ALL YOU NEED IS KPOP!

【Crush】新天地での一発目【NAPPA】

8月28日(土)、R&Bシンガー・Crushが9ヶ月ぶりにシングル「나빠(NAPPA)」をリリースしました。

当ブログではアイドルと共に韓国のヒップホップ/R&Bを取り上げておりますが、このジャンルのアーティストは自分の楽曲リリースだけでなく、他のアーティストへのフィーチャリングなどがとても多い人たちなのです。
その中でもトップクラスと言って差し支えないほどあっちにもこっちにも顔を出す人、いや、言い方が悪いですね、引っ張りだこな人、それがCrushなのです。

そのCrushは今年の6月に7年間在籍したレーベル・Amoeba Cultureとの契約が満了し、7月17日にはP NATIONと新たに契約を結びました。

View this post on Instagram

#welcome @crush9244 #pnation #피네이션

A post shared by 𝗣 𝗡𝗔𝗧𝗜𝗢𝗡 (@pnation.official) on

このP MATIONは、あの江南おじさん・PSYがYG Entertainmentと契約を終了した後、今年の1月24日に設立した事務所です。

所属アーティストは代表のPSY、フィーメイルラッパー・JESSI(元YMC Entertainment/I.O.Iのマネジメントをしていた事務所)、元ワンガ/ポミニ・ヒョナ(HyunA)とその彼氏である元PENTAGONイドン(移籍後は本名であるキム・ヒョジョンから「ヒョジョン/Hyojong」名義)(共に元CUBE Entertainment)、そしてCrushの5人です。

それぞれがどういう繋がりでP NATIONへ移籍してきたのかは分かりませんが、何にせよかなりバラエティに飛んだメンバーである事は間違いないでしょう。

「나빠(NAPPA)」は、Crushが昨年11月にリリースした「Lay Your Head On Me」以来約9か月ぶりの新曲であると同時に、移籍後初となる作品、更にはP NATIONとしても事務所設立以後、初めてリリースされる音源でもあるのです。

「나빠(ナッパ)」とは「悪い」という意味で、愛する人を離したくないが故に、口癖のように思わず「ごめん」と謝ってしまう心情が綴られた歌詞になっています。
作詞にはCrush、そしてそのCrushとは昨年7月13日にリリースされたEP「wonderlost」収録の「Endorphin (Feat. PENOMECO, PUNCHNELLO)」「뭐가 보여 (Close Your Eyes) (Feat. Hoody)」でも手を組んでいるHaventseenyouが共同で作曲/プロデュースをしています。
ミックスはFANXY CHILDのクルーメイト・Stay Tunedが手掛け、レコーディングも彼のスタジオであるStay Tuned Studioで行われています。

基本的にCrushの曲はしっとりと聴かせるバラードやアーバンなサウンドのR&B曲が多いのですが、この「나빠(NAPPA)」はボサノバが取り入れられ、秋めいた気候に近づいて来た今の季節にちょうど良い涼しげで爽やかな楽曲になっています。
リリース後はMelOnをはじめとした各種音源チャートで1位を獲得し、現在(9月3日)でもMelOn、Mnet、genieなどではリアルタイムチャート10位以内をキープするなど、音源強者健在といった感じです。

実はリリース記念で配信されたVLIVEでは、ゲストとして登場したZion.T、GRAY、ELOに「1位を獲ったら短くてもいいからNAPPAをカバーして」とお願いしていた経緯があり、その約束通りZion.Tは出演していた「GREEN COMMA MUSIC FESTIVAL」で、GRAYとELOはそれぞれInstagramでNAPPAを披露するなど、微笑ましいお祝いもあったのです。

Crushはこれまで、フィーチャリングなどで参加した楽曲のMVではコミカルな演技をしてみせたり、自身の曲とは違ったポップな歌い方、そして時にはラップに近い歌唱なども披露してくれていましたが、今回の「나빠(NAPPA)」では曲・MV共に、そういったラフで可愛らしさのある彼の魅力が溢れていたものになっていたと思います。

「나빠(NAPPA)」は「悪い」という意味でしたが、新天地での出だしはその真逆でしたね。満点と言っても良いでしょう。今後にも当然期待していますよ。Crush兄さん。

最新情報をチェックしよう!