ALL YOU NEED IS KPOP!

【Heize】晩秋へ向けた準備【Falling Leaves are Beautiful】

10月13日(日)、音源強者・Heizeことダヘちゃんが5thミニアルバム「만추(マンジュ/晩秋)」をリリースしました。

ダヘちゃんは3月19日にリリースされた1stフルアルバム「She’s Fine」、七夕にリリースされたBTS・SUGAさんプロデュースによるシングル「We don’t talk together feat.GIRIBOY」に続き、今年3枚目の音源リリースとなります。

と、思ったんですが、実は2月14日に「오롯이(オロシ/ひっそり)」(英題「Run To You」)というシングルを発表していました。

まぁこれはオフィシャルのTwitterInstagram共に告知すらされていなかったので、取りこぼしていても仕方ないかなとも思いますが、タイトル通り“ひっそり”と公開していたのは何故なんでしょう。

それはともかく、「We don’t talk together feat.GIRIBOY」以降は、IU主演の大ヒットドラマ「Hotel Del Luna」のOSTに参加。

7月30日にはプロデュース48のコンセプト評価曲「Rumor」やATEEZのプロデュースで知られるEDEN(이든)の2ndシングル「Heaven」にフィーチャリング参加するなど、今年はかなり精力的に活動しています。

さて、今回の「만추(マンジュ/晩秋)」はダブルタイトル曲となっており、その一つが冒頭に貼った「떨어지는 낙엽까지도」(落ち葉までも)」。
春から夏と色鮮やかな緑色を見せていた葉も、秋になればその色は徐々に変化していき、冬の訪れと共に木々は自らを覆っていた衣を手放していく。しかし冬を越せば再び春が訪れ、また新たな新芽が顔をだす。そんな季節の移り変わりを恋心の比喩として綴られたバラード曲になっています。

もう一つのタイトル曲はアルバム名と同名であり、Crushをフィーチャリングに迎えた「만추(マンジュ/晩秋)」。
別の人を愛してしまい自分の元を去っていく恋人と、その彼に対し、身を切るような寒さが訪れる前に別れる事になったのは幸いだった、という心情を、女性と男性それぞれの視点で歌われた曲です。

こちらはまだMVはありませんが、アルバムに収録された6曲全てのプレビュー動画が、ダヘちゃんのオフィシャルYouTubeから公開されています。

秋から冬は特にバラード曲が人気となる韓国のミュージックシーンですが、今回のミニアルバム「만추(マンジュ/晩秋)」はそのタイトルも含め、MV、収録曲、プレビュー動画、そしてアートワークに到るまで、その全てが見事に需要を満たしている作品になっていると思います。

チャートに関してはAKMUが相変わらず無双を続けておりますが、それでもリリースから1週間弱経過した現在でも上位をキープしており、その辺りも含めてさすがダヘちゃんという感じです。

MelOnリアルタイムチャート(10月19日18:00)

Bugs!リアルタイムチャート(10月19日18:00)

soribadaリアルタイムチャート(10月19日18:00)

前記した様に、秋・冬にバラード曲の需要が高まる理由としては、寒さが去り、あらゆる生命が活発に活動を再開する春には心が弾むようなポップジャンルが、気分が開放的になる夏には清涼感のあるダンスミュージックが多くリリースされるのと同様に、この時期はやがて訪れる本格的な冬を前に、徐々に短くなっていく日照時間と気温の変動により、切なさや人恋しさが募る事によるものだと思われます。
これはどうやらかつて火を使う前の人類が、一日の活動を終える合図でもあった日没に対して抱く感情が遺伝子的に残っているためだとも言われています。

Heizeというアーティストの魅力の一つとして、その気怠げな歌い方と憂いのある声が挙げられます。個人的には彼女のその魅力がより際立って感じられるのが今の季節、そしてこれからの時期なのではないかと思っています。

いよいよ秋本番となり、朝晩の寒さも増してきましたが、そんな秋が深まるほど魅力を増すアーティスト。衣替えとともにダヘちゃんにどっぷりと浸る準備は出来ましたでしょうか。

最新情報をチェックしよう!