ALL YOU NEED IS KPOP!

【ソヨン from (G)I-DLE】GIANTS【True Damage】

(G)I-DLEのソヨンが、昨年に引き続きオンラインゲーム「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)」(通称「LoL/ロル)の世界大会「League of Legends World Championship 」(通称Worlds)のオープニングセレモニーに参加しました。

【ソヨン&ミヨン from (G)I-DLE】K/DA – POP/STARS【ft Madison Beer, (G)I-DLE, Jaira Burns】

前回はLoLのチャンピオンキャラクター(アバター/スキン)で構成されたK/DAという仮想のアイドルグループのメンバー・アカリとして、Worlds用に作られたPOP/STARSという楽曲を披露した訳ですが、この「K/DA – POP/STARS」は、現時点(11月16日)でYouTubeの再生回数が約2億8千万回という驚きの数字を叩き出しています。
少し観ない間に随分と数字が伸びたものですが、これを踏まえると、過去記事【(G)I-DLE】百獣の女王【LION】内で触れた「K-POPアーティストの韓国国内でのYouTube再生回数は全体の10.1%で、残りは海外であり、(G)I-DLEの再生回数は全76組中15位、ヨジャグルだけでは6位というデータから、彼女たちの人気は韓国国内より海外での比重が大きい」という推測は、2億8千万回という再生回数によって、それをより説得力のあるものにしてくれたのではないかと思います。

さて、今回はソヨン扮するアカリが結成した新たなヒップホップユニット「True Damage」としての登場です。

Yasuo/プロデューサー
Akari/ラッパー・リーダー
Ekko/ラッパー
Qiyana/メインボーカル
Senna/サブボーカル

ソヨンをはじめ、各キャラクターはそれぞれ実際のアーティストが担当しています。

Ekko/Thutmose & DUCKWRTH
本名:Umar Ibrahim/1995年8月4日生まれ
ナイジェリア出身で、ニューヨークのブルックリンを拠点として活動するラッパー/シンガー/ソングライター。「GIANTS」ではEkkoの前半のラップパートを担当。
本名:Jared Lee/1988年5月13日生まれ
アメリカ・カリフォルニア州サウスロサンゼルス出身のラッパー/ソングライター。「GIANTS」ではEkkoの後半のラップパートを担当。
Qiyana/Becky G
本名:Rebbeca Marie Gomez 1997年3月2日生まれ
アメリカ・カリフォルニア州イングルウッド出身のメキシコ系アメリカ人。シンガーソングライター/俳優。9月にはBTSのJ-HOPEがリリースしたChicken Noodle Soupにフィーチャリング参加した。
Senna/Keke Palmer
本名:Lauren Keyana Palmer 1993年8月26日生まれ
アメリカ・イリノイ州ハーヴェイ出身のシンガーソングライター/俳優/声優。俳優として数多くのテレビ映画に出演し、トークショーのホストなども務める。

K/DAはアイドルグループという事もあって全て女性。国籍もソヨンとミヨンが韓国、Madison BeerとJaira Burnsがアメリカでしたが、今回は男女混成で、ルーツも多様です。なお、プロデューサーのYasuoは、MV中でDJという役柄か、担当するアーティストはいません。

そんなTrue Damageの「GIANTS」は、Worldsの開催当日となる11月10日の音源/MV解禁に先立ち、10月29日にはティーザーが公開。

MVは公開から1週間も経たずに早くも再生回数が1700万回を突破と、注目の高さを証明しています。

フランス・パリにあるAccorHotels Arenaで開催されたWorldsでもソヨンは堂々とした見事なステージを披露していますが、昨年よりも演出がパワーアップしている感があり、さすがeスポーツで最大の市場を持つというLoLだけあって観客数も含めて規模が物凄いです。

そもそもこれだけ大きな大会の決勝に2年連続で招かれるソヨンですが、いったいこの先どこまで行くのでしょうか。「小さな巨人」が率いる(G)I-DLEも含めて、2020年も凄いことになりそうです。

最新情報をチェックしよう!