ALL YOU NEED IS KPOP!

【NCT DREAM】永遠の10代【BOOM】

お勉強の時間です。

SM Entertainment所属のグループ・NCT、ご存知ですよね。どんな曲をやっているグループなのかを知らなくても、流石にその名前は聞いた事があるだろうと思います。

そんな方たちがNCTに抱くイメージはおおよそ以下のようなものではないでしょうか。

  1. 人数が多いっぽい
  2. なんか色々グループがあるっぽい
  3. いま凄く人気だって聞く

はい、その通りです。

彼らの概要を説明しますと、グループ名の「NCT」は「Neo Culture Technology」の略であり、「無限の開放と拡張」をテーマとしています。メンバーは韓国を中心に、アメリカ、カナダ、中国、日本、タイ、ドイツという、おそらくKポップアイドル史上最も多国籍な構成になっております。
その「NCT」は、いわばブランド名であり、現在はそこから派生する4つのサブグループが存在し、総勢21名。2つ以上のグループを兼任しているメンバーもいます。基本的には「活動グループ、メンバー数の制限がない」という概念で作られているので、今後はもっと増える可能性も大いにあり得るのですが、ひとまず現在活動中の4グループは

2016年4月にデビューした「NCT U」。
2016年7月にデビューした「NCT 127」。
2019年1月にデビューした中国を拠点に活動する「威神V (WayV/WeiShenV)」。

そして今回紹介する「NCT DREAM」です。

ロンジュン(런쥔/RENJUN)
ファン・インジュン(황런쥔/黄仁俊)
2000年3月23日
中国・吉林省吉林市
170cm/52kg/O型
NCT/NCT DREAM
リードボーカル/ダンサー
ジェノ(제노/JENO)
イ・ジェノ(이제노/李帝努)
2000年4月23日
大韓民国・仁川広域市
177cm/58kg/A型
NCT/NCT DREAM
サブボーカル/リードラッパー/リードダンサー
ヘチャン(해찬/HAECHAN)
イ・ドンヒョク(이동혁/李東赫)
2000年6月6日
大韓民国・ソウル特別市
173cm/57kg/AB型
NCT/NCT DREAM
メインボーカル
ジェミン(재민/JAEMIN)
ナ・ジェミン(나재민/羅渽民)
2000年8月13日
大韓民国・全羅北道全州市
177cm/58kg/AB型
NCT/NCT DREAM
サブラッパー/サブボーカル/リードダンサー
チョンロ(천러/CHENLE)
ジョン・チェンラー(종진락/鍾辰樂)
2001年11月22日
中国・上海市
178cm/58kg/O型
NCT/NCT DREAM
メインボーカル
チソン(지성/JISUNG)
パク・チソン(박지성/朴志晟)
2002年2月5日
大韓民国・ソウル特別市江北区
179.8cm/59.6kg/O型
NCT/NCT DREAM
メインダンサー/ボーカル/ラッパー

デビューは2016年8月27日リリースのデジタルシングル「Chewing Gum」。

Chewing Gum

こちらをご覧になった方、もしかしたら驚かれたかもしれません。

だってメンバーが

キッズ。

これには理由があります。
このNCT DREAM、他のサブグループとは違う特徴があります。
それは全員10代で構成されているという事です。NCT U、NCT 127、威神Vという他のグループに年齢制限がありませんが、DREAMは10代オンリーなのです。ですので20歳になると“卒業”しなければなりません。デビュー当時7人だったのが現在は6人体制なのも、昨年の12月に最年長だったマーク(後列・真ん中の眼鏡っ子)が卒業したからなのであります。
つまりこのデビュー当時、メンバーは14〜16歳。まだ色々ツルツルでフレッシュなヤングだった訳です。

そんなヤングなキッズたちもすくすくと成長していきます。

마지막 첫사랑 (My First and Last)
2017年2月9日/1stシングル「THE FIRST」
We Young
2017年8月17日/1stミニアルバム「We Young」
JOY
2017年12月15日/デジタルシングル「JOY」(STATION 2)
We Go Up
2018年9月3日/2ndミニアルバム「We Go Up」
사랑한단 뜻이야 (Candle Light)
2018年12月27日/デジタルシングル「사랑한단 뜻이야 (Candle Light)」(STATION 3)
NCT DREAM X HRVY「Don’t Need Your Love」
2019年6月6日/デジタルシングル「Don’t Need Your Love」(NCT DREAM X HRVY/STATION 3)
Fireflies
2019年7月15日/デジタルシングル「Fireflies (THE OFFICIAL SONG OF THE WORLD SCOUT FOUNDATION)」

そして2019年7月26日、3rdミニアルバム「We Boom」(タイトル曲「BOOM」)でカムバした訳です。

試しに「Chewing Gum」と今回の「We Boom」のジャケットを見比べて見ることにしましょう。

なんということでしょうか。あどけない顔でチューイングガムに夢を詰め込んで膨らませていたキッズたちは、今やシックなスーツも着こなす青年へと育っているのです。

今回の「We Boom」はアーバンポップ、トラップ、モータウン、ヒップホップ、ポップなどNCT DREAMならではの様々なジャンルの曲が収録されていますが、これまでと少々違うのは、10代ならではの跳ねるような溌剌さや爽やかさよりも、まさしく少年から青年へと移り変わる、大人一歩手前といった魅力が、これぞSMといったサウンドで彩られていることです。

さて、NCTは現在4つのサブグループがある事、そしてこのNCT DREAMは10代のみで構成されている事は先に説明させて頂いた通りです。
NCTはSMが世界を見据えて展開するプロジェクトであり、今後も「無限の開放と拡張」をテーマに掲げている通り、新たなグループが世界各地でデビューする事は想像に難くありません。
その壮大なプランは、DREAMの中にも見いだす事が出来ます。
DREAMで最年長メンバーだったマークは昨年12月に卒業していますが、彼の生年月日は1999年8月2日。韓国では数え年(生まれた年を一歳として、新年を迎える度に一歳を加えて数える年齢)を使用するので、卒業の時点(2018年)ではすでに20歳でした。

マーク(NCT/NCT U/NCT127)

何が言いたいかお分かりでしょうか?
つまりNCT DREAMは20歳になったら卒業というシステムですが、これは韓国の数え年ではなく、世界一般的な年齢の数え方である「周年」(誕生日を迎えた時点で加齢加年する数え方)を採用しているという事です(ただし、20歳を迎える半年以上も前に卒業した理由はわかりませんが、兼任するNCT127が忙しいからでしょう。多分ですが)。

なぜか。世界展開する上では、単純にややこしいからです。一見些細な事かもしれませんが、どれだけの規模で展開しようかを考えているSMならではの配慮でしょう。

そんなNCT DREAMの現メンバーも、数え年ではすでに卒業していなければならないメンバーが4人(ロンジュン、ジェノ、ヘチャン、ジェミン)います。言い換えれば、このメンバーでのDREAMも今年いっぱいか、それぞれが誕生日を迎える1年余り。その後はNCTを輩出したSM Rookiesから新たなメンバーが加わる事でしょう。

NCTzen(ファンダム名)からすれば残念な事かもしれませんが、このNCT DREAMは他のサブグループでは決して出来ない一つの夢を常に提供してくれます。

私が考える“老い”とは、“成長”することをやめた時から始まると思っています。それは精神論ではありますが、一方で肉体的には確実に衰えていきます。現代の科学を持ってしても不可能なこと。それは時間を戻すことです。

しかしNCT DREAMは「無限の開放と拡張」に加え、常に“循環”を繰り返すことで“成長”し、我々がもう2度と手に入れる事のできない“10代”を保ち続けます。

10代という儚くも輝かしい夢を永遠に見せ続けてくれるグループ。それがNCT DREAMなのです。

最新情報をチェックしよう!