ALL YOU NEED IS KPOP!

【Luri】その借りはステージで返す【Blah Blah】

韓国のケーブルテレビ・Mnetが製作した「PRODUCE101シリーズ」。今やこの名前を聞いて真っ先に思い浮かぶのは、現在世間を賑わせているあの事件でしょう。

もはやこの話題は細かく説明するまでもないと思いますが、プデュシリーズの生みの親とも言えるアン・ジュニョンPDを含めた制作陣数名が逮捕され、「PRODUCE 48」「PRODUCE X 101」の投票操作疑惑を認めたというものです。その結果、それぞれのシリーズから生まれたIZ*ONEとX1は大打撃を受けており、スケジュールは次々と白紙、解散請求まで出ているほどです。
更にはシーズン1、2でも操作疑惑が上がり、すでに活動を終えているとはいえ、I.O.IとWanna Oneメンバーにも影響が出るかもしれないという大騒動に発展していますが、それはすでに10月から延期されていたI.O.I再結成に対し、完全に水を差した格好にもなりました。

まだ全ての真相が明らかになった訳ではないので、特にこの事について深く言及しませんが、現段階で一つ言えるのは、参加した練習生達に否はないであろうという事です。もちろん「一片の曇りなく」とは言いません。一部の証言者が言うように、事前に課題曲の歌詞と振り付けを知っていた、或いは、デビュー出来ることを知っていたとしましょう。けれども、デビューする事が切実な夢だった彼ら・彼女たちに、そのアドバンテージを断る事が出来たでしょうか。ましてやその多くが10代という年端もいかない子たちです。私はそんな状況だったであろう彼ら・彼女たちを責める事は出来ません。
そして間違いないのは、アドバンテージがあった子も含め、全ての練習生があの場で流した汗と涙は、決して偽りのものではないという事です。

と、冒頭からシリアスな雰囲気になってしまいましたが、違うんです。めでたい話なんです。悪い意味で話題のプデュシリーズですが、そのシーズン1に出場していた練習生がまた1人、デビューしたのです。

Luri
루리/ルリ
イ・ルリ(이루리)
1996年9月5日
大韓民国・京畿道 安山市
167cm/B型
所属事務所:HG Entertainment
InstagramTwitterYouTubefacebook

「シーズン1にイ・ルリなんていうコいたっけ?」というあなた。おっしゃる通り。そんなコはいませんでした。

当時の彼女の名前はイ・スヒョン(이수현)。所属事務所は、これまた同じく操作疑惑のあるアイドル学校にも出場していたイ・ヘインと同じSS Entertainmentでした。

その容姿は、練習生が選ぶビジュアル第10位にも入る美人さんですが、一度口を開けば賑やかな事この上なし。「IUに似ている」と言われては大はしゃぎし、

変顔も辞さず、

とにかく底抜けに明るいキャラクターで場の雰囲気を盛り上げており、「101出身者であるイ・スヒョンがLuriとしてデビュー」というニュースを知った時も、その顔を見てすぐに誰なのか思い浮かんだほど笑顔が印象的なメンバーだったのです。

しかし単に明るく元気だっただけではなく、ポジション評価では元PRISTINで現HINAPIAのミンギョンとギョンウォンたちと「BIGBANG/MONSTER」を披露し、確かな実力を示します。

最終22人を決めるコンセプト評価曲では(G)I-DLE・ソヨン、CLC・ウンビン、公園少女・ソギョン、そして同じ事務所であるイ・ヘインらとステージを共にし、ファイナルステージまで勝ち残ることに成功します。

その22人で披露した「When the Cherry Blossoms Fade」では、HINAPIAのウヌや、先日NATUREに加わったキム・ソヒたちと同じステージに立ちました。

最終順位は13位と、惜しくもI.O.Iでのデビューは逃しましたが、番組終了後はAPRILのチェギョン、キム・ソヒ、イ・ヘインとI.B.Iとして活動します。

2016年5月24日にはSS Entertainmentとの専属契約が終了。しかしその後もイ・ヘインとの関係は続き、2人でラジオ番組などにも出演、Official HISHというYouTubeチャンネルも開設(現在はその後に契約するHYWYのチャンネルに移行)して、多くの動画を残しています。

2017年1月17日にはHYWY Entertainmentと専属契約を締結し、5人組ヨジャグループ・DAYDAYとして同年デビュー予定でしたが、結局は白紙となってしまいました。

左から2番目がスヒョン改めLuri

以降は事務所も離れた様子で、表立った活動もありませんでしたが、今年の10月に入ってソロデビュー準備中の報が入り、11月15日にめでたく「Blah Blah」でデビューとなったのです。

空白期間をどのように過ごしていたのかは、デビュー前日となる「近況オリンピック」という番組のインタビューで答えているようですが、私はまだ韓国語が全然なので、字幕なしでもわかるという方は是非ご覧になってみて下さい。

「Blah Blah」は、(G)I-DLEの楽曲をソヨンと共に多数手掛けているBig Sancho率いるYummy Toneがプロデュース・作詞・作曲・編曲の全てを引き受けています。そして編集とミックスを手掛けているのもCUBEのスタッフということなので、もしかしたら、というか、101でステージを共にしたソヨンとの繋がりがまだあるのではないかというようなデビュー曲なのです。

冒頭に記したように、プデュ・シーズン1で順位操作が行われていたのかどうかというのはまだ疑惑の段階ですが、もし操作があったのならば、最終順位が13位というLuriはその影響を受けた1人だという可能性もあります。

しかし、それがあったにしろなかったにしろ、そのような所とはまた違ったところで彼女たちが得たものも確実にあるはずです。

101での落選、DAYDAYでのデビュー霧散、そして長い空白期間という苦難を乗り越えてきたLuri。これまでの借りはきっとステージ上で返してくれるに違いありません。

最新情報をチェックしよう!