ALL YOU NEED IS KPOP!

【FANATICS】熱狂は日曜日に始まる【SUNDAY】

8月6日(火)、FENT(Fascino Entertainment)所属の6人組ヨジャグループ・FANATICS(파나틱스/パナティクス)が1stミニアルバム「THE SIX」(タイトル曲「SUNDAY」)でデビューしました。

まずはおめでとうございます。

そしてやっとですね。

というのもこのFANATICS、グループとしては珍しく、昨年の11月26日に「FANATICS-FLAVOR」という3人組のユニットが先にデビューしております。
このユニットは、IZ*ONEを生んだサバイバル番組「プロデュース48」に出場し、最終順位23位の成績を残したキム・ドアちゃんがいたことから「あのドカコーラ(なんでも物事をズバズバ言う言動から、スッキリするという評価を得てついたあだ名)がデビューするってよ」とちょっとした話題になっていました。

【FANATICS-FLAVOR】前菜のお味はいかがでしょうか【MILKSHAKE】

この時すでに「何人かメンバーを加えて、FANATICSという名前で完全体デビューを予定している」とアナウンスされていましたが、中々続報が出ず。
ようやく4月になってFENTのYouTubeオフィシャルチャンネルで新メンバーがお披露目されていきます。

SIKA & DOI/Taylor Swift ‘Shake It Off’ COVER
CHAELIN & DOAH/Iggy azalea ‘Change Your Life’ COVER
Britney Spears/Womanizer(waackxxxy Choreography)

そしてユニットデビューから約8ヶ月。FANATICS-FLAVORに3人を加え、ついに完全体でのデビューとなったのです。

ドイ(DOI)
キム・ドイ(김도이)
1994年4月12日
大韓民国
170cm
リードボーカル
FANATICS
シカ(SIKA)
レン・シカ(렌시카/廉斯嘉)
1995年8月22日
日本(国籍:中国)
身長/血液型:ー/ー
リーダー/メインボーカル
FANATICS
チェリン(CHAELIN)
イ・チェリン(이채린)
1999年10月20日
大韓民国
162cm/A型
メインラッパー/ボーカル
FANATICS
ジアイ(CHIAYI)
リ・チャイ(李家儀/Lee Chia-Yi)
2000年1月22日
台湾
164cm/O型
メインダンサー/ボーカル
FANATICS/FANATICS-FLAVOR
ユンへ(YOONHYE)
チョン・ユンへ(정윤혜)
2001年10月4日
大韓民国
173cm/O型
リードダンサー/ラッパー/ボーカル
FANATICS/FANATICS-FLAVOR
ドア(DOAH)
キム・ドア(김도아)
2003年12月4日
大韓民国
163cm/O型
マンネ/リードボーカル/リードラッパー/センター
FANATICS/FANATICS-FLAVOR

FANATICSのメンバーはドアちゃん以外、経歴などの情報が全然ありません。
ただユンへは元JYPの練習生で、レンシカちゃんも元JYP。加えて彼女はSIXTEENが始まる前に、サナやモモとデビュー控え組だった日本人メンバーに入っていたらしい、というのはユニットの紹介記事内で書いております。
そんな中、もう一つ新たな情報があります。
日本生まれ、中国育ちの日中ハーフというバックボーンを持ったレンシカちゃんですが、具体的な期間はわからないものの、少なくとも2015年〜2016年にかけて女性ファッション誌・ViViで、在日中国人を対象とした「ViVi girl CHINA」という読モをやっていたようです。
これまでカバーダンスチーム出身社交ダンスを長年やってきたというアイドルはいましたが、読モ経験者は初ではないでしょうか。

この動画では日・中・韓国語を話すレンシカちゃんが観れます。

さて、このデビューミニアルバム「THE SIX」はKARDのプロデューサーでも知られるNassun(낯선/ナッソン)がプロデュース・作詞・作曲・編曲の全てに携わり、振り付けにはあのペ・ユンジョン率いるYAMA&HOTCHICKSを起用、アルバム収録曲の「REMEMBER」ではレンシカちゃんとドアちゃんも作詞に参加しております。
タイトル曲「SUNDAY」は「毎日が日曜日だったら良いのに」という歌詞に、夏らしいトロピカルサウンドが調和された曲になっております。

そんなFANATICSですが、今後は不思議な展開になりそうです。というのも「FANATICSはメンバー構成が自由で、今後発売されるアルバムのコンセプトに基づいて多彩なメンバー数を設定する予定」ということなのです。これはまたユニットが出来るという事なのか、はたまた新メンバーが加わるという事なのか。

グループ名である「FANATICS」には「情熱的な人を意味する言葉である“fanatic”を元に、自分たちの音楽を愛してくれる多くの人々を“fanatic”にする」という意味が込められているそうです。
しかし日本の辞書では少々ニュアンスが異なり、そこには「熱狂的な愛好者・支持者/熱狂的なさま」と書いてあります。

「FANATICSを聴いていれば毎日が日曜日」というほどの熱狂を生み出すことが出来るのか。そしてグループ構成は一体どうなる。

続きは次のドアが開いてから、ということで。

最新情報をチェックしよう!