ALL YOU NEED IS KPOP!

【ARIAZ】K戦場のアリア【Grand Opera】

勝利は最も忍耐強い者にもたらされる。

ー ナポレオン・ボナパルト ー

という事で、Kポップという戦場にまた新たなるグループが参戦する事となりました。

それが10月24日に1stミニアルバム「Grand Opera」(タイトル曲「Moonlight Aria」)でデビューしたARIAZ(アリアズ/아리아즈)です。

ARIAZ/아리아즈
所属事務所:Risingstar Entertainment
InstagramTwitterTik TokYouTube
ユンジ/YunJi
キム・ユンジ(김윤지)
1996年8月26日
大韓民国・京畿道高陽市一山区
156cm/AB型
リーダー/メインボーカル
ダウォン/DaWon
イ・ダウォン(이다원)
1996年12月2日
大韓民国
メインボーカル
シヒョン/SiHyeon
カン・シヒョン(강시현)
1998年7月15日
大韓民国・ソウル特別市
160cm/A型
リードボーカル
ヨリ/YeoRi
チェ・ヨリ(최여리)
1999年9月8日
大韓民国
メインダンサー/メインラッパー/サブボーカル
ヒョギョン/HyoGyeong
チャン・ヒョギョン(장효경 )
1999年11月15日
大韓民国・江原道 横城郡
167cm/B型
リードボーカル
ジュウン/JuEun
チョ・ジュウン(조주은)
2001年1月27日
大韓民国・大邱広域市東区
マンネ/サブボーカル

ARIAZが所属するRisingstar Entertainmentは、芸能事務所・スター帝国が新たに設立したレーベルです。
グループ名には「オペラの中で最も劇的であり、ドラマチックな部分を演出する独唱曲・Aria(アリア)をイメージし、それぞれの魅力を持った独創的な声(アリア)が集まって1つの曲と舞台を飾る」という意味が込められています。

そんな彼女たちのデビューはニュースサイトで取り上げられていたので知ってはいましたが、聞いたことのない事務所だったこともあって「へー、そうなんだ」位に思っていて特にマークしていなかったのです。
とはいえ、このようなブログをやっているものですから、MVが公開されれば一応は観ます。映像的にはなんとなく既視感があり、衣装もなんかButterflyしそうな感じ。

けれども曲が…凄く良い。試しにアルバムの収録曲も聴いてみましたが、全部良い。おやおや、どうしたことだ。これといって期待していなかった分、なんか凄く得した気分です。

製作陣を調べてみると、「Wonder Girls/I Feel You」や「WJSN/Secret」、「APRIL/April Story」などを手掛けた2人組の作曲チーム・e.oneの1人、チョン・ホヒョン(정호현)がプロデュースを務め、ほとんどの曲の作詞・作曲にも携わっていたので、クオリティが高いのも納得でした。

そしてメンバーですが、ここにもいました。サバイバル番組出身者が。

まずはリーダーのユンジ。彼女はプロデュース101・シーズン1とMIXNINEに参加しており、プデュではWeki Mekiのドヨンとステージを共にしました。

白いTシャツを着たのがユンジですが…なんか当時のカンミナと張るくらいコロコロしています。名前を聴いても「いたっけ?」って感じでしたが、この笑顔は見覚えがあります。

次にシヒョン。彼女も同じくプロデュース101・シーズン1とMIXNINEに参加しており、プデュではWeki Mekiのセイや、最近アイドル学校の内情を告白し、12月にペンミをやるらしいイ・ヘインらと一緒にWonder GirlsのIronyを披露しました。

サムネでは一番左端のコですが、こちらはさっぱり記憶にありません。

まぁ2人とも序盤で脱落してしまったので、致し方ないでしょう。

そしてARIAZの中では一番実力者とも言えるのが、ヒョギョンです。彼女はデビュー前から自ら作詞作曲をして音源を発売していたようで、出場したMIXNINEではソロシンガー・EyediやITZYのリュジン、イダレソニョ・ヒジン、DreamNote・スミンらと共に、見事デビュー組まで勝ち残っているのです。ただ、その後どうなったかというMIXNINEの顛末は今さらここで説明する必要もないでしょう。

そんな3人を擁しているARIAZですが、元々は2016年にユンジとシヒョン、ジュウンがプデュ101に出場していたハン・ヘリらと共に5人組グループ・올망졸망(オルマンジョルマン)としてデビューする予定だったところ、とある事情で白紙に。

その後、2018年にユンジ・シヒョン・ヒョギョンたちで新たに7人組グループ・Empire Girlsとしてデビューする事が決定し、バスキングを行ったり、カバーダンス動画を上げていたようですが、こちらも頓挫。そんなすったもんだがあって、ようやく今年ARIAZとしてデビューするに至ったのです。

が、最初の올망졸망(オルマンジョルマン)のデビューが白紙になったのは、ジュウンの素行が原因と言われています。というのも、彼女が過去に飲酒や喫煙、校内暴力、更にはSNSで誹謗中傷などを行っていた事が発覚。事務所はジュウンを退所させ、その事を発端にグループでのデビューもなくなったようです。

すごいですね。デビューしてから過去の問題が掘り起こされる事はあっても、すでに真っ黒な過去を持つメンバーをデビューさせるRisingstar Entertainment。そんなジュウンがなぜまたいるのかというと、どうやら事務所が彼女を引き戻したかららしいです。リスクがある事を分かっていながらもメンバーに入れたのは、よほどジュウンに光る何かがあるのか、はたまた経営陣がちょっとアレなのか。

いずれにせよ、ただでさえデビューしては消えていく数多のグループがいる中で、結構な大きさの爆弾を背負ってデビューしたARIAZ。ここからいかにして大衆の支持を得るのか、なかなか険しい道のりだと思いますが、過去の過ちはその後の行いで償うしかありません。

ユンジ・シヒョン・ヒョギョンはグループとしてようやく戦う場に立てたという事もあるので、あらゆる方向から飛び交う弾丸をかわしながら、どうにかこの戦場を駆け抜け、勝どきの声を上げられるように頑張って欲しいと思います。

最新情報をチェックしよう!