ALL YOU NEED IS KPOP!

【BTS】最強の1曲はこれだ!【音楽番組編】

数々の栄冠を手中に収め、現在Kポップ界の頂点に君臨するBTS。

ARMY(ファンダム名)であれば、その一つ一つが鮮やかに記憶として残っているのではないかと思います。

けれども私のような“ARMYと言うには憚れるレベル”のライト層ですと、「どれくらい凄いのか」というのが感覚でしかわかりません。そこで、何か基準があれば今よりも彼らの凄さを実感出来るではないかと思い、Kポップファンにはお馴染みの音楽番組から、どの曲が何冠獲得したのかという事を調べてみました。

なお、音楽番組名の青字ケーブルテレビ赤字地上波を意味しており、各番組の詳細は以下を参照して頂ければと思います。

【KPOP】音楽番組【基礎知識2019】

果たしてBTSが最も音楽番組で1位を獲得したのはどの曲なのか。

どうぞご覧ください。

第9位
【FIRE】
3冠
2016年5月12日:SHOW CHAMPION
2016年5月13日:MUSIK BANK
2016年5月15日:人気歌謡
第8位
【Spring Day】
4冠
2017年2月22日:SHOW CHAMPION
2017年2月23日:M COUNTDOWN
2017年5月24日:MUSIK BANK
2017年5月26日:人気歌謡
第7位(同率)
【I NEED U】
5冠
2015年5月5日:THE SHOW
2015年5月7日:M COUNTDOWN
2015年5月8日:MUSIK BANK
2015年5月12日:THE SHOW
2015年5月13日:SHOW CHAMPION
第7位(同率)
【RUN】
5冠
2015年12月8日:THE SHOW
2015年12月9日:SHOW CHAMPION
2015年12月11日:MUSIK BANK
2015年12月16日:SHOW CHAMPION
2016年1月8日:MUSIK BANK
第5位
【Blood Sweat & Tears】
6冠
2016年10月19日:SHOW CHAMPION
2016年10月20日:M COUNTDOWN
2016年10月21日:MUSIK BANK
2016年10月23日:人気歌謡
2016年10月25日:THE SHOW
2016年10月28日:MUSIK BANK
第4位
【IDOL】
8冠
2018年8月31日:MUSIK BANK
2018年9月2日:人気歌謡
2018年9月5日:SHOW CHAMPION
2018年9月7日:MUSIK BANK
2018年9月9日:人気歌謡
2018年9月12日:SHOW CHAMPION
2018年9月14日:MUSIK BANK(※トリプルクラウン)
2018年9月16日:人気歌謡(※トリプルクラウン)
第3位
【DNA】
10冠
2017年9月26日:THE SHOW
2017年9月27日:SHOW CHAMPION
2017年9月28日:M COUNTDOWN
2017年9月29日:MUSIK BANK 
2017年10月1日:人気歌謡
2017年10月5日:M COUNTDOWN
2017年10月6日:MUSIK BANK 
2017年10月8日:人気歌謡
2017年10月13日:MUSIK BANK(※トリプルクラウン)
2017年10月15日:人気歌謡(※トリプルクラウン)
第2位
【FAKE LOVE】
12冠
2018年5月25日:MUSIK BANK
2018年5月26日:ショー!音楽の中心
2018年5月27日:人気歌謡
2018年5月30日:SHOW CHAMPION
2018年5月31日:M COUNTDOWN
2018年6月1日:MUSIK BANK
2018年6月2日:ショー!音楽の中心
2018年6月3日:人気歌謡
2018年6月7日:M COUNTDOWN
2018年6月8日:MUSIK BANK(※トリプルクラウン)
2018年6月9日:ショー!音楽の中心(※トリプルクラウン)
2018年6月10日:人気歌謡(※トリプルクラウン)
第1位
【Boy With Luv feat. Halsey】
21冠
2019年4月19日:MUSIK BANK
2019年4月20日:ショー!音楽の中心
2019年4月24日:SHOW CHAMPION
2019年4月25日:M COUNTDOWN
2019年4月26日:MUSIK BANK
2019年4月27日:ショー!音楽の中心
2019年4月28日:人気歌謡
2019年5月3日:MUSIK BANK(※トリプルクラウン)
2019年5月11日:ショー!音楽の中心(※トリプルクラウン)
2019年5月12日:人気歌謡
2019年5月17日:MUSIK BANK
2019年5月18日:ショー!音楽の中心
2019年5月19日:人気歌謡(※トリプルクラウン)
2019年5月24日:MUSIK BANK
2019年5月25日:ショー!音楽の中心
2019年6月1日:ショー!音楽の中心(※2度目のトリプルクラウン)
2019年6月8日:ショー!音楽の中心
2019年6月14日:MUSIK BANK(※2度目のトリプルクラウン)
2019年6月15日:ショー!音楽の中心
2019年6月21日:MUSIK BANK
2019年6月22日:ショー!音楽の中心(※3度目のトリプルクラウン)

これを見てまず思ったのは、「21冠」なんてあるんだな、ということ。

1位獲得数に関してはカムバの活動期間やトリプルクラウン制度(THE SHOW/M COUNTDOWN/人気歌謡はトリプルクラウンを獲得すると、その後1位候補からは除外されるというもの)に左右されるところもありますが、それにしても驚くべき数字です。

そして注目したいのは1位を獲った楽曲が9曲だということ。

BTSのデビューは2013年6月13日。
その後、2015年5月5日に「I NEED YOU」で初の音楽番組(THE SHOW)1位を獲得するまで約2年間苦難の日々が続いた事がわかります。ただ、この頃から人気に火が点き始めたとはいえ、一気にブレイクした訳ではなかった事も見て取れます。

続いて音楽番組での1位獲得数の内訳を見てみましょう。

音楽番組 1位の回数 トリプルクラウン
THE SHOW 5回
SHOW CHAMPION 11回
M COUNTDOWN 8回
MUSIK BANK 23回 5回
ショー!音楽の中心 12回 4回
人気歌謡 15回 4回
合計 74回 13回

THE SHOWは人気グループになると出演しない事が基本です。つまりTHE SHOWに出演している間は、ある意味ブレイク前夜だと見て良いと思います。
ヨジャグループのトップであるTWICEは「TT」と続く「Knock Knock」での2度。BTSは2017年の「DNA」が最後です。このことからわかるのは、BTSが韓国国内で本格的にブレイクしたのは「DNA」だという事です。

その経緯としては、「I NEED YOU」から韓国国内でファンダムの規模が拡大され始め、SNSなどを通じて海外へと波及し、「DNA」をタイトル曲とした「LOVE YOURSELF 承 ‘Her’」に始まった「起承轉結シリーズ」がアメリカのBillboardに連続チャートインした事で、逆輸入的に韓国国内の人気に繋がったという事が考えられます。

BTSというグループの現在の地位は、デビューからのコンセプトチェンジも含め、長い期間を経て形成された戦略とそれを支えた世界観、完璧なカルグンムやビジュアルも含めたスタイル、セルフプロデュースやスティーブアオキを始めとした欧米のトップアーティストとのコラボなど、様々な要素が徐々に実を結んだ結果によるものです。

つまり今回のランキングは彼らの人気を示す一つの資料でしかないとも言えます。

音楽番組の成績一つで語りきれないグループとしてのドラマ性。それがBTS最大の魅力ではないでしょうか。

先日、デビュー6年目にして初となる約1ヶ月間の長期休暇を終えたBTS。すでに様々な海外スケジュールをこなし、J-HOPE先生はアメリカの歌手・Becky Gとのコラボを発表し、グループとしてはTikTokの公式アカウントがオープン。

僅か13時間で20万人のフォローを突破するなど、その躍進は止まる所を知りません。

そしてKポップファンとして気になるのは「MAP OF THE SOUL : PERSONA」からの次作がどのような物語を紡ぐのかというところ。

BTSという偉大なグループを運よくリアルタイムで見れている事を感謝しつつ、カムバをお待ちしております。

最新情報をチェックしよう!