ALL YOU NEED IS KPOP!

【MAMAMOO】ゲリラメガネ【Gleam】

7月24日午後6時

突如としてMAMAMOO(ママムー/마마무)のMV「다 빛이나(Gleam)」が公開されました!

な、なんだ!どーした?なにが起こった⁉︎ と、一人どよめきつつ公式Twitterに潜入捜査を試みたところ…発見!

なんと同日正午12時、わずか6時間前に一度だけ告知されていました。「そりゃ気づかんわ」と自分のムームー(ファンダム名:大根の意)としての尊厳を取り戻しつつ「んで、この曲はなんなんだ?」とMVを見返し「みんな、メガネ似合うなぁー」なんて思ってたんですが「ん?ママムーとメガネ?」と、頭の中のハードディスクから1枚の写真がペロッと出てきました。

【韓国旅行記】in SEOUL【オタ活編・その1】 で、メガネ屋の広告塔になっているのを思い出したのです。確かに小物や衣装というにはメガネメガネしすぎてるもんなと納得しつつ、今度はママムーの本国でのメガネ活動に潜入捜査です。

ママムーを企業のモデルとして起用しているのはDAVICHI(다비치)という韓国国内に200以上の店舗を展開する大型眼鏡専門チェーン店です。YouTubeのオフィシャル・チャンネルには、上記に貼った以外にも様々な動画を見ることができます。

日本に来た時は109ブランドのEGOISTとコラボしたり、今月28日にはファサ女性広告モデルのブランド評判で1位を獲得するニュースがあったりと、最近のママムーはインフルエンサーとしての評価がうなぎのぼりの模様です。

そのファサはMV公開の前日23日に、めでたく25歳(韓国年齢)を迎えており、スペシャルなカバー動画をムームーに逆プレゼントしてくれています。

広告塔としての話に戻しますと、企業がアイドル(芸能人)を起用するのは、そのブランドの信用価値を高められるとともに、そのファンに商品をアピールできるからです。ここでいうところのママムーペンつまりムームーということになります。

逆にママムー側にとっての旨味はギャランティを手にすること以外に、メガネフェチつまりはメガネペンを新たなファン層として獲得することができるのです。小生は男子(おじさん)なので、EGOISTとのコラボの時は「ふーん「너나 해(Egotistic)」と掛けてんのかな」って程度でしたが、メガネ女子は好きなので今回のコラボにはテンション上がっております。敬礼!

ママムーが新たなファン層を獲得したい理由は、2つの大きなイベントがあるからです。

一つはもう終わってしまいましたが、7月27日〜28日に大邱EXCOで開催された「4season F / W IN DAEGU」です。まぁ本国ムームーには、ママムーが広告しているのはお馴染みの話でしょうから、シンプルにサプライズ・プレゼントといったところでしょうか。

もう一つは、8月11日パシフィコ横浜、8月13日Zepp Osaka Baysideで開催される来日公演「MAMAMOO 2nd Concert Tour in JAPAN: 4season Final」に向けて、追加の宣伝といったところでしょうか。こちらの公演では先立って日本1stアルバム『4colors』の発売(8月7日)が告知されており、全曲のトレーラー(TEASER)が公開されています。

相変わらず日本語には違和感しかありませんが、メガネもあんなに似合ってるんだから、そのうち馴染ませてくるでしょう。

と、言うわけで今回のゲリラ的な音源公開には、そんな思惑があったと言うことです。

「다 빛이나(Gleam)」を制作しているのは、ママムーと同じRBWに所属する作曲家Cosmic SoundCosmic Girlのコンビです。

Cosmic Sound Cosmic Girl

二人はこれまで最新アルバムである『White Wind』の収録曲「Where R U」「My Star」や

今回と同じく企業との協賛曲である「매일봐요(毎日会いたい/MAEIL BIO)」「woo hoo(期待しても良い日/기대해도 좋은 날)」などを手がけています。

企業コラボ職人である作曲家によって制作された「다 빛이나(Gleam)」も、しっかり宣伝を果たしながらも、素晴らしい出来栄えに仕上がりました。

今回は少し驚かされてしまいましたが、結局のところ曲が良くて活き活きしてるママムーが見れたので、ハッピーメガネ大根なのです。



最新情報をチェックしよう!