ALL YOU NEED IS KPOP!

【緊急速報】アンディ!カムバだョ!【G-reyish】

822

G-reyish
(그레이시/グレイシ)

4thシングル
「Bravo My Trip」

で、待望の

カムバック!

【G-reyish】アンディに捧ぐキャンディ【CANDY】

タイトルの「アンディ」とは、過去記事読んでもらうとわかるかと思いますが、私の友人の名前でもあり、世界中のG-reyishペンを指す言葉として、当ブログが勝手に用いてる総称です。

ちなみに正式なファンダム名はSyrup(シロップ)です。ので、お取り違えのないように。

アイドルには様々なファンが存在します。例えば、特定のグループだけを追いかける人、2つか3つ複数のグループを追いかける人、はたまたこのブログのように多数のグループおよび、Kポップというシーンそのものを追いかける人などなど。

そして、いわゆるメジャー(有名)ではない、マイナーなグループだけを追いかけるDDDaredemo Daisuki)と言われる層があります。

広義にはメジャーを含めて、節操なく色んなアイドルグループを追いかける人を指すのですが、オタクという人種はグループの人気が出すぎると「大きくなりすぎてしまった」と言って、身を引く傾向にあるのも確かです。

なのでここでは

DD=マイナーグループだけを追いかけるオタク道を極めようとしている人

アンディ=ある特定のマイナーグループに心惹かれてしまい、DDの入り口に立っているDD初心者🔰

と、定義します。

勘違いないように言っておきますと、マイナーマイナー連呼してますが、あくまで大人気グループの対称としてカテゴライズしているだけなので、あなたがメジャーだと思う、その気持ちを否定するものではありません。

今回めでたく4度目のカムバを果たしたG-reyishではありますが、当ブログ的には前回の記事と合わせて2度目の登場ということになります。

なので今回は前回の記事でG-reyishを知ったり、最近マイナーグループに心奪われかけているアンディたちに向けて、DDという頂に登るための指南書をこしらえました。

題して

マイナーグループがカムバするとき、それは環境が整っているメジャーグループとは訳が違います。

前作の売り上げ、それに伴う人気や知名度、予算、スポンサーの有無、メンバー本人たちのやる気や学業とのバランスなど、不確定な要素が盛りだくさんです。

なので目出度くカムバできた際、そのことに喜び、感謝を示すことが基本の基となります。

それではマイナグループでよくある事例と今回のタイトル曲「KKILI KKILI(끼리끼리) 」を参考に、鉄の掟を指南していきたいと思います。


掟その一
「謎を受け入れる!」

全然違う曲調になっている
(ことがある)

マイナーグループは事務所のパワーもないので、あーだこーだと頭をひねりながら、グループのコンセプトとかをこねくり回してデビューしてきます。

その結果ピンパンヘイガールズのように異端のアイドルが生まれてくるわけですが、大抵の場合は世間にスルーされます。つまりは売れないということですが、事務所はそれを支持するファンダムが少ないと見るや否や、急激な方向転換を容赦なく図ってくるのです!

こちらはリリース日直前21日に公開されたティザーですが、どうやら今までと同じ感じです。売れていないのに、同じ感じということに安心感を覚えるか、不安感が募るかはあなた次第です。

曲を作っているのはSLKという人で、これまでのG-reyishの楽曲にも一度も名前が出てきたことはありません。というか作歴を見ても、この「KKILI KKILI(끼리끼리) 」1曲しかないという謎の存在です。それでもなんとなくG-reyishっぽい曲が作れるということも含めて謎です。

マイナーグループは、そもそも情報量が乏しいので基本的に謎なことばかりです。なのでいちいち気にしていてはいけません。


掟その二
「単推しを作らない!」

メンバーがいなくなっている
(可能性がある)

正確には入れ替わっている可能性がある、ということなんですが。マイナーグループは兎に角メンバーの変動が激しいです。減るのはもちろん、増えるのも当たり前。最終的に初期メンバーが全員いなくなってたりします。

G-reyishの場合はどうなんでしょうか。

シニョン(Shin Young)
パク・シニョン(박신영)
2000年3月19日(20歳)
イェナ(Yena)
チョン・イェナ(정예나)
2000年4月10日(19歳)
イェソ(Yeso)
イ・イェソ(이예소)
2001年11月13日(18歳)
ヘジ(Hyeji)
ソン・ヘジ(신혜지)
1996年7月6日(23歳)

セーフ!

ただ、今回は大丈夫だったというだけで前回のカムバの前にはヒョンソという初期メンバーが脱退し、ヘジが加入しました。

まぁメンバーが一人入れ替わったぐらいはマイナー界では通常運転なので、むしろ入れ替わってないと言ってもいいぐらいです。

特定のメンバーを推していると、いなくなった場合に応援モチベーションが急激に下がってしまうので、フワッとグループ全体を応援しましょう。


掟その三
「容姿の変化に驚かない!」

マイナーグループというものは事務所の管理体制が整っていません。なので野放しからのセルフプロデュース状態なので、ビジュアル的に悪い意味で急激な変化が訪れたります。

ファ⁉︎

ホワッ!!!!⁉︎

 

ホワチャァ!?%&?!!!!

アウトー!

誰じゃあ⁈ この子はー!いやでも確かメンバーは同じはず…

てことはシニョンやないかーい!ということで肥えちまったメンバーが見つかってしまいました……。

一人だけ水着着てないし。逆特別扱いです。

まぁ彼女はもともと少しぽっちゃり気味だったので生粋のシロップ的には、ご馳走さまかもしれませんが。

逆にこのイェナのように可愛くなっちゃうケースも同じような確率であるわけで、どちらに転ぶかということも含めてマイナーグループの醍醐味だということです。

結局のところ「謎を気にせず&変化を楽しむ」ことができれば、それはもう立派なDDだと言うことです。

以上!


DDとしての心構えができた今、何をするべきかはわかっていますね?

カムバをすることでペンたちに喜びを与えてくれた、そのことに感謝を示すのです。

つまりは、CDを買い、現場に駆けつけ、SNSで礼賛する、という布教活動に身を捧げるのです。

売上げや応援が人気の指標となって、次なるカムバに向けての布石となるからです。

 

そして本日、G-reyishのYouTubeチャンネルから「[G-reyish Official] KKILI KKILI(끼리끼리) English&Japanese subtitles」という動画が公開されました!

こちらは元のMVに日本語と英語の字幕がついているんですが…

なぜ動画を日本語と英語に別けないの?とか、YouTubeの字幕機能知らんのか?とか、サムネとか字幕の入れ方とかダサくね?、とか。

どうですか!

謎すぎて楽しくなってきたでしょ⁉︎

 

日本、いや世界中のアンディたちよ!

今こそ立ち上がれ!

最新情報をチェックしよう!