ALL YOU NEED IS KPOP!

【TXT】マジカルトレインは、9と3/4番線発【Run Away】

10月21日(月)、BigHit Entertainment所属の5人組ナムジャグループ、TXT(TOMORROW X TOGETHER)が1stフルアルバム「夢の章:MAGIC」をリリースしました。

TXTは今年の3月4日に多くの期待を背負ってデビューした訳ですが、さすが2019年度新人賞の最右翼グループ。ガチペンのように一挙手一投足を追っていなくとも、彼らのニュースを目にする事は日常茶飯事で、半年ぶりのカムバといっても「あ、もうそんなに経ったの?」という感覚すらあります。

とはいえ、この半年の間、話題に事欠かないTXTにどんな出来事があったのかをおさらいしてみたいと思います。プロフィール等は過去記事をご参照頂ければと思います。

【TXT】ポップスの復権を担うプリンス【CROWN】

まずはデビューからわずか1週間後の3月12日。THE SHOWにて早くも音楽番組1位を獲得。

TXT 1st Win/THE SHOW(3月12日)

翌々日の14日にはM COUNTDOWNで、そして20日のSHOW CHAMPIONでも1位を獲得し3冠。

音楽番組は3月4日の「Debut Celebration Show」から6月28日の「MUSIC BANK上半期決算」まででなんと37回も出演しています。

5月9日にはアメリカ・ニューヨークを皮切りに全6箇所で初の海外ショーケース「TOMORROW X TOGETHER SHOWCASE:STAR in US」を開催。

6月27日からはMnetで初の単独バラエティ「ONE DREAM.TXT」が放送開始(8月22日終了)。

その間に1stミニアルバム「夢の章:STAR」に収録された全曲のMVが公開。

「Blue Orangeade」
4月7日
「Cat & Dog」
4月25日
「별의 낮잠 (Nap of a star)」
6月5日
「Our Summer (selfie ver.)」
7月21日

音源としては5月3日に「Cat & Dog (English ver.)」が、同31日には「Our Summer Acoustic Mix」がリリースされています。

Cat & Dog (English ver.)
Our Summer (Acoustic Mix)

7月6日には「KCON 2019 NY」に出演。

KCON 2019 NY / CROWN

7月24日の「2019今年のブランド大賞」で「今年の新人男性アイドル」を、8月1日「2019 MGMA(M2×GENIE MUSIC AWARDS)」で「The Male New Artist」を、8月24日「SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」では「Rookie of The Year」を受賞。

そして8月27日の「KANSAI COLLECTION 2019 AUTUMN&WINTER」、9月7日の「マイナビ presents 第29回 東京ガールズコレクション 2019 AUTUMN/WINTER」とそれぞれ出演し、待望の日本初ステージを披露。
更には8月26日に日本公式サイトもオープンしました。

東京ガールズコレクション/スペシャルメッセージ

とはいえ、ここまで万事順調だったかというと、そうではありません。

まずはファンダム名です。
4月25日に「YOUNG ONE」という名前が発表されましたが、後に少女時代・ティファニーが使用していた個人ファンダム名と同じだという事が指摘され、再公募。改めて8月22日に「MOA(Moments OA lways)」という名称に決定しました。

8月1日の「2019 MGMA」当日にはヨンジュンが腰痛を訴え授賞式を欠席。
その1週間後、スビンが流行性角結膜炎に感染し、BigHitの公式SNSを通じてカムバック時期の延期などが発表。
更には同月20日にテヒョンとヒュニンカイも流行性角結膜炎に感染。2人は日本で開催された2つのイベントには出席しましたが、新たにヨンジュンまでもが流行性角結膜炎に感染し、「東京ガールズコレクション」には不参加という事になってしまいました。

幸い大事には至らなかったものの、結局カムバ時期が大幅に延期されることとなり、ようやく10月1日に21日のカムバが正式発表。翌2日にはConcept Trailerが公開されました。

The Dream Chapter: MAGIC Concept Trailer

はい、ということでざっと振り返ってみてもさすがというか、色々と濃い半年でしたね。

さて、今回の1stフルアルバム「夢の章:MAGIC」は、デビューミニアルバムに続き、BTSとも数多くの作業をこなしてきたSlow Rabbitをメインプロデューサーに据え、オルタナティブパンクからバブルガムポップ、シンセポップ、UKガラージ、スローR&B、トロピカルハウス、アコースティックポップ、ヒップホップとかなり多彩な音楽ジャンルで構成されており、サウンドだけでなくメンバー5人のボーカルも存分に堪能できる作りになっています。

そのタイトル曲、英題は「Run Away」ですが、原題は「9와 4분의 3 승강장에서 너를 기다려(9と3/4番線で君を待ってる)」。

「9と3/4番線?なんだいそれは?」

と思って調べてみたところ、あのハリー・ポッターシリーズに出てくる「イギリス・ロンドンのキングスクロス駅にあるホグワーツ特急の始発プラットフォーム」らしいですね。全然知りませんでした。

アルバム名にも入っている通り、今回のコンセプトは「魔法」という事ですし、Kポップアイドルも大きな丸メガネをかけてコスプレしている姿をよく見かけるので、改めて「9と3/4番線」の意味を知ってなるほどと思いました。

ハリー・ポッターは言わずもがな世界的に有名な小説&映画です。
そしてTXTはすでにデビュー翌日となる3月5日にはアリアナ・グランデ、ドレイク、ニッキー・ミナージュらが所属するアメリカのレコードレーベル・Republic Recordsと配給契約を締結しています。

TXTはこれからどんな魔法を唱えて世界中を魅了する事になるのでしょうか。

今度の快進撃は9と3/4番線から発車です。

最新情報をチェックしよう!