ALL YOU NEED IS KPOP!

【AleXa】悪魔に殺された映像の仔【Bomb】

10月21日、とんでもない新人がKポップの世界にデビューしました。

AleXa
(アレクサ)
アレクサンドラ・クリスティン・シュナイデルマン(Alexaundra Christine Schneiderman)
キム・セリ(김세리)
1996年 12月9日(22歳)
アメリカ オクラホマ州 タルサ
152cm/41kg/A型
Instagram
Twitter
YouTube

AleXaはアメリカ生まれで韓国とロシアのハーフで、2017年に地元のK-POPサイトで開催されたオーディション番組『Rising Legends:Season 2』で優勝します。特典として与えられたKポップ・スターや関係者たちにアドバイスを聞いて、いろいろ体験できるプログラム「LEGENDARY:Making of a K-Pop Star」に参加し「Strike It Up ft. JRE & K-Tigers」という曲をリリースしました。

ただこれは正式なデビューには至らず、2018年5月にIZ*ONEでおなじみMnetのサバイバル・オーディション番組『PEODUCE48』に参加します。

アレックス・クリスティン
(ALEX CHRISTINE)

しかしながら、悪魔の編集(特定の演者ばかりフォーカスしたり、悪い印象を与えるような切り取り方をするMnet系でしばしば見られる有名な編集スタイル)の被害にもあい、さしたる印象を残すこともなく第5回で最初の脱落者の一人となって番組から姿を消しました。

それから、約1年半の時を経てAleXaとしてデビューを果たします。

『Rising Legends:Season 2』で優勝したことも、『PEODUCE48』に参加していたことも素晴らしい経歴ですが、AleXaの場合それ以上に特筆すべきトピックがあります。

それは『PEODUCE48』参加時にもすでに所属事務所だったZB LABEL(ジービー・レーベル)です。

ZANYBROS(ジャニーブロス)
2001年にホン・ウォンキとキム・ジュンホンによって設立されたミュージックビデオやコマーシャルを主に製作している映像制作会社でKポップの中でも最も影響力のあるミュージックビデオ製作会社の1つに数えられる。子会社として「Astro Digital Lab」、ポストプロダクション会社、専門カメラチーム「Roll Cam」、照明会社「Strobe」などが含まれている。SMエンターテインメントJYPエンターテインメントから、インディーズ・アーティストに至るまで作歴も豊富である。2018年に子会社レーベルとして「ZB LABEL」を立ち上げた。最近ではCLC「美(ME)」(G)I-DLE「Senorita」MAMAMOO「gogobebe」DREAMCATCHER「PIRI」などを手がけてる。

つまりはKポップで引く手数多の大人気映像制作会社参加の事務所から、初めてデビューしたのがAleXaというわけです。ZANYBROSはMAMAMOOやONEUSの所属するRBWがお得意様で、これまでも数多くのMVを手がけており、トリビアとしてAleXaもMAMAMOOの最新ミニアルバム『White Wind』のタイトル曲「고고베베(gogobebe)」にエキストラとして出演しています。

「Bomb」のMVが新人らしからぬ、映画と見まごうばかりの予算感と映像クオリティに彩られているのにはZANYBROSという強力な身内のバックアップがあるからです。

AleXaの特性は何と言っても、1歳6ヶ月から習い始めたとされるダンスです。

小柄な体型ながらも映像に映える、確固たるパフォーマンスは映像制作を生業としているZANYBROSが最も求めている素材だと考えれば、AleXaという選択に納得がいきます。

そしてMVはKポップというジャンルを世界に配信する上で最も重要なコンテンツでもあります。韓日のKポップファンはMVの制作会社を重視している印象はあまりありませんが、欧米を筆頭とした諸外国では見方が変わります。

事実「Bomb」のMVは、海外の有名YouTuber(配信者)などに紹介され、ネットではMV考察の記事などが人気を集めており、公開初日で100万再生、1週間経った現在は400万再生というスマッシュヒットを記録しています。またMVが配信されているAleXaのYouTubeチャンネル登録者数は既に10万を突破しています。

悪魔の編集によって殺されたアレックス・クリスティンは、奇しくも映像の力でAleXaとして華々しく蘇ったのです。

最新情報をチェックしよう!