ALL YOU NEED IS KPOP!

【Stray Kids】宇宙へ向けて放たれる音【Astronaut】

いったい最近のナムドル界隈はどうした事なんでしょう。

2019年下半期、脱退ラッシュです。

端を発し、という訳ではありませんが、遡ってみれば3月にBIGBANGからスンリが脱退。理由はみなさんご存知でしょう。

6月にはiKONのB.Iが脱退。理由はみなさんご存知でしょう。

8月23日、ONFのラウンが突然の脱退。理由は「個人的な事情」。

10月23日、THE BOYZのファルが脱退。理由は昨年診断され、手術した「後脛骨筋腱機能不全」が完治せず、それに伴った「健康上のもの」と推測される。

10月28日、Stray Kidsのウジンが突然の脱退。理由は「個人的な事情」。

10月31日、MONSTA Xのウォノが脱退。理由としては「過去の債務不履行疑惑(後に上がる大麻吸引疑惑も含むと思われる)」などから、「個人的な事情でこれ以上グループに被害をかけたくないというウォノの意見を尊重」したもの。

10月に固まったとはいえ、なんと8月からは4件もあります。まったく何が起こっているんだという気もしますし、ラウンはすでにカムバ曲「Why」のティーザーがで始めたタイミング、ファルはJAPAN 1stアルバム「TATTOO」のリリースを控えて、ウォノは「FOLLOW」のカムバ直後と、それぞれ活動の直前、或いは直後なので、スタッフ含め残されたメンバーも急な対応に追われた事でしょう。

しかし脱退理由の「個人的な」というのがどうにもスッキリしないというか、事務所からはせめて嘘でも良いから納得できるような理由を添えて欲しいと思うのは私だけでしょうか。

そんな「個人的な事情」で脱退してしまったウジンの所属していたスキズが、12月9日発売予定のニューミニアルバム「Clé:LEVANTER」収録曲「Astronaut」のMVを11月13日に公開しました。

この「Astronaut」、前作「Double Knot」のリリースされる前に公開されていたティーザーでは、それがどんなものなのか秘密にされていました。

蓋を開けてみればなんのことはない、ミニアルバム「Clé : LEVANTER」の収録曲だった訳ですが、ウジンの事もあってか、リリースが11月9日から11月13日に、「Clé : LEVANTER」も11月25日から12月9日へと変更になりました。
ラウンもそうですが、改めてこういったタイミングでの脱退という事を考えてみると、「個人的な事情」が余程のっぴきならないものだったのかなと思えてきました。

とはいえスケジュールは僅かに後ろ倒しになっただけというのも不思議です。KCONから脱退発表までは約1ヶ月。「Astronaut」のMVはすでに撮り終わっていたのかなと思いますが、だとすると出演シーンをカットし再編集という作業が残っており、スピード感が半端ではありません。一方で、ウジンの事はもっと前から決まっていた可能性も否定できず、もしそうならば、そもそも「Astronaut」には参加していなかったとも考えられますが、なんにしても、ある程度ちゃんと経緯を説明して欲しいところです。FUSE(ONFのファンダム)然り、STAY(スキズのファンダム)ならばそういった事まであれこれと考えて頭を悩ませ、「で、結局なんで?」となるでしょうから。事務所としては、その辺りの責任はちゃんと果たして欲しいところです。

そんなモヤモヤは残るものの、曲は打って変わってスカッと爽やかなブリットポップを取り入れたEDMです。作詞・作曲にはもちろん3RACHA(バンチャン/チャンビン/ジソンによるメンバーのプロデュースチーム)が携わっていますが、それ以外にもSONDRというイギリスのプロデュースチームが参加しています。

SONDR
facebookInstagramTwitter

SONDRはLorenzo CosiとYK Koiからなる二人組のプロデュースチームで、Chainsmokersやスティーブ・アオキとも作業をしてきましたが、特に彼らのリミックス作品は大きな評価を得ており、エド・シーランのリミックスは一昨年のBillboardで最高のリミックスの1つとして投票されたそうです。

MIROH」をタイトル曲とした「Clé1:MIROH」で「Cléシリーズ」に入ってから、硬質なサウンドが特徴的な楽曲が続きましたが、ここにきてガラッとそのテイストが変わりました。
私は前回、「『Double Knot』が『Clé : LEVANTER』のリードシングル、或いは『Clé2:Yellow Wood』と『Clé : LEVANTER』をつなぐ位置付けとするならば、もう少し楽曲のテイストを変えると、より変化がついて良かったのではないか」と書きましたが、先行公開MVではあるものの、流れとしては私の希望通りとなった訳です。

リストにはTRACK2にリードシングルの「Double Knot」、TRACK5に今回の「Astronaut」がクレジットされていますが、その下にはこんな事が書かれています。

함께 라서 뭐든 할 수 있었던 행복했던그때.
一緒だから何でもすることのできた、幸せだったその時。

그곳에서 우리는 새벽달이 뜰 때까지 떠들며 걱정 없이 웃었다.
そこで僕たちは、夜明けの月が浮かぶまで騒ぎ、笑った。

문득한쪽에 처음보는 구슬이 보였다.
ふと片隅に、初めて見る球が見えた。

…뭐지?
なんだ?

가까이 다가간 순간, 어디선가 낯선 소리가 들렸다.
近づいた瞬間、 どこかで知らない声が聞こえた。

나도 모르게 그 소리를 향해 몸이 이끌리기 시작했다.
いつの間にかその音に向かって、体は導かれていった。

MVでは、文言にある球体を見つけるヒョンジン、そのヒョンジンを導くバンチャン、そしてメンバーが去ったあと1人佇むI.Nが印象的に描かれているので、次作でもこの3人が物語の中心になるではないかと思われます。

さて、今回のタイトルである「Astronaut」とは「宇宙飛行士」の事ですが、実際の宇宙飛行士は、宇宙でどのような不測の事態に陥っても対応出来るように、様々な訓練を受けるそうです。

今回、頼れる最年長であり、メインボーカルでもあるウジンを失ってしまったスキズ。けれどもきっと彼らは、この困難を乗り越えてくれる事でしょう。

宇宙飛行士を描いた漫画「宇宙兄弟」の中で、主人公である南波 六太(ムッタ)が宇宙飛行士の書類審査に通り、一次試験を受けるか悩んでいる時に、彼が慕う天体観測所の女性職員であるシャロンからこんな言葉をかけられます。

上手くなくてもいいし 

間違ってもいいのよムッタ。

まずは音を出して。

音を出さなきゃ音楽は始まらないのよ。

スキズの新たな音楽は、ここから再び始まります。

最新情報をチェックしよう!