位置を表しているかなと。

そのタイトル曲「NABI」でのBiBiは、猫のような気ままさで様々な表情を披露しており、スクショを撮っても撮れ高が多くて選ぶのに悩むほど。それはつまり「映える存在」だという事です。スター性と言い換える事も出来ます。

思い返せば彼女が準優勝を果たした「THE FUN」への出演は、現所属事務所の代表を務めるタイガーJKの愛妻、ユン・ミレ御大がBiBiのSoundcloudを聴いた事がきっかけでした。タイガーJKも彼女の歌を聴き、すぐに一緒に作業をしたくなったと言っています。更には「アーティストとしてとても華があるし、ストーリーを上手く作る。シンガーとしてだけでなく、さまざまな作品を作ることができそうなので、とても期待しています。天才的な作家だと思うので、多くの皆さんにぜひ知っていただきたい」とも語っています。

BiBiはEPリリース日の6月12日に記念ショーケースを行いましたが、タイガーJKは「NABI」の曲がかかった時に「あまりにも幸せな瞬間で、涙が出た」そうです。
そのタイガーJKは、今やKヒップホップ界随一の個性を放つAOMG所属のラッパー・Woo(ウ・ウォンジェ)を見い出した張本人でもあります。つまり私にとってタイガーJKの先見の明は間違いないものだとも言えるのです。

そんなBiBiは6月13日のM COUNTDOWNにて見事音楽番組デビューも果たしました。

1theKで公開されたスペシャルクリップもそうですが、やはり彼女の面構えと雰囲気は只者ではないという事を改めて感じさせてくれます。

デビューショーケースで彼女はこんな事を言っていました。

私は決して“美しく綺麗で、見るだけで良い人”になりたくありません。
“完璧ではない歌手”として大衆の代弁者になりたいんです。
なぜなら完璧な人というのは存在しないからです。
私は“欠点の美しさを知る歌手”になりたいと思います。

この発言からして、もうなんか期待しかありません。

童謡「ちょうちょう」

ちょうちょう ちょうちょう
菜の葉にとまれ
菜の葉にあいたら 桜にとまれ
桜の花の 花から花へ
とまれよ遊べ 遊べよとまれ

BiBiよ、大いに歌で遊んでくれ。

最新情報をチェックしよう!