ALL YOU NEED IS KPOP!

【The Rose】青春よ、赤く染まれ【RED】

あなたは何色に染まりたいですか?

今まで好きな色を聞かれる機会は幾度もありましたが、私は生涯こんな質問はされたことはありません。

経験があるとしたら、戦隊モノの配役決める時とか、スパイのコードネーム決める時など、特殊な境遇の人でしょう。もしくはカメレオンとかね。

I wanna be RED
私は赤になりたい

堂々と自分のなりたい色を語っているのは、上記の特殊な人たちではなく、The Rose(더 로즈)というバンドの面々です。

当ブログでは、先日リリースされたボーカル・ウソンのソロデビュー・ミニアルバム『WOLF』で初登場の、2017年8月3日にデビューした4人組のロックバンドです。

【ウソン】エロスの極み【The Rose】

バンドとしての特徴は、やはりウソンのエロティックなボーカルに代表される艶やかなサウンドが挙げられるでしょう。

来歴はウソンの記事でも少し触れているので今回はメンバーをご紹介。

WOOSUNG
(Sammy)
キム・ウソン(김우성)
1993年2月25日(27歳)
リーダー/メインボーカル
エレキギター
DOJOON
(Leo)
パク・トジュン(박도준)
1993年4月20日(27歳)
ボーカル
ピアノ/アコースティックギター
HAJOON
イ・ハジュン(이하준)
1994年7月29日(26歳)
コーラス
ドラム
JAEHYEONG
イ・ジェヒョン(이재형)
1994年11月3日(25歳)
コーラス
ベース

3rdシングルの『RED』はバンドとしては昨年10月に発売した2ndミニアルバム「DAWN」以来となる10ヶ月ぶりの新譜で、8月13日に同名タイトル曲のMVと併せて公開されました。

その間は、ウソンのソロを含め個人活動などもありましたが、6ヶ月ぶりにワールドツアーを敢行し、欧州12カ国13都市、北米7都市、南米4都市、オーストラリア2都市、そして日本と、世界中でライブを開催してきました。

The Roseはデビューから今まで作詞・作曲だけではなく編曲に至るまでバンドとして手がけており、プレーヤーとしてだけではなくプロデューサーとしての手腕も発揮しています。

珍しいのは曲を作れるメンバーの誰かではなく、The Roseとしてクレジットされているという点です。つまりは毎回バンドで相談しながら、あーでもこーでもないと作ってるわけです。年齢が近いというこということもあってか、仲の良さが伺えます。

ツアーで世界中を飛び回った経験に思うところがあったのか、「RED」では閉じこもっている若者へのメッセージが歌われています。歌詞では情熱、愛などを象徴する赤色を、日常を脱皮する自由なイメージとして、空に浮かぶ花火として表現しています。そのことから聴いてもらえる人々に活気を吹き込もうとする、メンバーたちの想いが反映されています。

楽曲は幻想的でありながら軽快に広がるシンセの音、リズミカルなギターとベース、後半に走り出すドラムと調和してクールなロックベースのバンドサウンドに仕上がりました。ソロ活動を経て、より一層妖艶さが増したウソンのボーカルと合わさることで、明るいけど切ない、爽やかだけどエロい、という面白い矛盾を孕んだ曲となりました。

ポップミュージックの特徴は世相を反映することにありますが、バンドがアイドルと大きく違うのは、負の感情やマイノリティを代弁できるというところにあります。

青春を赤く染めるという色彩の矛盾は、それは韓国の国旗の色合いでもあります。現代韓国は、若者が希望の持てない時代と言われており、日本と同じく社会として将来的な不安を抱えています。

『RED』には現状を打破しようとする、バンドとしての気概が込められています。世界を知り、ひと回り大きくなったThe Roseは、またひとつ新たな音色を手に入れました。

最新情報をチェックしよう!