ALL YOU NEED IS KPOP!

【Jimin Park】さらなる輝きを求めて【Stay Beautiful】

8月26日(月)、JYP Entertainment所属のシンガー、ジミン・パーク(Jimin Park/박지민/パク・ジミン)が昨年9月4日にリリースされたEP「jiminxjamie」(タイトル曲「April Fools (0401)」)以来、約1年ぶりにシングル「Stay Beautiful」でカムバしました。

しかしこの「Stay Beautiful」、単なるカムバにあらず。というのも、このカムバに先立った8月6日、エンターテインメント・メディアサイトNewsenにJYPがジミンと再契約しない事を正式にコメントしたからです。

ジミンは2011年12月〜2012年4月にかけてSBSで放送されたサバイバル番組「Kポップスター・シーズン1」に出場し優勝。5月にはJYPと契約し、同事務所のペク・イェリン(백예린)と「15&」というデュオを結成して10月にデビューという順調すぎるスタートを切りました。しかし15&は2015年から活動停止状態となり、同年にはソロ活動を開始しますが、OSTへの参加を除けばこれまで僅かにシングル1枚、EP2枚という活動内容に留まっていました。

当ブログではEP「jiminxjamie」(タイトル曲「April Fools (0401)」)のリリース時に記事として取り上げ、「せっかく才能があるにも関わらず、ミュージシャンとしてはリリーススパンが空きすぎなので、思い切って移籍するというのも一つの手ではないか」というような事を書きました。

【Jimin Park】幸か不幸かJYP【April Fools】

それが移籍という形ではないにせよ、結果的にはJYPを離れる事になったというのは、何やら妙な気分です。とはいえ、彼女をずっと追っているファンであれば、今年が2012年のデビューから7年目である事、そしてJYPの発表前に彼女がTwitterに投稿した文面を見た方であれば、ある程度察していたところがあるのかなという印象です。

以下は7月30日投稿された彼女のTwitterです。

その日、それは私に大きな影響を与えます。いつも私を愛してくれてありがとう。けれども私は決断しなくてはなりません。あなたが理解と愛を持っていてくれる事を願います。

※スレッド2つ目の訳

彼女がアーティストとしてどういうスタンスを望んだのか、そしてJYPはそれに対しどういったフォードバックを与えていたのかという事は知る由もありません。しかしわずか15歳でデビューし、JYPという大手事務所で学び、経験した事は彼女にとって大きな財産になっているはずです。それは彼女が綴った言葉からもJYPがどんな事務所だったのかという事をうかがい知ることが出来ます。

JYPでの7年間、私は沢山の素晴らしい人々と共に歌手として過ごせた事をとても嬉しく思います。これから寂しくなるかもしれませんが、それは私にとってのスタートでもあります。長年に渡り私を支えてくれてありがとうございます。温かな愛を決して忘れません。 #ThankyouJYP

JYPでの最後の曲となった「Stay Beautiful」は「他人の視線は気にせず、正直な自分の姿そのままを愛するように」というメッセージが込められ、作詞・作曲にはジミン本人が携わっています。

このシングルには「Stay Beautiful (Jamie Ver.)」というものも収録されており、全編が英語で歌われています。ジミンは幼少期の8年をタイで過ごし、英語をメインとするインターナショナルスクールへ通っていました。かつて韓国語より英語の方がスラスラ出てくると言っていた彼女からすれば、ある意味必然的なアプローチだったとも言えるでしょう。そしてこの「Jamie」という名前は彼女がインターナショナルスクール時代に使っていた名前でもあります。

「Kポップスター・シーズン1」での優勝、そして大手・JYPの所属アーティストとなった事は、同時に常にプレッシャーの元に晒されるという事も意味します。当時まだ年端もいかない年齢だった彼女は、思春期なりの悩みや苦悩もあった事でしょう。そんな中で過ごした年月が彼女に与えたもの。それが今回の「Stay Beautiful」に込められた「正直な自分の姿そのままを愛すること」だったのかもしれません。
それはMVプレビューでの語り口調にも現れている様にも思え、そこには事務所を離れる寂しさや不安というよりも、今後にも大いに期待して欲しいというような清々しさすら感じます。

アーティストとして更なる成長をする為に事務所を離れる決意をしたJimin Park。

その彼女はまだまだ22歳。真の輝きを放つのは、ここからです。

最新情報をチェックしよう!