ALL YOU NEED IS KPOP!

【韓国旅行記】in SEOUL【街ブラ編・その1】

6月末、人生初となる韓国旅行の模様を記録した韓国旅行記。

【韓国旅行記】in SEOUL【オタ活編・その1】
【韓国旅行記】in SEOUL【オタ活編・その2】
【韓国旅行記】in SEOUL【オタ活編・その3】

全3回に渡り「オタ活編」としてお送りしてきた訳ですが、旅行記としては【街ブラ編・その1】【その2】をもって完結となります。
タイトル通り、オタ活以外で体験した事をザッと紹介していきます。

まず私が今回の旅で主に使った交通手段は地下鉄と徒歩。
地下鉄は鉄道路線の総称で、また別にJRのようなものがある訳ではありません。
ソウルには20の路線が走っており、これでほとんどが事足りると思います。初乗りは140円ほど。乗り換えなどをしても日本ほど加算されず。滞在中かなり利用しましたが、全部で2,500円も使わなかった(うちタクシー1回も含む)と思います。
そしてもう一つはタクシー。初乗りは400円弱ですが、東京でいえば渋谷〜新宿間でも1000円はいかないでしょう。
どちらも日本の半分〜1/3くらいの感覚です。

そこで大活躍するのがこちら。

T-moneyカード。
Suicaと同じで地下鉄、バス、タクシーで使えます。400円くらい。
これはオリジナルで作ったチョPD。好きな写真をプリント出来て600円くらい。

韓国に行った人に1000円分くらいチャージ(ちなみに韓国で“チャージ”という言葉は隠語でNGなので“充電”と言います)した物をお土産として貰っておくと、空港の低いレートで換金しないで済みます。

という事で

DAY-1

金浦空港から直接オマゴルの事務所・WM Entertainmentのある地下鉄6号線、望遠(マンウォン/망원)駅に向かった私は、ここで初めて韓国の街を体感します。


「とんかつ・うどん」という、日本ではあまり見られない業態。
ただ看板の動物は猪ではないかと。

八百屋で売られていた色鮮やかなトマト。
値段は少し安い気がします。

普段は絶対こんな写真は撮りませんが、渡韓初のお店に入っての注文だったんでね。
しかしソウルはそこら中にコーヒースタンドがあります。店員さんも可愛らしいコが多かった。

その後は【韓国旅行記】in SEOUL【オタ活編・その2】のMカを挟んで、明洞のホテルへ。

宿泊したのはHOTEL PRINCE SEOUL
明洞駅から直ぐで、渋谷・ハチ公前から109に行くよりも近いです。立地良し、部屋は清潔で綺麗。値段も高くはないです。従業員は、まぁ、普通。

晩ご飯を求め、明洞の街へ。
平日の夜にも関わらず、まるで週末並みの人がいます。新宿と渋谷を足したようなゴチャゴチャ感。


明洞という場所がらもあるのか、なかなか1人で食事出来そうな店が見つからず。20分くらいウロウロして、ようやく良さげな所を発見。二階にあったその店を階段から覗き込むと、店員に手招きされます。一瞬躊躇したものの、えぇい行ったれと中へ。
これが当たりでした。


安い。
メニューも雑に手書きで直されているのが高ポイントです。


注文したのはビビンチョルミョン(비빔쫄면/ちょっと辛い冷やしラーメンみたいな感じ)とキンパ(のり巻き)。
付け合わせにはキムチ・たくあん・わかめスープ。
麺は弾力があり、キンパはしっかりごま油が効いていて、どちらも美味です。

食事した所にビールはなかったので、スーパーでツマミなどと一緒にお酒を購入。
最近流行っているらしいハニーバターチップスと、タコだと思ってたらイカだった燻製。

ビール二本とチョンハ(청하/清河。焼酎だと思って買ったら清酒と書いてありました)を半分ほど飲んでチャルジャヨです。

DAY-2

朝の明洞はそれほど人がおらず。
そして韓国では店内が全面禁煙との事ですが、そのぶん写真のように路地裏などで結構ばんばん吸っています。
喫煙者の方はそれほど心配する必要はないでしょう。

朝食はお粥。このチョイスは個人的に失敗。
味自体は美味しかったですが、店員さんは普通に日本語を話し、店内も日本人観光客しかいないので、面白くなかった。私は色々と困りたかったのです。
じゃあ何でこの看板を見て入ろうと思ったんだという感じですが、昨晩同様になかなか店が見つからず、もういいやここでってなったんだと思います。探してる時間がもったいなくて。

その後はチングと合流する夜まで事務所やCDショップ巡り。
写真は地下鉄7号線・清潭駅近くのSM Entertainment・コミュニケーションセンターへ向かう途中にあった集合住宅。
飛行機からも見えましたが、これが一般的な作りっぽいです。

夜8時過ぎ、ソウル駅でチングと待ち合わせ。
しかし異国で待ち合わせて会うって、やはりなんかテンション上がります。ちなみにゾンビはいませんでした。


晩ご飯は肉一択。
チングが事前に調べていた焼肉屋を探しますが見つからず。
店構えの雰囲気などから「もうここでいいんじゃない?」となって入ったんですが、結局はここがお目当の店だったという、よく分からない展開。


散々肉を食らい、海鮮も食らう。

ゴリラ(私)とナマハゲ(チング1)はそれぞれ瓶ビールを2本づつ飲み、その後マッコリへ。
18禁(チング2)は酒が飲めません。
しかしマッコリを2杯と言ったつもりが、そういう単位がないのか、ボトルが2本出てきてしまいます。
それでも「まぁいっか」となんだかんだで飲みきったゴリラとナマハゲ。かなり酔いは回っていましたが、なにしろ異国の地でキブニ チョアヨ。ラストオーダーと言われ、まだ少し飲み足りない感じです。

「運ちゃん、明洞まで行っとくれい」とばかりのテンションでタクシーを拾ってホテル近くまで戻り、酒などを買いに初日にも行ったスーパーへ。ちょっと古めのIU嬢がお出迎えです。
我々は同じホテルに宿泊していたので、2人の部屋へお邪魔します。そこでTWICEやらIZ*ONEなどのMVをスマホで観ながら部屋飲みを小一時間ほど。18禁とナマハゲがどれほど面白かったかはわかりませんが、こうして私にとっての韓国2日目の夜も結局はKポップで更けていくのでした。


いよいよ次は旅の終わり

【韓国旅行記】in SEOUL Final【街ブラ編・その2】

乞うご期待!

という程ではありませんが、読んでもらえたら嬉しいです。

最新情報をチェックしよう!